脱ギプス。
アキレス腱断裂の手術から6週間!ようやく今日ギプスが外れました!!
なんという開放感!痒いところがすぐにかけて大変うれしいです^^。

外れたらすぐに歩けるような気がしてたんですが、やはり普通には歩けませんでした^^;
(医者にはすぐには歩けませんと言われていたんですが、なぜか歩けるような気がしてました^^;)
アキレス腱が凝り固まってるので、足首があまり自由に動かせず、ビッコ引いた状態です。
とにかくアキレス腱のストレッチを繰り返し、筋肉をやわらかくしていくしか方法が
ないようです。
来週から週2回のリハビリメニューが組まれたんですが、行くのがめんどくさい・・・
しかし、しょうがないので気長にやります。
スポンサーサイト
【2010/09/30 17:37】 | 凡庸な日々 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
軍隊行進曲・・・シューベルト
最近CMでよく流れてるこの曲・・・ハ○スの「キーマ○レー」のCM・・・
これで使われているのはシューベルト作曲の「軍隊行進曲」なんです。
この曲、私、大好きで結構聴きこみました。
ショパンのような繊細さもなく、ベートベンのような熱っぽさも無いですが、とにかくリズミカルで
力強くて、乗ってしまいます。名曲です。ハイ。
シューベルトは作曲家個人の個性をあまり感じさせないんですが、曲名から連想される情景にはピッタリ
はまってくるんですよね~。まったく不思議な作曲家です。

CMバージョン↓(またすぐに削除されるかもしれませんが・・・上げときます)



本来のピアノ4手連弾バージョン↓

【2010/09/27 20:23】 | CMは名曲の宝庫 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
尖閣諸島問題
私、ブログには政治的な問題を上げない性質なんですが、あまりに情けない結末だったので
上げてみます。

この問題、船長を早期に釈放して中国に帰したことは良いと思います。
これ以上、中国ともめても損を重ねるばかりで、早く決着をつけたことはいいと思います。
それより、国内の景気回復とかやることがいっぱいありますからね・・・

しかし!それにしても、その過程でやっとくべきことが色々あったでしょ!と言いたい。
一方的に中国に言われて、あちらの主張ばかりが我々日本国民の耳に入る。
一方日本の方針とか主張はなんら我々の耳に入ってこない・・・
これは、日本政府が何も考えていなかったということでしょうか??
あるいわ、中国と言う強大な国から脅されて、ビビッてしまったんでしょうか??

最終的に中国と和解し、尖閣諸島問題も元の状態(どちらも我が領土であることの主張を変えずとも、
そこは双方ともが両国のデリケートな問題であることを認識し、先送りにしていた元の状態)に戻す
方策を瞬時に考えられる政治家、そしてそれを中国と話し合い説得する外交官は日本にいないんです
かね??

あまりに情けないんで、愚痴を書いてしまいました。
しかし今のままじゃ中国の一方的な要求を認めたことになるので、後だしですが、なんらかの日本の
主張を中国に通さないと、結局日本の損だけが残りますよ。
そしてその損を日本国民に負わせないでくださいね。政治家の皆さん。

それにしても中国の対応は「や○ざ」といっしょですね。
こういう国と今後つるんでいくのは色々と問題がありそうです。ちょっと考えないといけない気がしますね。
ほんとにほんとに。

【2010/09/25 17:06】 | 凡庸な日々 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
営業電話。
今日、昼過ぎにY社からのインターネットプロバイダーを変えませんか?の営業の電話がありました。
Y社からは半年に一回くらいのペースで営業電話があります。
もう何年も前から続いているんですが、最近は相手するのがめんどくさくて、「我が家は
インターネットをしていません!」と嘘八百の返答で即切していたんですが、今日の電話は
結構変わった電話でした。以下電話内容のやり取りを書いてみます。

相手の営業レディー(以下R):「Y様(私の本名)のお宅でしょうか?」
私:「はい、そうです」
R:「はい、私はY社のものですが、Y様がお使いのインターネットの件で少しお話が・・・」
私:「はい??何のことですか?」
R:「娘様にお聴きしたのですが、Y様はN社のフレッ○をご利用ですね?」

・・・私の心の中・・・娘って私の娘は保育園児だからそんなこと言うわけもないし、嫁と間違ってるのか??
でも嫁も最近は「インターネットはやっていません」の一点張りで返事しているから、そんなこと
相手のRにわかる分けない・・・こりゃ「カマ」かけてきたかな??

この後どういう話になるのか興味あったので話を続けてみました・・・
私:「はい、そうです。N社を使っています。」
R:「はい!この電話は営業の電話ではなく、プロバイダー変更のお誘いではありませんので、
ご安心ください!」

・・・私の心の中・・・ここでおもわず噴出しました^^;どう考えたって営業の電話でしょ!(笑)
それに「ご安心ください」って何を安心すんねん!!(笑)

さらに・・・

R:「Y様がお使いのN社と当社のインターネット料金の差をサービスでお知らせいたします

・・・私の心の中・・・営業の電話じゃないと言っときながら、その舌の根も乾かないうちに金の話かい^^;

R:「計算をいたしますのでしばらくお待ちください!」と言うと失礼にもピーヒャラと保留音が。

保留音中、めんどくさくなって電話を切りました。
電話を切った後、すぐにまたかかってきましたが、受話器を上げて下ろしての着信拒否をしたので
この日はもう二度とかかってきませんでした。

それにしても、何と言うか、姑息な手段を使った営業電話のY社には、がっかりしましたね。
こういう営業電話って、多分マニュアルがあって、その通り電話してきてると思うのですが
あまりにひどい内容だと思いますね。
特に、言葉の最初に「はい!~~」と自信たっぷりに「はい」をつけるのは、やめてほしい^^;
こういう低レベルのマニュアル作ってるY社は、まったく信用できないと思いました。

もう二度と電話が来ないことを祈ります。ほんとにほんとに。




【2010/09/23 22:49】 | 凡庸な日々 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
ダイナミズム。
卓球のベストプレー動画なんですが、男性の卓球と、女性の卓球とはあきらかに性質がちがいます。
女子卓球は、台から離れず、ピッチ勝負(スピード勝負)という感じですが、男子卓球は台から
離れて全力ドライブの打ち合いとなることが多いようです。
女性は内に、男は外に・・・と、普段の社会生活みたいですね^^;(何のこっちゃ^^;)
とにかく男子の卓球は、女子のそれと比べて見ていて数倍楽しいです。
絶対取れないようなボールも拾って打ち返すんですからすごい反射神経です。
この辺のレベルになれば、もう人の域を超えてますね。



それにしても、この動画は中国選手が少ないですね。なんででしょうね??
【2010/09/20 21:57】 | スポーツ名場面 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
カスミン。


カスミンこと石川佳純さんですが、日本卓球界のブライティストホープです。
彼女と福原さんが今後の日本卓球界を背負っていくことは間違いありません。
それと二人とも小さいときから天才卓球少女と呼ばれていましたが、さらに
石川さんの下に天才卓球少女と呼ばれているプレイヤーが二人。
前田美優さん(14歳)、平野美宇ちゃん(10歳)と続々と天才が日本に
現れています。これはほんと今後の日本卓球界が楽しみになってきました。
ひょっしたら世界を取れる日が来るのかもと言う予感が・・・

それとこの映像のリポーターの元テニスプレイヤーの松岡修造さん、けっこう
ずけずけ言ってますね!乙女の部屋を「ほんと、汚ったないね!!」って、いいのかー!
こんな発言を全国NETでー!(笑)

それと補足です。この映像は2009年の春~夏ぐらいのはずで、石川さんは当時世界ランク99位
でしたが2010年ちょうど一年経った現在は32位まで上げてきています。
このまま順調に行ったら来年の今頃はTOP10入りしてるかもしれませんね。
ほんと楽しみです。

参考、世界ランキング表↓

http://www.tibhar.jp/wr.htm
【2010/09/18 21:25】 | スポーツ名場面 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
スポーツ。対韓国戦色々。
私はスポーツが大好きで、テレビでも色々見るんですが、特に韓国戦となると凄く興奮するのは
なんででしょうね~??^^;
多分隣国であることと、スポーツの技量が日本と似通っていて、どちらが勝つのかわからないという
こともあるんだと思います。
(戦時中の色々な感情的なこともあるのかもしれませんが、ここではそれを述べません。趣旨と違うので)

そこで私が知ってる日本VS韓国の名勝負をいくつか紹介します。

その1・・・1997年サッカーワールドカップ最終予選

この試合は、忘れられないほど覚えています。
前半、山口選手の芸術的なループシュートで先制すると、以後もうまく試合を支配して絶対勝ったと思った
んですが後半の終わりごろ、勝ちを意識した日本選手が守備に偏ってしまい、韓国の怒涛の攻撃を受けて2失点
まさかの敗戦でした。しかしあれだけ守備に偏って、後から後ろから韓国の選手が飛び出してきては
私もさすがに「これは、いつかやられる!」と思いましたね。
この試合の結果、加茂監督は更迭・・・岡田コーチが監督に昇格となったんだと記憶していますが、これがきっかけ
で岡田JAPANが誕生したんだと思うと、ある意味・・・今年のワールドカップの結果といいよかったんじゃないかとも
思えますね。どこでどう運命が変わるか・・・ほんと不思議なことです。



その2・・・2008年世界卓球グループリーグ

日の丸を背負うこと・・・これを本当に意識させられた試合でした。
メダルへ一歩手前の、大一番、韓国戦・・・しかも5試合勝負で2対2で迎えた最終勝負フルセット・・・
日本はエースの福原愛さん・・・
先にマッチポイントを握られるも執念の逆転勝利!しびれました!
試合自体はラリーも続かないし、面白くない試合の部類に入りますが、福原さんの顔が鬼みたいに
なってます。最終番ではガッツポーズを相手に誇示し、「どうしても勝つんだ!」の気合が十分に感じ
られました。それにしても20才前後で日の丸を背負ってプレーすることの重圧は大変だと思いましたね。
ご苦労様でした^^。



その3・・・2009年ワールドベースボールクラシック

この試合は、出張で某電力会社さんへ行ったときに、そこの昼休みの食堂で見ました。
ちょうどお昼時間時に、延長戦をやっていて、電力会社社員さんも、私らのような工事会社の人も、食堂に
集結して、100人近くの人がテレビ一台を囲んで応援していました。
そして、イチロー選手の勝ち越し打!その時はもう食堂は拍手の嵐でしたね。^^。
それにしてもイチロー選手の勝負強さには鳥肌がたちました。



その4・・・バンクーバーオリンピック フィギアスケート(映像は日本開催のどこか??)

キム・ヨナ選手と浅田真央選手との一騎打ちでしたが結局キム・ヨナ選手が歴代最高点で勝ちました。
私は当然、浅田真央選手の応援をしたわけですが、先に滑ったキム・ヨナ選手の完璧な滑りに見とれて
しまいました。そしてすぐに「やられた!!」と思いましたね。
その後の浅田真央さんの滑りは転倒もありーので、私の目から見てもキム・ヨナ選手の勝ちとわかりました。
浅田真央さんは、ちょっと緊張しすぎましたかね~??
しかし彼女にはこれで次のオリンピックという明確な目標ができ、さらに精進することと思います。
次のソチオリンピックがほんと楽しみです。

【2010/09/15 22:50】 | スポーツ名場面 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
升田式石田流
貴重な映像見つけました。
升田式石田流を升田氏本人が解説してます!!
初めて升田さんの肉声を聞けてよかったです。
またこの解説では石田流の序盤の定跡(今では常識に近いですが)も紹介されていて
初心者~中級車の方には大変勉強になる映像だと思いますよ。

それと、駒を動かす役の女流棋士、中瀬奈津子さん・・・知らないな~と思っていたら
藤森奈津子さんじゃないですか!独身の頃なわけですね。びっくりしました!



続きは↓です。

その2



その3



その4

【2010/09/13 19:20】 | 将棋論考 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
大山名人解説の将棋
ひっっっっさし!ぶりの将棋ネタです^^;
NHK杯の古い将棋なわけですが、大山名人が解説してる将棋も珍しいと思い上げてみます。↓



それにしても、さすがは大山さん、手が見えてますね~。1分35秒頃の一連の読み筋は感心しました。
さらに驚いたのが、3分45秒頃の△86桂馬から△87香車までの一連の筋・・・
なんでこんなに見えるのか・・・ちょっと鳥肌立ちましたね。

勉強になりました。

また加藤一二三さん、若い!!肌がぷりぷりしてるんですが・・・(笑)
【2010/09/10 21:52】 | 将棋論考 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
アキレス腱断裂その後
アキレス腱断裂の手術から約三週間経ちました。
色々NETで調べてみると、手術後4~6週間でギプスが取れるということで、昨日病院の先生に
ギプスが取れるタイミングを聞いてみたところ、「あと三週間後、9/30日に外しましょう」とのこと
・・・来週には外れるかもと期待していたのですが、見事に期待を外されました^^;
術後の経過は順調と言うことなので、多分、慎重なタイプの先生なんでしょうね~。
がっかりしましたが、ギプス外した後の再断裂のリスクは減るようなので我慢するしかないですね。
こうなりゃ、とことん、じっくり直すことにします。

それと生まれて初めて足にギプスと松葉杖で思ったことを少し・・・

①松葉杖をついていて、歩くときに怪我した足と健康な足とどちらを先に踏み出すか・・・
 昨日まで、健康な足のほうを最初に踏み出していたんですが、病院のリハビリの先生に、「怪我した足から
 踏み出したほうが歩きやすいですよ」と言われてびっくり、言われたとおりにしてみると確かに楽に歩ける!
 まったく目からうろこでした^^;

②ギプスを巻いた足がかゆいときは、よく「ものさし(定規)」をギプスの中に入れて掻くという話を
 聞きますが、やってみたところ、ものさしは、幅が広くて隙間に入りません^^;
 そこで私が考えたのが料理用の菜箸で掻く!!細くて長いので確実に痒いところに届きます!!
 ナイスアイデアだと思っていたら、NETでアキレス腱断裂した人の日記見てたら菜箸使ってる人がいました!
 人間考えることは一緒だな~って思いましたね^^;

③松葉杖・・・家の中でもついてます・・・だって、これがないと、這って移動するしかないですからね。
 しかし外でついた松葉杖を家の中でつくのか??土足で上がられているみたいだと嫁に言われて
 4本足の椅子の足の底にはめるカバーを買ってもらいました。
 元々は椅子の足がフローリングの床を傷めない目的のカバーなんですが、松葉杖の足にはめて家の中を
 闊歩してます^^;ただ滑りやすいのが欠点ですけどね。
【2010/09/09 21:44】 | 凡庸な日々 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
シュテフィ・グラフの答え


1996年のウインブルドン準決勝での対伊達公子戦の一こまです。
テニスってこういう観客からの面白い声援があったりで笑えることがたまにあるので見ていて面白いです。
また面白い答えを返すグラフも相当ですけどね^^;

この試合は実際にテレビでリアルタイムで見ていました。
この準決勝は伊達公子さんとの試合で、最初はグラフの圧倒的な強さで伊達さんを圧倒していたんですが
第二セットからは徐々に伊達さんのペースに変わっていき、第二セットを奪い返しました。
その流れからこれは伊達さんがグラフを破るんじゃないかと期待していたのですが、日没サスペンデッドで
中断になってしまい、翌日再開された試合ではすっかり流れが変わってしまいグラフの勝利となってしまいました。
天の時を得られなかった伊達さんにとっては、残念な試合でしたね。
またこういう流れが悪い試合でも、ひっくり返す天運をもグラフは持ち合わせていたようです。
この試合は、ほんとにウィンブルドンの試合の中でも名勝負だったと私は思っています。
【2010/09/05 20:55】 | スポーツ名場面 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
マッハ・ゴー・ゴー・ゴー


マッハgogogoの歌なんですけどね。
結構好きでした。特にイントロのドラムソロはかっこいいです。
4拍子でも拍の裏にリムショットでアクセントをつける典型的なJAZZドラムソロのパターンです。
こういうビッグバンド風のドラムは、どこかレトロで新鮮味を覚えます。

ところで、このバージョンはオリジナルバージョンではないんです・・・
カバーのようなんですが、オリジナルといわれても納得するような声で、素晴らしい歌声なんですけどね。
オリジナルは「ボーカルショップ」と言うコーラスグループが歌っているんですが、このバージョンでは
高橋元太郎さんと言う方が歌っています。




なんとなく気になって高橋元太郎さんのことを調べてびっくりしました

高橋元太郎さん=ドラマ水戸黄門の「うっかり八兵衛」さんでした。

ええっ!!!人は見かけによりませんね^^;

さらに高橋元太郎さん・・・もともとは俳優じゃなくて歌手だったようです・・・

さらにびっくりしました。ふぇ~~~!!
【2010/09/02 20:32】 | 音楽を語る | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |