DTM三昧。
実は今、夏休み中なんです。もう一週間ぐらい休んでます。代休が2週間ほどあるので、有給休暇とあわせて3週間ぐらい休むつもりでいます^^;とわ言え、そうもいかないかもしれませんが・・・

それで、DTMに一日中没頭しています。朝から寝るまで・・・大体、私は飽きっぽい性質なんで、2,3日すれば飽きちゃうんですが、珍しく長く続いています。
今日も、以前・・・10年も前・・・に打ち込んで放置していたMIDIがフロッピーディスクにあって、懐かしさのあまり、これを完成させようと、朝から必死に打ち込みの続きをしていました。

その途中経過がこれです↓(ルパン3世 '79)

http://www.h5.dion.ne.jp/~eos-tk/LU.mp3

この曲は、何かの雑誌にあった譜面を10年前にほぼ音符だけ打ち込んだものですが、当然音符だけじゃ曲としては未完成なので、今日、いろんなパラメータをいじくり、とりあえずイントロ部のみ、ある程度納得のいくものとなりました。これだけで、今日丸一日7時間もかかったんで自分でもびっくり・・・

なんせパート数(楽器の種類)が16もあるし、またこれだけパラメータ(音の性質を変化させるプログラム)をいじったのも初めてでした。
ベロシティー、エクスプレッションを触るのは当然としても、カットオフ、レゾナンス、ポルタメントまで一音のなかで変化させるべくいじりました。例えば、トランペットなんかは長い音符の音ひとつを実際に吹くと、吹く息の勢いがだんだん弱くなるため、音は徐々に減少して行くし(エクスプレッション)、また音の音色も最初は明るい音ですがだんだん暗い音へ変わっていきます(カットオフ)この辺をこだわって一音一音のパラメーターを永遠といじっていると、もう莫大な時間が必要となるので、どこまでやるかですが、とりあえず根気が続くまでやってみたいと思います。これだけの大作は私も未経験なので・・・。
スポンサーサイト
【2010/07/23 20:17】 | DTM日記 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
音楽三昧
ZOOMのMTR買ってから、もうズッポリ音楽製作に、はまっちゃって将棋の「し」の字もない有様でございます。
最近ではこのブログも音楽ネタばっかりで「将棋と酒に呑まれつつ」という表題はどうなってんねん!!
と言う感じですね。「将棋と音楽と酒に呑まれつつ」に変えないといけないかな~とも思いつつ・・・
ちまちま焼酎を飲みながら音楽制作を続ける毎日です。

それで、いまやろうと思ってるのがVANHALLENと言うバンドの曲「Love Walks In」と言う曲なんですが、とりあえずドラムの打ち込みも終わり、本日yoshiikuzoさん宅に出向き、ZOOM R16でベースの宅録(生演奏)をしてきました。
これで後は私のシンセと、ギターを重ねるだけになりました。

そういうわけで今のところ↓のような感じで進んでいます(私のシンセも生演奏で仮で入れてみました)

最初、無音部分が8秒ほどあります。ご了承ください。

http://www.h5.dion.ne.jp/~eos-tk/love.mp3

まだ音量調整もエフェクトもいじってないのでこれからが大変ですが、がんばりたいと思います。

ちなみに本家本元のライブ映像も上げておきます↓(音量に注意願います!)

【2010/07/18 17:38】 | 音楽を語る | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
MTR来た~!早速MusicTrackにデビューしますた。
念願のMTR(マルチトラックレコーダー)を購入し、今日納品されました。
買ったのはZOOM製のR16で結構いい感じです。(ZOOM R16の詳細はこちら↓)

http://www.zoom.co.jp/japanese/products/r16/

これで録音機材もそろい、音楽機材はコンプリートになりました^^。
あとは音楽作品を作るだけ・・・そして、できれば公開・・・

この公開できるサイトをポカポカさんのブログで教えていただき(結構前ですが)
早速上げてみました↓

http://musictrack.jp/musics/23386

曲はクラシックです。
J.S.バッハ作曲「人の望みの喜びよ」のパイプオルガン大聖堂!バージョンです。(笑)
かなり空間にこだわり(大聖堂で鳴ってるイメージを追求)、四苦八苦して作りました^^;
お聴きくだされば幸いです。

それと結構音量大きいので、注意してくださいませ。
【2010/07/08 20:25】 | DTM日記 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
フォークソングはいかが?


この映像、大爆笑しました・・・笑いすぎて腹が痛い^^;

フォークソング・・・私、あまり知りません・・・それでも私が小学生の頃、家に「かぐや姫」のレコードがあって、当時結構聴きこんだせいか、この映像で、流れてる曲は全部知っていました。
また青春時代は、まったくフォークを聴かなかったものの、40歳過ぎてから、客先の方と「接待バンド」^^;でジャズ・フォーク&ブルースバンドを2年ほどやったおかげで、今まで知らなかった「吉田拓郎」「バンバン」「ばんばひろふみ」「フォーククルセイダーズ」などは覚えました。(無理やりやらされたと言うべきか^^;)

でもフォークって、ユーモアあり~の、シリアスあり~ので大変面白いと思いましたね。
それと坂崎さん、面白すぎる!!アルフィーじゃなくてもこれで飯食っていけますね!(笑)

この映像の続きもあります↓

http://www.youtube.com/watch?v=YyGPx6TOfkE&feature=related
【2010/07/07 23:30】 | YouTube | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
松岡直也グループ「夏の旅」


私の夏の定番ソングです。
人間長い間生きていると、「ズキッ!」とくる名曲にいくつか出会うんですが、私の場合そのひとつがこれでした。松岡直也さんといえばラテン&フュージョンですが、この曲はハードロックぽく仕上がっていて、さらにラテン独特の哀愁が漂っており、聴いてすぐ好きになりました。
また今年もこの曲を聴きながら夏を過ごしたいと思います。

またこの映像を見て感想をひとつふたつ・・・

①松岡直也さん・・・この映像を見て、すぐにピンときたのは、松岡さんはピアノ独学じゃないかと思いました。
ピアノ習った人と言うのは指、手首、ひじを非常に柔らかく流れるように使うのですが、松岡さんは手首をほぼ固定しています。これはピアノ独学の私もそうなんですが、ポピュラーソングのようなコードバッキングをたくさん練習すると手首を固定していたほうが安定するんですよね~・・・わかります。
NETで松岡さんの履歴を調べてみたところ、やはりピアノ独学でした。
しかしピアノ独学で一流のミュージシャンと言うのもすごいですね。見習いたいです。

②ギター弾いてるお兄ちゃん・・・服装といい、髪型といい、あなたメタルでしょ!^^;
メタルじゃないにしてもロックは間違いないですね。それがこんなラテン&フュージョンにいることに、ものすごく違和感を感じました。それにしても、ギターうまいわ!!しばらくは松岡グループにとどまってくれることを期待します^^;

③ドラム叩いてる兄ちゃん・・・推測です・・・でも多分当たってると思います。この人ドラム暦が長くないと思います・・・多分、大学生時代ぐらいからはじめた感じ??
感覚的な話で申し訳ないんですが、なんかこうしっくりしない感じ・・・いや、リズムは正確だし、メリハリもあるんですが。なんか経験不足のような感じがして・・・
この感覚を説明するのが難しいです・・・ごめんなさい^^;
【2010/07/03 00:16】 | YouTube | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |