生まれて初めての手術。
アキレス腱が切れてしまい、生まれて初めて手術を受けたんですが、せっかくなんで
その記念に、手術当日の出来事を綴ってみたいと思います。

手術当日8月17日(火)

AM:700~
前日から入院していたんですが、結構ぐっすり眠ることができました。
AM7:00に看護士さんに起こされ、頭もぼけた状態でしたが、点滴を打たれました。
点滴は約2時間ほどかかったんですが、ベッドから離れられないのがつらかったです。

AM:9:15~
いよいよ手術前の準備。手術着(浴衣みたいな感じ)と紙パンツを渡され着替えるように言われました。
また手術前に医師の指示により浣腸される場合があるらしいですが、これは何とか免れました^^;
まずはひとつ山場をクリアーしました。(笑)

AM:9:30~
車椅子に乗って手術室へ移動。松葉杖と違って車椅子は楽ちんでした。
手術室の前で嫁さんとお別れ・・・この辺から心臓がバクバク言い出しました・・・
手術室に入ったと思ったら玄関のような場所でアレッ?って一瞬思いました。
その玄関のような場所で手術帽をかぶせられ、車つきベッドへ乗せられさらに奥へ進むと
廊下があって、その廊下を挟んで手術室が左右にいくつもありました。
その一番奥の突き当たりの手術室へ運び込まれました。

AM:9:45ぐらい~
車つきベッドから手術台へ乗せられ仰向けに寝かされました。
寝かされるとすぐに、看護士さん数名が、私の体に次々と計測器具を取り付けていきました。
血圧計、心拍数はかる装置・・・
周りを見ると、もうテレビドラマでしかみたことないような医療器具がたくさん並んでいて
ビビリました。私の顔が引きつるのが自分でわかりましたから^^;
私があまりに緊張していたのがわかったようで、看護士さんが私の緊張を解くように色々
世間話をしてくれました。

AM10:00ぐらい~
麻酔医さんが到着・・・ついにこの時が来てしまった!こうなるともうまな板の上の鯉と同じで
どうしようもありません。麻酔医さんがポツリと「じゃ、麻酔しますね!」
(下半身麻酔・・・腰から下だけが麻酔状態になるらしい)
看護士さんに横向けに寝るように言われ、さらに両ひざを両手でかかえ(体育座りの格好で横向けに
寝た状態)背中を丸めて、おへそを見るように支持されました。
背中を丸めると腰の背骨と背骨の間に隙間ができるので、その隙間に注射するらしい・・・
看護士さんが「まずは消毒します!」と腰の辺を広範囲に消毒しました。
それから「針を刺すときは言いますからね。体を楽にして、針が刺さっても背中を引っ込めないように!」
「引っ込めると注射できませんからね」と・・・うう!果たして私に耐えられるのだろうか??とても心配に
なってきました。
そしてついに麻酔医さんが「じゃ~注射します」と言うと同時に数名の看護士さんが私の手足体を押さえつけて
動けないようにしました・・・うげー!これは聞いてないぞ!!
そして腰に注射針が「ブスッ!!」と最初はうわ~痛いっ~!と叫びそうになりましたが、でも思ったほどは痛くなく「これは耐えれそうだ!」と少し安心しました。
注射時間は10秒足らずだったと思いますが、その10秒がこれほど長く感じたことは無かったですね・・・
うう。

麻酔注射が終わった頃、執刀医さんが到着されました。
執刀医さんが到着されると、突然手術室にBGMが流れ出し(J-POPでした)私に「リラックスしてください
ね~」と言うと看護士さんたち「じゃ~あと10分ほどしたら開始します」と指示されました。
そして10分後、私の足をあっちこっち触られて麻酔が効いてることを確認すると、私をうつ伏せにして
頭に毛布をかけ手術が開始されました。

麻酔が良く効いていて、痛みどころか触られている感覚すらなかったです。
手術中は、執刀医さんと看護士さんが終始、雑談されていて、時には執刀医さんの冗談で看護士さんから笑いが
もれるなど、とても手術中という雰囲気は感じられませんでした。
J-POPのBGMと言い、まったく緊張感の無いまま手術は終わりました。

AM12:00~
手術室から、車つきベッドへ病室まで運ばれました。時計を見るとちょうど12時でした。
病室に着くと看護士さんから「麻酔が覚めるまでひたすら安静にしておいてください」と言われました。
もっともこっちは麻酔のため下半身がまったく動かないので安静しかないんですけどね^^;
しかしこの下半身がまったく自分の意思で動かせないということには驚きましたね。
まるで自分の足じゃなかったみたいでした。
また麻酔が効いてる間はおしっこができないので、尿管をつけるか否かの話を看護士さんと執刀医さんで
話をされていましたが、多分大丈夫だろうと、これも免れることができました。ラッキー^^。

PM3:00
ようやく足が麻酔からさめる感覚が・・・長時間正座した後のような、びりびりした感じに変わってきました。
途中では長時間正座直後の「私の足に触らないで!!」的な痺れ感で、憔悴しました。

PM6:00
ようやく麻酔からほぼさめました。
それにしてもタバコが吸いたくて吸いたくてしょうがなかったんですが、ず~っと点滴されていたので結局
その日は吸うことができませんでした。またその日は絶食と言うことで、もー腹が減って腹が減って・・・
水も一滴も飲んでないし・・・
その夜は、ヤニ切れのイライラと絶食の腹ペコでなかなか寝付けませんでした。

ま、大体こんな感じの一日でした。しかしこういう一日は、もう二度と過ごしたくないもんです。
ほんとにほんとに・・・。
スポンサーサイト
【2010/08/21 22:19】 | 凡庸な日々 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
アキレス腱
卓球の練習中、アキレス腱が切れてしまいました。うげ!!
明日から入院して、明後日手術を受けます。その後、何日か入院・・・

また一ヶ月以上、ギプス&松葉杖生活らしいです・・・

すでに松葉杖ついているんですが、トイレに行くのも億劫な生活です。
階段なんか、這って上がってます^^;
あ~なんだか憂鬱です。
【2010/08/15 10:02】 | 凡庸な日々 | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
ラス・バラード


ラス・バラードと聴いてピンときた人は相当のロック通だと思いますね^^;
リッチーが率いていたロックバンド「RAINBOW」(もう今はないです。このバンド)で何曲かこのラス・バラード作曲の曲をやっていました。

なかでも有名なのがこの「Since You Been Gone 」ですが、私はレインボーバージョンしか知らなくて、この年になって初めてオリジナルを聴きました。(他には「I Surrender」もラス・バラード作曲です)

そこで聞いた感想は・・・レインボーバージョンとほぼ同じアレンジじゃん!!
いやいや、レインボーのほうが、ほぼ同じアレンジでやってました^^;
「リッチーも、もうちょっと、ひねれよ~」と、ちょびっと思いましたね。

でも、オリジナルが聴けて人生の懸案事項がひとつ解決されたようで、少しうれしくなりました。

ちなみにレインボーバージョンも上げておきます↓

【2010/08/08 21:01】 | ロック昔の昔 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
卓球・・・男子ワールドクラスからカット型選手が絶滅した訳。
2000年の世界卓球選手権の映像からです。↓



当時、カット型の選手では世界ナンバー1と言われた日本が誇る超人カットマン「松下浩二」さんなんですが、映像を見てもらうとわかりますが、相手の選手はカット玉を、難なく強打で返していて、松下さんの超人的な予測感覚と脚力でなんとか勝っていますがこんな良いコンデションが長く続くはずがありません。
カットマンは動きが激しく運動量も半端じゃないですから、攻撃型の選手に比べてひざや腰に過大な負荷もかかるし、また疲労も相当だと予想されます。

案の定、次の試合、当時世界チャンピオンだった中国の孔令輝選手にフルボッコにされました。↓
疲労のせいか、松下選手の動きにキレはないですし、またこれだけ前後左右に揺さぶられて、何発もスマッシュなみのパワードライブ打たれては、どうしようもないですね。
これを見れば、世界でカットマンが通用しなくなったことは一目瞭然です。悲しいことですが・・・。

【2010/08/04 20:59】 | スポーツ名場面 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
カット。


卓球に、はまってるついでに卓球の話題です。
卓球のプレイスタイルには大きく分けて3つ(+1の4つ)あります。

①前陣速攻型
主にアジアで発展したプレイスタイルで、卓球台から離れず、フォアハンド・バックハンドともカウンターヒットとブロック、スマッシュを中心に試合を組みたてるタイプで、現在では卓球界のアイドル福原愛さんなんかはこのタイプです。ちょっと調べてみたんですが、福原愛さんって、現在世界ランカーであることを知りびっくりしました(現在世界ランク10位、今年の5月には自己最高の世界ランク8位になっていたようです)
あの、少し前まで(私の時間経過感覚が鈍いんでしょうが^^;)幼稚園児の泣き虫愛ちゃんが、こんなことになってるなんて、ほんと驚きました^^;

②ドライブ型
主にヨーロッパで発展したプレイスタイルで、卓球台から少し離れて、フォアハンドもバックハンドも強烈なドライブで打ち合うスタイルです。現在でもヨーロッパ選手では数多く見られます。

③オールラウンド型
前陣速攻型とドライブ型を組み合わせたプレイスタイルで、現在は男女とも世界の主流になっています。
世界ランキング100位以内の選手はほぼ9割方、このスタイルです。
ただし男子はドライブ中心、女子は前陣速攻中心という感じです。

④カット型
男子のワールドクラスでは、ほぼ絶滅したスタイル。現在世界ランク100位以内では2,3人しかいません。
カット(ラケットを上から下に振り下ろし、ボールに強烈な下回転をかけて返球する打ち方)されたボールは普通にミートするとネットに引っかかりやすい性質があり、従来はカットボールを強打することは難しいと考えられていましたが、現在ではネットすれすれの低い弾道のカットボールでも強打で返球する技術が確立し、男子では、ほぼ打ち抜かれるため、よほどの天才的予測感覚や脚力がないと世界では通用しなくなりました。
しかし一方、女子では男子に比べてボールスピードが緩やかなので、まだ世界でも通用するようで、ワールドクラスにもかなりの数の選手がいるようです。

というわけで、この動画は中国選手(青のユニフォーム、二人ともオールラウンド型)と韓国選手(ピンクのユニフォーム、二人ともカット型)なんですが、カット型と言うのは勝ちにくい戦法であるし、あまりプレイするメリットがないと思えるんですが、しかしとにかく見ていて楽しい!
卓球の醍醐味と言うのはこういうことなんだな~と思いました。勝つことと、見て楽しいことは必ずしも一致しません。なんででしょうね~??(笑)
【2010/08/03 22:45】 | スポーツ名場面 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
ダイエット。
ついにダイエットに取り組む決心をしました。
今の生活は、「酒びたり」「ヘビースモーカー」「運動ゼロ」・・・
こんな生活を20年以上も続けてきたので、体重が20代の頃より14kほど増えました。
おかげで、おなかは出っ張ってるし、ひざ・腰に負担がかかってひざ痛、腰痛・・・
さすがにこのままじゃまずいだろう思い、ダイエットすることにしました。
しかし、単に走りこみしても、筋トレしても長く続かないと思い、スポーツをすることにしました。
そこで私が選んだのが卓球です。卓球って意外とハードなスポーツなんですよね~。

実は私、高校時代、卓球をやっていて、結局インターハイには出場できませんでしたが、それでも
県代表として2回ほど九州大会に出場しました。

まーそれはいいとして、卓球をすることにより、その持久力の必要性から禁煙もできればいいな~
とか思っています。(ダイエットできて、禁煙もできればこんないいことないんですけどね^^;)
目標は一年後に体重を10k落とすことです。ぜひ実現したいと思っています。

それと卓球って、「せこい」とか「暗い」と言うイメージが一般的に浸透していますが、実際は
「台上のボクシング」と言われるようにボールの激しい打ち合いになった様は、ボクシングの
ノーガードでの殴りあいに似た、「男の闘争本能」を刺激するスポーツだと私は思っています。
したの映像をご覧になればわかりますが、男ならきっと「かーっ!」とくると思いますね^^;

卓球スーパーラリー集映像↓

http://www.youtube.com/watch?v=Jeylj8ksRVw
【2010/08/02 21:27】 | 凡庸な日々 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム |