スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ボーカリスト列伝その10・・・MARTINA MCBRIDE「INDEPENDENCE DAY」


(例によって歌が始まるまでが長いです。すぐに歌を聴きたい方は1分55秒後にスキップしてください。)

前回記事でちょっとだけ書いたマルチナ・マクブライドさんです。
実は、数年前に彼女のことをYouTubeで偶然知ったのですが、彼女のこの曲「INDEPENDENCE DAY」に、はまりにはまって半年ぐらいは必ず一日1回は聴いていました。
(この曲は佐野元春さんの「約束の橋」に、どことなく雰囲気が似ていて、聴いて一発で好きになりました)
こういうカントリーミュージックは、ほとんど聴いたことないんですが(知ってるのは「カントリー・ロード」ぐらいでして・・・^^;)初めてカントリーソングに、はまった私でした。

また彼女歌も抜群にうまいんですよね~。声量といい、音程感といい、歌の情熱といい申し分ありません。
アメリカを代表する今が旬な歌手として紹介しときます。

それと前回記事の続き、パット・べネターとの競演映像も上げておきます↓
わたしがこの曲を知った、一番最初のきっかけでした。

スポンサーサイト
【2010/02/26 21:59】 | ボーカリスト列伝 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
栄枯盛衰・・・Pat Benatar & Martina McBride 「HeartBreaker」


アメリカで大変な人気を誇る「パット・べネター」さん(映像左の淑女)の「HeartBreaker」です。
彼女の、一番有名な曲・・・私もCDを持っています。
一緒に歌っている映像右の、若い歌手は「マルチナ・マクブライド」さんで今が盛りなカントリー歌手です。
(この歌手も、私は大好きで、また機会があればUPしてみたいと思っています。)
この映像、どう見たって、マルチナのほうがうまくて、パットは正規の音域が発声できず、低音のハーモニーパートのメロディーでなんとか歌っていると言う印象ですが、これは、やはり年齢を重ねることの衰えを表してるんだと思います。
(パットもアメリカロック界の女王らしく振舞ってはいるものの、音楽とは正直ですね。)

私も40過ぎてから体力が落ちていることをひしひしと感じます。仕事では経験、知見など頭脳では最盛期を迎えてると思いますが、体力が付いていかないので、もう下り坂かもしれませんね^^;

「栄枯盛衰」・・・いかに優れたものでも、やがて朽ちる時がきます。そして若い才能が芽を伸ばす。
そういうことを繰り返して、世の中は進んでいくんでしょうね。非情な感じもしますが、それが自然の摂理でしょうか??

なんか最近、こんなことを、ずーっと考えてる私は、おかしいですかね~??(笑)

ちなみにパットの最盛期頃の映像を上げておきます↓
声量、音域とも半端じゃありません。まさにアメリカロックの女王です。

【2010/02/25 22:57】 | YouTube | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
キーボードプレイヤー列伝その8・・・Ray Manzarek「Doors」(Light My Fire)


レイ・マンザレク氏です。アメリカはウエストコーストを代表するバンド「ドアーズ」のオルガン弾きなんですが、そのドアーズの最も代表的な曲「Light My Fire」で氏のオルガンプレイがたっぷり聴けます。
普通ロックオルガンといえば、ハモンド製のオルガンをイメージし、キース・エマーソンもジョン・ロードもハモンドを弾いてますが、レイ・マンザレク氏はVOXオルガンを弾いてます。
ハモンドは、どちらかといえば温かみのある音色でパーカッシブな印象がありますが、このVOXオルガンは、キンキンキラキラの角の立った非常に攻撃的な音色で、一度聴いたら忘れられなくなりますね。
またこの曲のフレーズも、どこか怪しげで、非常に個性的です。
私なんかこの映像、今日だけで10回くらい見ちゃいました^^;

ちなみにこの曲、このブログでも「ボーカリスト列伝」で少しだけ上げました。↓
http://eostk.blog57.fc2.com/blog-entry-140.html
あわせて聴くとなおいいと思いますよー。
【2010/02/22 22:59】 | キーボードプレイヤー列伝 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
苦しい時は端と玉。
久しぶりの自戦記です。去年の夏以降あまり指してないもんで・・・
この将棋は24でのR戦からです。私には珍しい、玉頭位取り作戦を目指した将棋でしたが、速攻を掛けられて不利になったもんで、直接相手玉に迫ったところ勝ってしまった将棋でした。
私の座右の銘は「苦しい時は端と玉!!」これでなんとかなること結構多いですよー^^;


【2010/02/21 22:51】 | ノーマルな自戦記 | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
「ハイウェイ・スター(DeepPurple)」のカバー・・・桑田さん。
ま、ハイウェイスターなわけですが、桑田さんがカバーしていました。
見たんですが、かなりよかったです。
桑田さんって結構なハイトーン出すんですね。驚きました。
また原由子さんの楽しげなオルガンソロ演奏!いいなー、ほんと楽しそう!
それとギターソロが感激しました。この曲、やっぱりアルバムのようにギター2本でハモリながら
ソロ弾くと全然メロディーの深みが違いますね。
本家はギタリスト一人なので、ライブでは、こういうソロができないところが残念なんですけどね。
(本家ができないというのも、おかしな話ですが^^;)

【2010/02/20 22:47】 | ロック昔の昔 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
火花散る将棋


コメントでI-houshinさんの話題がいくつかでたので、私の昔作ったHP「ひょいWorld」で上げていたネタ「24の鉄人」から再UPです。
この将棋は私が見たI-houshinさんの将棋の中で最も過激な将棋であり、今でも鮮明に覚えています。
お互い過激な手の連続で当時は絶対無謀と思いましたが、それでもバランスが取れていることに驚きます。
すばらしい将棋ですぜひ見てみてください。

また後手のK6段は現在ではR2900以上の猛者であり、また地域を「Gokigen」で登録されていて、ひょっとして「ゴキゲン中飛車」の著者のプロかも??と言う期待があるんですよね^^;
とにかく、すごい叩き合いの将棋でした。

【2010/02/19 22:57】 | 24の鉄人(非定跡版) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
冬季オリンピック
せっかくの冬季オリンピック開催中なのでオリンピックネタを上げときます。
映像は1998年の日本で開催された長野オリンピックのスキージャンプ団体なわけですが、この映像、今見ても涙が出てきます。当時は、かなりの量の感激の涙を流した記憶があります。
私、結構、涙もろくて、ちょっとしたことでも涙が出てくるんですよね・・・。
こんな私は、センチメンタル過ぎでしょうか??(笑)

このジャンプでは原田さんが一世一代の大ジャンプを決めてくれました。
前回大会で失敗した汚名を見事に晴らしたわけです。
そして最終ジャンパー船木選手に「ふなき~~~!」と祈るようにつぶやいていたのが今でも記憶に残っています。そして船木選手も華麗なラストジャンプを決め、見事に金メダルを獲得しました。

彼らは「日の丸飛行隊」と呼ばれ、そして歴史に名を残しましたね。
そして私も彼らのことは一生忘れないと思います。

【2010/02/17 22:33】 | スポーツ名場面 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
この時代にすでに・・・四間飛車VS右玉


対振り飛車に右玉・・・これは今ではプロ棋士、糸谷さんの活躍もあり、すでに市民権を得ているわけですが、ここで紹介するのは2003年ごろの24高段者の将棋です。
いや、驚きました!・・・いやもっと正確に言うと、2003年頃には、すでに対振り飛車に右玉を使う人を何人も知っていますが、▲7七桂~▲9七角の形を指している人を見た記憶がないです。
私が持っている棋譜集を探していて、偶然見つけ、「へー!」と思いUPしてみました。

またこの戦型指している「mikantoringo」さん、当時は地域名が広島だったんですよねー(現在は将棋サークル名になっていますが・・・)また右玉使いで有名な「I-houshin」さんも広島・・・。これは、偶然でしょうか??

ちなみに糸谷さんも広島だったりします。いろいろ偶然は重なるもんですねー(笑)
【2010/02/16 23:36】 | 24の鉄人(非定跡版) | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
「FootLose」


「フットルース」この曲、最近マク○ナルドのCMで頻繁にかかっていますね。
テキサス○ーガーとか、ハワイアン○ーガーとかのCM・・・
この曲は有名なので、ブログで紹介するほどのもんじゃないと思ったんですが、考えてみればこの曲が発表されてから約20年以上は経っているので、ひょっとしたら若い人は知らないんじゃないかと思い上げてみました。

この曲は映画「FootLose」のテーマ曲なんですが、(この映像も映画の一場面です)この映画のサントラLPからはHIT曲がたくさん生まれました。
ボニー・タイラーの「Holding Out For A Hero」やケニー・ロギンスの「I'm Free 」、ムーヴィング・ピクチャーズ の「Never」など、これほどヒットした映画サントラLPもないんじゃないでしょうか??

私も当時はレコードを買って、張りが擦り切れるほど聞き込みましたね。
ほんとに懐かしい思い出です。
【2010/02/14 22:34】 | CMは名曲の宝庫 | トラックバック(0) | コメント(16) | page top↑
将棋の手筋・・・その12、美濃崩し⑥、おまけ編
今回は講座ではないです。24高段者の実戦棋譜からです。(よって、おまけ編です。)
下図は、美濃囲いの3九玉型ですか、ここから後手がどう指すかということなんですが・・・。

mino24.gif


解説する前に、この棋譜のことを紹介しときますと、後手の方はNET将棋サイト「24将棋倶楽部」において、今なお、最強ではないかと言われている「dcsyhi氏」です。
dcsyhi氏は、その姿を24で見せてから、圧倒的な強さを誇り、24史上最初のレーティング3000点を突破した人であります。現在では、最高Rも何人かに塗り替えられているものの、いまだに24最強と言われる声は後を絶ちません。まさに伝説のお方です。(dcsyhi氏は最高R達成後、ぷっつり姿を消してしまい、いまではもうその姿を24で見ることはできません。)

またこの棋譜は「将棋世界」誌でも故・真部一男八段の当時のコラムで取り上げられており、プロの目をもってしても、舌を巻く指し方だと絶賛されました。それにこのコラムでの記事が「24には"神"と呼ばれる男がいるそうだ」とか、コラムの締めでは「将棋連盟はこの男を三顧の礼を持って迎え入れるべきだと」か書かれていました。
今思えば、大げさだな~と思いますが、たしかにこれほどの将棋指しを、アマチュアにおいておくのはもったいないですね・・・。
と言うか、dcsyhi氏は絶対羽生さんだ!と勝手に私は思ってるんですけどね^^;

前置きが長くなりました^^;
上図から後手のdcsyhi氏はどう指したかと言えば、△3七香!!!と指しました。まったく私らレベルには思いもしない手ですね。驚きます。↓

mino25.gif

上図から先手▲3七同銀は、△2九飛車、▲同玉、△4九龍があるので、先手▲3七同金と、取りますが、そこで△5八飛車!!!!!が私も見たことがない、見事な寄せ手順↓

mino26.gif

上図から先手はもちろん、▲同金とはできません、かと言って馬が逃げれば、△4九龍、▲同玉、△4八金で詰み。(△4九龍に▲同銀は△2八金)
つまり前手△3七香は、この筋を見ての指し手だったんですね。(4七に金が居ると、△4八金では詰まない)
結果、先手は▲4八桂と受け、後手△5五飛車成りと馬を抜いて必勝となりました。↓

mino27.gif

この筋は、今でも私の脳裏に焼きついており、この局面になれば、1秒で指せる自信があります(笑)

とりあえず、これで一旦、美濃崩し編を終わりにしたいと思います。

おまけで、この将棋の棋譜を↓に上げておきます。ご参考までに。



さらにおまけ、dcsyhiさんの棋譜集を扱ったHPもあります↓

http://runaway1.hp.infoseek.co.jp/subdcsyhi.htm

興味のある方は見てみてください。(このHP私もちょびっとだけ、お助けしています^^;)
【2010/02/13 21:44】 | 将棋の手筋 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
昔、作った曲達。
パソコンのファイルを整理していたら、昔打ち込んだ曲があって、懐かしくなり上げてみます。
これらを打ち込みしていたのは2002~2004年ぐらいだと思いますが、当時は、将棋よりも音楽(特にDTM・・・デスクトップミュージック)に、はまっていました。
その頃は、結構HP間で交友を深め、色々な友達ができましたが、現在では、ほとんど交流もなくなってしまいました。(理由は私がDTMに興味がなくなったためです。)
しかし現在でもHPを続けておられる方が結構おられるようで、また顔を出さなきゃな~と思っています。

で、その当時の曲1曲目。「サルタレッロ、ひょい編曲バージョン」↓(作曲:T.Y.さん 編曲:ひょい。)

http://www.h5.dion.ne.jp/~eos-tk/saltarello_eos.mp3

この曲は元々、非定跡党メンバーである「Golcondeさん」のNET上の知り合いで、詰め将棋作家だったT.Y.さんの作曲したクラッシックピアノ曲「サルタレッロ」に私が一目ぼれ、いや一聴ぼれして、T.Y.さんにお願いしてアレンジさせていただいた曲です。
ものすごくメロディアスで、ほんと今聴いても、背筋がぞくぞくするほどの名曲だと思っています。

ちなみにT.Y.さんのHPに原曲があるのでURLを上げておきます。↓(このサイトのCompositionと言うカテゴリーにあります。)

http://www.geocities.jp/molossique/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

次、2曲目「Myler」↓(作曲:ひょい、編曲:ひょい・IMOさん)

http://www.h5.dion.ne.jp/~eos-tk/miler_type2.mp3

実は私作曲もするんですねー^^;過去に6曲ほど作っています。
この曲は、「The Square」の応援サイトを持たれていたIMOさんのサイトにて、IMOさんが作曲した、とある曲に感銘を受け、交友を深めた結果、それがきっかけで私も、「The Square」風の曲を作ってみようということで作った曲です。
作曲中、ギターソロ部のフレーズがどうしても思い浮かばないので、IMOさんに手伝っていただきました。
また曲の完成後に、IMOバージョンとして、アレンジもしていただいたバージョンが、ここに上げている物です。
(なので曲名がMiler-Type2となっています。)

自分で苦労して作った曲というのは、ほんとに可愛くて、今聴いても当時のことが思い出され、涙目になる今日この頃でございます。^^;
【2010/02/11 23:22】 | DTM日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
将棋の手筋・・・その11、美濃崩し⑤
片美濃崩しの続編です。局面図(1図)は前回記事と、持ち駒も、駒の配置もほぼ同じ、違うのは先手6五まで歩が伸びていることだけです。この場合、前回記事と同じく▲9五歩、△同歩、▲6二香と攻めてももちろんOKですが、別の攻め方もあるので紹介しときます。



1図より、▲6四歩!と、ここから攻める手もあります。後手がほっとけば、▲6三歩成り、△同銀、▲6一飛車成りがあるので、▲6四歩には△同歩と取りますが、ここで▲6三香と打つのが、この際の手筋。
いままで散々片美濃には6二が弱点と言いましたが、この場合は6三が急所でした↓(2図)

mino21.gif

2図から△6三同銀は、もちろん▲6一飛車成りなので、△7一金と寄りますが、ここで▲6二香成りが、6三から香車を打った意味です。↓(3図)

mino22.gif

次に▲7一飛車成りとなるとひどいので、後手△6二同金ですが、▲7一銀と打って、見事に美濃崩しが決まりました。↓(4図)

mino23.gif

この▲7一銀(または角)の筋は常に居飛車側が狙うべき筋であるので、この筋に誘導する手がないかな~と考えてみるといいと思いますよー。

美濃崩しのネタも、枯れてきたので、次回最後の美濃崩しの筋を紹介して、「美濃崩し編」は終わりにしたいと思います。
【2010/02/10 23:28】 | 将棋の手筋 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
ギターソロその7・・・マイケル・アンジェロ
マイケル・アンジェロ氏を紹介しときます。
現在最も速くギターを弾くギタリストとして有名になりました。
(Guitar One Magazine誌による)
この映像実は、ずいぶん前から知っていたのですが、なかなか紹介するタイミングがなく、今回ようやく
UPすることができました。

この映像はギター教則本DVDの映像なのですが、このDVD、「世界一教授する気のない教則DVD」と
言われています(笑)
あまりにも超人的なテクニックを永延と弾いているため、このDVDを買ったギター小僧達が、まったく手も
足も出ず指をくわえて見ているだけということらしいです^^;
特に、2分55秒後から始まる「アンジェロ・ラッシュ」と言われているテクニックには私も驚きました。
この技術にいったい何の意味があるのかは、わかりませんが、とにかく凄いです。↓

【2010/02/09 18:15】 | ギタリスト列伝 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
将棋の手筋・・・そ10、美濃崩し④
前回に引き続き、片美濃の崩し方です。片美濃の弱点はやはり6二の地点ですが、今回は持ち駒が銀香歩とあります。こういう場合、どう攻めるか??↓



持ち駒が銀香歩ならば6二地点と端を絡めて攻めるのが面白いです。
すなわち、1図から、▲9五歩、△同歩、▲6二香車。↓2図

mino16.gif

2図で△6二同金は、▲7一銀の割り打ちの痛打があるので、△7一金と寄りますが、そこで端を突き捨てた狙いの▲9二歩が会心の一撃。↓3図

mino17.gif

△同玉は、▲7一龍なので、しょうがなく△9二同香ですが、▲9一銀!!!!が、とどめの追撃の一手!
以下△同玉に▲7一龍が実現しました。↓(4図)

mino19.gif

さらにこの局面、次の▲8二金が詰めろなので△8二銀打と受けるよりありませんが、▲7二龍と銀を取って必勝ですね。
また戻って、▲9一銀に、△9三玉でも▲7一龍がやはり▲8二龍以下の詰めろで寄りになっています。

対片美濃には、端と6二地点を絡めて攻める手も頻繁に現れますので、ぜひ覚えて実戦で使ってみてください。
【2010/02/08 21:51】 | 将棋の手筋 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
絶対に知ってるクラッシックの名曲・・・「ヘンデル」-「見よ、勇者は帰る」
ヘンデルなんですけどね。ヘンデルといえば学校の音楽室に必ず肖像画があるという、あの人です。
そうそう、バッハとかハイドンの横に居たでしょう!覚えてませんか??(笑)
この曲は、そう!表彰式で、表彰状を受け取るときに、必ず鳴ると言う、あの曲です。
100人に聞けば、99人がこの曲を知ってるんじゃないでしょうか??
逆に曲名は、知ってる人のほうが少ないんじゃないかと思います(←こんなこと書いて、知らないの
私だけだったら非常に恥ずかしいですが・・・^^;)
実は私も、ヘンデル作曲とは知りませんでした。もちろん曲名も・・・。
またひとつ、賢くなっちゃいましたー^^;

【2010/02/06 23:38】 | 絶対に知っているクラッシックの名曲 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
将棋の手筋・・・その9、美濃崩し③
今回は片美濃の崩し方です。片美濃の弱点は、ずばり6二の地点です。ここへ駒を打てば崩れることがよくあります。
1図は有名な片美濃崩しの典型的な局面です。ここで、どう指すか??



弱点は【6二】と記事の最初に言っているので、なんだかわからない人も、だまされたと思って、6二香車と打ってみましょう^^;↓(2図)

mino12.gif

2図で△同金も△5一金も金が取られるので、△7一金か、△5二金しかないですが、△5二金は▲6一香成りでも▲4一龍でも先手優勢になります。問題は△7一金の時ですが・・・

これにはずばり龍を切ります!▲7一同龍!!

以下、△同玉の一手に、▲6一香成りが絶妙手。↓(3図)
mino13.gif

この香車成りの局面、角でも王手のダブル王手になってるのがわかるでしょうか??
よって△6一同銀はなし、△6一同玉も、▲6二金の一手詰み。△8二玉と逃げるしかありませんが、▲7一角成りとなった局面は、ほぼ寄りになっています。↓(4図)

mino14.gif

1図で香車ではなく桂馬を持っていても、▲5三桂!と打って同じような筋で寄せることができます。
まーこんな大技が決まることはめったにないですが、知っていれば損することはないです。
ぜひ、ご記憶あれ。
【2010/02/04 19:37】 | 将棋の手筋 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
キーボードプレイヤー列伝その7・・・Barbara Dennerlein


いやー、かっちょイイっす。これだけオルガン弾ければ、そりゃ楽しくてしょうがないでしょうね~。
また女性でJAZZやってるというのも、しゃれてますねー。しびれました。
この「Barbara Dennerlein」さん、実は10年以上前に、ジャケ買いで、音楽の内容も知らないまま、CDを買っちゃって、それで知った人なんですが、その買ったCDの音楽のグレードの高さにすっかりファンになってしまったんです。
買った当時は毎日のように聴いていましたが、それから月日がたち、もー忘れかけてた頃、自宅のCD整理中に見つけ、また聴きだしました。
と同時にYouTubeでも探したところ、映像があったので上げてみました。

ちなみにジャケ買いしたCDはこちら↓(ジャケットが妙に気に入って衝動買いしました^^;)

bad_junkanoo.jpg


この映像で彼女が弾いているのはハモンド社のB-3と言うオルガンの銘器で、オルガンを弾く者なら、誰しもあこがれる楽器なんですが、映像の中でオルガンの上に置いてある箱のスイッチか何かを操作すると音色が変わることにびっくりしました。オルガン音色から急に、上鍵盤がビブラフォン、下鍵盤がピアノに変わっています。
こういうことができるのは多分MIDIで別音源(オルガン上の箱が別音源??)を鳴らすしかないのですが、B-3にMIDI端子ってついてたんだっけ??あるいわ、無理やりつけんたんだろうか??
色々想像が膨らんで楽しい映像でした。
【2010/02/03 20:57】 | キーボードプレイヤー列伝 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。