スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
出張。
仕事で出張へ行ってきます。
一週間ほど留守にします。
行き先は鹿児島県と言うことで
おいしい芋焼酎のんできますー。^^。

スポンサーサイト
【2008/11/30 08:14】 | 凡庸な日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
対横歩取り45角戦法・・・ハンゲにて


ハンゲでの将棋。横歩取り45角戦法ですが、やったことはありますがやられたのは初めてでした。
【2008/11/27 22:22】 | 非定跡な自戦記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
シカゴ。
パソコン内の音楽ファイルを整理していたら、まったく演奏していたことを忘れていた曲がでてきたので、おもわず懐かしくなって上げてみました。↓

http://www.h5.dion.ne.jp/~eos-tk/hard.mp3

シカゴの「素直になれなくて」(Hard to say I'm sorry)なわけですが、妙にストリングスがリアルで10年前の自分がすごいと思いました(笑・・・どうやってこの音色作ったのだろう??)思い出してみると、右手でピアノ、左手でストリングス(シンセ)を弾いていて結構忙しかった気がします。
今の私より間違いなくうまいですね^^;練習しなくっちゃ!
【2008/11/26 01:03】 | 音楽を語る | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
ギターソロその3「ポール・ギルバート&マーティー・フリードマン」


ポールギルバート(Mr.Big)とマーティー・フリードマン(Megadeath)のこのワールドクラスのギタリスト2人が日本のこんなカルトな番組に出てることにびっくり!また二人とも日本語がペラペラなことに二度びっくり!!(ポールは一時期、東京に住んでたとか!えー!)
まじでー!!サッカー界で言うならば、マラドーナが日本語ペラペラで日本のサッカー番組に出てると同じくらいの衝撃受けました。
さらにこの映像の中で、マーティーがXJapanの曲を弾く事にびっくり!、さらにポールがラウドネスの「クレイジードクター」のイントロを弾く事にさらにびっくり!
びっくりづくしのギターソロ対決でした^^;
(この番組、なんという番組だろう??情報求む!^^;)

またこの二人のシリーズはYouTubeにまだまだたくさんあって、再々びっくりしました。
ポールとマーティー・・・接点なさそうであるんですね~!
【2008/11/20 22:07】 | ギタリスト列伝 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
1分切れ負け。
http://jp.youtube.com/watch?v=Ni2TZSNj45U

↑はYouTubeで見つけた将棋TVドラマ「ハチワンダイバー」のハイライトシーンで、
今をときめく人気俳優のつるの剛士さんが悪役で登場しているのですが、設定が
1分切れ負け(持ち時間が各自1分でそれを過ぎたら形勢に関係なく負け)という
スリリングな設定の場面です。
私もアマチュア将棋大会で切れ負け将棋の経験がありますが、20分でも「あっ!」と言う間に
過ぎてしまうと感じるぐらいで、1分なんて想像を絶する世界です。(ほぼ1手1秒で指さないと
時間がなくなってしまう)
また、この将棋、よーく見てみると「ゴキゲン中飛車対居飛車58金型飛車先交換」の、きれい
な定跡手順の将棋で、この手順を二人ともちゃんと覚えてノーカットで指しているのがすごい!
ドラマの設定といい、周りの雰囲気といい、本格的な将棋内容といい、指す手つきといい、
時計を押す手のかっこよさといい(特に最後の一手)、まったく将棋ファンにはしびれるような
内容ですね~。すんばらしいです。
【2008/11/18 23:08】 | YouTube | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
ダウンしてますた。
風邪で金土日と3日間ダウンしてました。今日も会社休んで午前中は、ひたすら体力回復に努めました。午後からようやく体力が戻ったようで、色々ごにょごにょしてました。私けっこう病気しないタイプなんですが久しぶりのダウンで、良いほうに考えると寝貯めができてよかったかなと・・・^^;
【2008/11/17 16:40】 | 凡庸な日々 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
日産グロリアのCM「Foreverman」・・・柳ジョージ(エリック・クラプトン、コピー)
♪Foreverman

↑タグの埋め込み禁止のようで、リンクを貼っておきます。

CMに流れてる曲には意外と名曲が多く使われています。それを記事にしてみようというカテゴリー作ってみました。きっかけは2007年9月7日の記事のコメントで、この曲のことをB.Y.さん宛てにしたわけですが、反応がなかったので、ひょっとしたら私の勘違いか??とず~っと気になってたもんで・・・^^;
(ちょっとだけ気になってたが正しいかな^^;)今日、ついにそのCMを見つけたもんで上げときます。
この曲は私が昔、やっていたバンドのナンバーで、当時ちょうどCMでかかっており、歌ってるのが柳ジョージさんだったので「へ~!」と思った記憶がありました。私の勘違いでなくてよかったです^^。

ちなみに本家のエリッククラプトンバージョンも上げときます↓(こちらはタグ埋め込みOKでした。)

【2008/11/12 20:47】 | CMは名曲の宝庫 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
ブルースピアノの打ち込みに挑戦その1
せっかく打ち込み環境が整ったので、なにか打ち込もうと色々考えてました。
とりあえず、最初は簡単なピアノ小品がいいかなと・・・クラッシックをやろうと思っていましたが、急に気が変わってブルースピアノにしました。(我が家に古いブルースピアノの教則本があったので・・・)
完成までの過程を数回に分けて記事にして見ます。
(打ち込みやってる方の講座のような感じにしてみたいです。)

とりあえず初回は初期設定と、譜面の打ち込み。
今使ってる、「Music Studio Producer」の初期設定のやり方がよくわからない・・・
色んなHPを探索して(DTM TOWNと言うHPにお世話になりました。)ようやく最低限な初期設定を入れることが出来ました。↓

bpb-1.jpg

GM-ONとXG-ONを無事挿入。これでまずは音源の初期化が完了。
※GM-ONは全ての種類の音源に有効なリセット信号。これで音量、音色などの一般的なパラメーターがデフォルト値に戻ります。またXG-ONは私の使ってるYAMAHA製の音源に有効な拡張リセット信号。GM-ONでリセットできないパラメーターがデフォルト値に戻ります。

それと音色もバンクMSB、LSB、プログラムチェンジと入れることができました。
※音色とは音の種類であり、楽器名を指します。ピアノだとかギターだとか、バイオリンだとか・・・
楽器の種類を選択するにはMIDIという規格で決まった信号を入れる必要があり、一般的にプログラムチェンジという信号で指定します。図では(赤文字)プログラム=0となっていますが0はピアノをあらわします。他にも127種類の楽器が国際規格(MIDI)で番号が決まっており、例えばパイプオルガンは19番です。
MSBについては楽器か効果音(SFX音)かドラム音という区分けを選択します。図ではMSB=0なので楽器を選択しています。
LSBについては選んだ楽器・・・今回はピアノを選びましたが、ピアノでも明るい音のピアノや、暗い音のピアノなど色んな音が音源に用意されていてそれを選択するというものです。図ではLSB=0なので、最もノーマルなピアノ音色を選択しています。

他にも音量やエフェクトや色んなことを初期に設定できますが、今回は割愛。(ピアノ単独なので必要なし。)

次にピアノロール画面を使って、とりあえずはひたすら楽譜通りに、音符を書き込んでいきます。↓
(一応私の好みで右手と左手で弾くパートを別々のトラックに入れてます。赤いのが右手パートで緑が左手パート)

bpb-2.jpg

ここでひとつ気がつきました!「Music Studio Producer」は三連符が打ち込めんジャン!まじで~!
これは不便すぎる!!結局ピアノロール画面で適当に音符を入れといてから、イベント画面(最初の画像のノートというプログラム)で発音タイミングと音符長さを一つ一つ修正するはめに・・・ここは改善してもらわんとな~・・・。時間かかってしょうがないでしょ!

とりあえずワンコーラス分打ち込みが完了しました。結果は↓(XG音源推奨ですがPC内蔵音源でも聴く事が出来ます。)

dpb.mid

まーなんの加工もしてないので、トリル部分なんか変だし、また音量が均一なのでまさに血も涙もない^^;コンピューター自動演奏と言う感じなので、次回以降、音を加工していきます。
とりあえず次回は、ゲートタイムの加工(音符に長さの加工)をやっていきたいと思っています。
次々回はベロシティー(音量)の加工、最後にエフェクト、とテンポを揺らしての間の調整をやって完成としたいと思います。

しかし、こんな記事書いても、それなりのHP名にしとかんとな~・・・「将棋と酒・・・」のHP名で誰が打ち込みの記事、見にくんねん!!って感じですが(笑)
【2008/11/11 19:22】 | DTM日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ベースソロその3・・・デジモンアドベンチャー「Butterfly」


odakazuさんのおかげで、すっかりこの曲にはまってしまったわけですが、YouTubeでベース弾いてるナイスな映像見つけたので上げときます。
もーなんか、うねるように右手がフィンガリングしてて思わず見とれてしまいました。
左手もうねうねしてて指長!って感じですが^^;

まっさんへ。
まっさん、こんな感じですがどんなもんでしょ??
(気に入らんかな???笑)
【2008/11/10 23:59】 | YouTube | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
悪魔の自戦記番外編・・・魔界四間飛車命名の時


2chでもスレッドが上がり、ちょびっと有名になった魔界四間飛車。
そのネーミングをつけたのは、まぎれもなく私でございます^^。
(色んなHPで魔界のネーミングの由来を推測されている記事をいくつか見ましたが、↓が真実です^^。)
2003年の秋ごろ将棋自戦記職人組合というサークルのイベントで、有名中飛車HPの管理人「ダブルクラウン」さんと指してその自戦記を同サークルに上げたことが魔界四間の始まりでした。
(この自戦記の内容通り、悪魔が私にその戦法を教えるという内容です。)
この将棋は負け将棋でしたが、今となれば懐かしい思い出です。
ちなみにダブルクラウンさんのHPも紹介しておきます↓

「double crown's pieces」

24で4段の強豪さんです。(私と指した当時は2段だったかな??)
【2008/11/08 19:10】 | 非定跡な自戦記 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
対向飛車・・・24にて。


居飛車本格派を目指そうと思ったのですが、なぜか相居飛車にならない^^;でも、まー対振り飛車も重要な要素なので急戦で挑みましたが、内容は負け将棋でした。
しかし終盤自分でもどこで逆転したかわからないほど難解な将棋でした。
【2008/11/06 21:21】 | ノーマルな自戦記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ボーカリスト列伝その3・・・Michael Johns


Michael Johns さんと言う方・・・まったく知らないんですが、偶然YouTubeで見つけた人。
特に声がすごいというわけでもないんですが、ものすごく印象に残ったもんで上げときます。
なんかのオーデションの映像かな??曲はDoorsの「ハートに火をつけて」ですがDoorsのボーカル「ジム・モリソン」よりセクシーかもしれませんね。
伴奏が終わっても歌を続けて、それに呼応するように審査員も熱唱とわ!音楽のシビレるところを審査員も感じたんでしょうね~。

【2008/11/05 22:08】 | ボーカリスト列伝 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
24最高R保持者更新・・・ついに3100台に突入。


しばらく24に行ってなかったのですが、ふと見ると24最高R保持者が変わってるじゃないですか!
うわっ!と良く見ると、私が大絶賛していたH-Parisさん。(5月27日の記事を参照)
当時の記事において、私が「この人、てっぺんまで行きますね!」と宣言してたことが現実になり私も見る目があるな~と鼻高々なわけですが^^;
この人たぶんデクシさんだろうと勝手にかんぐってますが、2chでもデクシさんではと噂されてますね。なんというか、指し手に同じ匂いがするんですよね~。指し手のセンスが似てると言うか・・・
デクシさんは最高R3003、パリスさんが3113。0と1が変わっただけというのもなんとなく意味有りげな気もし~ので、デクシさん=パリスさんと言うことで一人納得しました。(謎)
ちなみに↑の棋譜は最高R更新の一局です。ご堪能ください^^。

【2008/11/04 18:07】 | 24の鉄人(ノーマル版) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
DTM再開
4,5年ぶりにDTM(デスクトップミュージック)を再開しました。
(※DTMとは、すなわちパソコンにてプログラムを組み、デジタル楽器に自動演奏を行わせる趣味のこと)
きっかけはodakazuさんに打ち込みを頼まれたことなんですが、何年もやっていなかったので
ほぼDTMの知識が吹っ飛んでおり、思い出すのに苦労しました。
最初に苦労したのがDTM環境を作ることでした。
DTMに必要な物をそろえるのに時間がけっこうかかりました。

必要なものその1・・・パソコン・・・これは最初からあるのでOKでした。

必要なものその2・・・音源・・・要はデジタル楽器ですが、これもシンセサイザーをもっていたので問題なし。↓
cs2x.jpg

写真はYAMAHAのCS2Xと言うシンセサイザーで7,8年前に購入したものです。今時のシンセに比べるとさすがに古い仕様ですが、今でも十分使えます。

必要なものその3・・・MIDI⇔USBケーブル・・・音源とパソコンをつなぐケーブルですが、去年引越しをしたためにどこにあるのか一日中家の中を探しまくりました^^;ようやく見つかったものの、USBコネクター錆びてるし、大丈夫かいな??と疑いつつPCに無理やり突っ込みました^^;↓
um-1.jpg

必要なものその4・・・MIDI⇔USBケーブルのドライバー・・・要はパソコンに音源を認識させるためのプログラムですが、これが昔どうしたのか思い出せない・・・なんか製品にフロッピーかなんかがついていたかな~??とこれも家中、家捜し・・・しかし「ないぞ~!」半分あきらめかけ、NETで調べてみるとRolandのHPでドライバー配布の記事を見かけ無事入手。インストールしてみるとUSBコネクターが錆びていたにも関わらず無事認識してくれました^^;

必要なものその5・・・シーケンサー・・・要は演奏プログラムを打ち込むためのソフトウェア・・・昔はYAMAHAのXG-Worksと言う市販製品を使っていたのですが、昔使っていたパソコンは壊れてるし、またXG-Worksの元すらない始末で困りました。結局フリーソフトを使おうと決めたのですが、NETで調べてみると星の数ほどあってどれにするか迷いました。
とりあえず高機能そうな「Music Studio Producer」と言うのを使ってみることにしました。↓
msp.jpg

これ導入してみたんですが難しすぎ!とにかく手探りで使い始めました。でも結構ピアノロールやスコアロールまで付いていて、XG-Works並みの機能がありそうですが、どこをどうさわればどうなるというのが直感的にわかりづらいのが難点です・・・そういう点でXG-Worksは使い勝手が良かったな~と思いました。

とにかくDTM環境は整ったので、また進展があれば記事にしてみたいと思います。


【2008/11/02 08:48】 | DTM日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
打ち込み連絡
業務連絡です。普通の方はスルーで^^;

無理やり合体バージョン

↑ごくわずかに、打ち込みの方が速いようで、フルコーラス鳴らすと明らかに音がずれるので途中でカットしてあります。

ドラムキーボードフルバージョン

↑とりあえずフルコーラスですが、ハイハットの音量調整と、ブラスの音色をもうちょっといじってみます。リバーブはそちらでミックスするときにかけられないかな~??
【2008/11/01 11:25】 | DTM日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。