運動会シーズン
運動会シーズンになりましたね。私も前の日曜日に娘の保育所の運動会に行ってきました。
町の体育館で行われ、私は体育館の開館前から並んで場所取りに行ったんですが、結構皆様、朝も早くから並んでました^^;しかも、開館後玄関扉が開くや否や皆さん、玄関から観覧席までダッシュ&滑り込みござセットの競争がありびっくりしました!
(運動会前から父兄がダッシュするとは私も思いませんでしたが・・・^^;)
しかし、これじゃ並んでた意味無いでしょー!体力あるもん勝ちの世界でした(驚!)
さらに親子競技やら、父兄の綱引きやらで娘より私が疲れた次第です^^;

さて運動会ミュージックといえば、私がいの一番に思い出すのが「クシコスポスト」(日本名「郵便馬車」)でしょうか??この曲、誰もが知っている超有名な曲にも関わらず、意外と曲名が知られていません・・・「クシコスポスト」でピンと来ない方は↓(MIDファイル)をお聴きください。きっと、「あ!これかー!」とうなずくはず。これで一つ知識が増えましたね^^;(なんちゃって。)

クシコスポストMIDI

ちなみにこれは、数年前、私が打ち込み(ミュージックプログラミング)を始めた頃に打ち込んだ物です。XG音源用に作ったんですが、パソコン内蔵のGM音源でも結構聴けます。(臨場感はまったく失われていますが・・・)

スポンサーサイト
【2008/09/29 20:29】 | 凡庸な日々 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
悪魔の自戦記Vol.1「メフィスト登場」


昔、ひょいWorldという将棋HPを持っていた頃のネタです。
当時は将棋自戦記職人組合というサークルに所属していて(実は今も退会はしてないんですが、すでに放置モードになっています^^;)そこでこういう面白自戦記をよくUPしていたものでした。
せっかくのネタなのでどこかに残しておこうと、ブログに貼り付けた次第です。
しかし、面白自戦記ということで棋譜コメントが大変多いので、ブログでいつも使っているkiw2.swfではコメントを読むのが手間であるため、フラッシュ盤を設置しようとトライしたのですが、昨日は柿木のkif for flashの設置に失敗・・・次にトライしたフラ盤で見事設置に成功し披露できたというわけです。
今後はコメントが多いものについてはフラ盤でUPしていこうかな~と思っています。
【2008/09/28 17:04】 | 非定跡な自戦記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ドラムソロその5・・・加藤茶(ザ・ドリフターズ)



加藤茶氏といえば、人気コメディアンであり、私が小学生の頃、土曜日の夜8時から、必ず見ていた「8時だよ全員集合!」の印象が強いです。(カトちゃん、ペ!や、ちょっとだけよー、とかひげダンスとか・・・)
その後私が成長し、音楽をやるようになってから、加藤茶氏のルーツはミュージシャンであることを知ったわけですが、今までどのようなミュージシャンであったのか知るすべもありませんでした。
ところが最近YouTubeで加藤茶氏のドラムプレイを見つけて驚きました!
最初は本人のプレイじゃないんじゃないかと疑っていましたが、色々NETで調べてみると、どうやらこの映像のドラムソロは本人のプレイのようです。すごっ!
これだけ叩けりゃ、コメディアンでなくても成功してたでしょうね~・・・あ!コメディアンのほうが、ひょっとしたら儲かるのかもしれませんが・・・^^;
【2008/09/27 00:01】 | ドラマー列伝 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
腰掛角戦法・・・鬼殺し裏バージョン


ハンゲでこっそり指した、腰掛角戦法です。まー筋が悪い戦法ですが、決まればすっきりです^^;
しかし最後まで自玉が居玉と言うのも私には珍しい将棋でした。
【2008/09/24 22:58】 | 非定跡な自戦記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
親バカ観戦記・・・ハンゲにて。


息子のハンゲでの将棋を観戦記にしてみたんですが、コメントを読み直してみると親バカですね~!まー子供にかまっていられるのも今のうちだけなので、いいかなーと・・・(私がかまっていられるんじゃなくて、息子がかまってくれてるんでしょうが^^;)
【2008/09/23 21:09】 | わが息子の将棋日記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
ギターソロその2「スティーブ・ヴァイ」from crossroads


この映像、少々状況がややこしいので、先に説明しときます。
1.映像元ネタについて・・・
この映像は1986年に公開された映画「CrossRoads」のラストシーンであります。

2.「CrossRoads」について・・・
映画CrossRoadsは「クロスロード伝説」を題材にした映画であり、「クロスロード伝説」とは1930年頃にアメリカで活躍したブルースの巨人「ロバート・ジョンソン」(ギターの神様と言われるエリック・クラプトンが多大な影響を受けたと言われる、ブルースギタリスト)が、その超人的なギターテクニックを、とある十字路にて悪魔に魂を売り渡して手に入れたと言われる伝説です。

3.映画の概要について・・・
ロバートジョンソンに憧れる少年が、ロバートジョンソンが生涯に残した29曲の他にあるといわれる幻の30曲目のブルースを探す旅を、老いたブルースマン、「ジョー」(ハーモニカ奏者)と共にすると言うあらすじです。

4.このシーンの局面
実は老いたブルースマン「ジョー」も昔、十字路にて悪魔に魂を売って演奏技術を手に入れたプレイヤーであり、その悪魔との契約を破棄するために、悪魔の選んだ最強のギタリストと勝負するという場面です。(ただし勝負するのはジョーではなく主人公の少年となっています。)

5.最強のギタリストについて
映画内で最強のギタリストで、悪役になっているのは、リアル現役ギタリストでも最強と思われるスティーブ・ヴァイが演じています。
この映像においても誰も真似できない素晴らしい演奏を聴かせてくれます。
彼は、技術・音楽センス・名声・人気・履歴・・・どれをとっても超一流であり、この映画でこの役を演ずるのは彼しかいないと私も納得しました。

6.結末について
まさか主人公の少年がリアルに弾いているとは思いませんが、それでもスティーブ・ヴァイの演奏のほうが勝ってると思いました^^;しかしそれじゃー映画が終わらないので、無理やりスティーブ・ヴァイの調子が悪くなって少年が勝ちました!風のエンディングに少し違和感を覚えました。
しかし少年が最後に弾くインギー風のクラシカルな早弾きには少し感動しました^^。

クロスロード伝説については私も今回初めて知り、調べ、大変興味を持ちました。
ロバートジョンソンのCDも実は持っているんですが、まったく聴き込んでないので、じっくり聴きなおしたいと思いました。
【2008/09/19 21:39】 | ギタリスト列伝 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ドラムソロその4・・・トミー・アルドリッチ


5/12のスレッドで少しだけ紹介した、私が神とあがめているドラマーを紹介しときます。
5/12のスレではすさまじさがいまいちと書きましたが、これを見ればそれが一目瞭然でしょう。
シンプルなエイトビートでこれですから・・・しかもワンバスで(この人通常はツーバスでプレイしています)・・・若き日の私が「好きで好きでしょうがないほど惹かれた」のも無理もないと思いました^^;
この映像を見て改めて彼のとりこになりました^^;(←えー!男が好きとかそういう趣味はございません^^;あしからず。)
【2008/09/16 22:54】 | ドラマー列伝 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
Gary Moore 「Hold On To Love」'1984


ゲイリー・ムーア上げときます。
私が大学時代によく聞きこみました。ゲイリーの曲は日本人が好むような曲調の曲が多くて
非常に親しみやすくて、ついつい何度も聴いてしまいますね。
またゲイリーといえば凄腕ドラマーとの競演も多く、名曲「サンセット」でコージー・パウエルと、ギターソロとドラムソロのバトル曲「ホワイトナックル」ではトミー・アルドリッチとバトルしてました。
さて、この曲もすんごい!ドラマーと競演してますね~。誰だかわかった人はロック通です^^;(わかります??)

あ!そうそう!このブログにもコメントくださるmaruさんが、ゲイリーのコピーをライブで披露されるみたいです。(このHold On To Loveがあるのかどうかはわかりませんが・・・)
私も仕事が早く終われば見に行きたいと思ってるんですが、時間的にちょっと苦しいかな??
また、ネタばらしをmaruさんに許可得なくてよかったかな??ごめんなさいしときます^^;
【2008/09/15 16:31】 | ロック昔の昔 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
いいのかー??


おーい!森内さん~!将棋十八世名人ともあろう、お方がこのような番組に出演してもいいんですかー??将棋連盟の許可はとってるんですかー??(笑)
しかし、まさか一般公募からの出場じゃないですよね~??有名人特権ですよね??^^;

ちなみに続きはこちら↓(その2)(その3)
http://jp.youtube.com/watch?v=xxU2hp9_vjg&feature=related

http://jp.youtube.com/watch?v=5WryaY6xurw&feature=related
【2008/09/11 23:31】 | 将棋論考 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
MY ROOTS OF MUSIC その4 Mary Hopkin 「Those were the days」(邦題・・・悲しき天使)


きたーっ!やっと見つけました!私が長らく探していた曲!
私が幼稚園に入るか入らないかと言う頃、我が家にあったレコードの中の一曲がこれです。
まぎれもなくこのメロディーだった・・・
多分親父のレコードだったと思いますが、ムードミュージックのレコードであり、「ムーンリバー」(←現在バンドでやってるがすごいですが・・・^^;)や「水色の恋」「シバの女王」などのムーディーな曲が満載なレコードでしたが、この曲だけが、誰の何と言う曲かわからず、またそのレコードも現在は行方不明で調べようがなかったんですが、今日ようやく謎が解けました。
この曲、幼少時代の私が相当気に入ったらしく、フルコーラスを今でも口ずさむことができるほど、胸に刻まれています。どこかロシア舞曲調の哀愁あるメロディーと、一番最後のコーラス部が急にメジャー調に転調されているの(LALALALA~♪のところじゃないです・・・曲のエンディング部で4分57秒過ぎに意外な転調で幕が下ろされます。)が幼心に大変、「キュン!」と来たんでしょうかね~??^^;
とにかく、私のルーツが一つ解明されました。
【2008/09/10 21:39】 | MY ROOTS | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
バンドの演奏
昨日、バンドリーダーのT氏からバンド練習を録音した音源をもらったので上げてみます。
1.Cのテーマ(T氏作曲のオリジナルブルース曲)↓
http://eostk.hp.infoseek.co.jp/bluesinc.mp3
ドラムが入ったことでよりリズミカルになったことと、3,6コーラス目のピアノソロ部を
オルガンソロに変えたことでよりブルースっぽくなりました。(多少キータッチミスがありますが、気にしないように!^^;)

2.レット・イット・ビー(ビートルズの曲)↓
http://eostk.hp.infoseek.co.jp/letitbe.mp3
私が生まれて初めてボーカルをとった曲。自分の声がものすごく恥ずかしい!(笑)
このテイクは初合わせの時のバージョンで、私が歌詞をど忘れして、むにゃむにゃ言っていたり、ギターもミスってたり、ドラムも空白があったりと、グッチャングッチャンの出来ですが、練習を繰り返して聴けるようになるまでレベルアップさせたいと思ってます。
ところでこの曲、歌のキーが高いのが意外でした。曲の最後のほうに裏声で「イーッヒッヒー!」とか入れると盛り上がるんですが、その声がとても出ない!出し方知ってる人いないでしょか??(笑)
【2008/09/04 14:42】 | 音楽を語る | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
直訳ロック・・・抱腹絶倒。


王様です。一時期、流行りましたね~これ!知ってはいたのですが、まじまじと見たのは初めてで、笑いこけました^^;DeepPurpleもこれ見たらどう思うでしょうね~。
さらに女王様もいらっしゃるようで、こちらはファン(とそのグループ??)の方のしゃれでしょうがこちらも大笑い級でした。↓
http://jp.youtube.com/watch?v=njN-pBqvNMI

いやー言葉の壁と言うのは難しいのですが、これは例外の一例でしょうか。

【2008/09/03 22:37】 | YouTube | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |