スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ブルースピアノへの道その2・・・右手でカウンターを入れる
ブルースピアノへの道 その2です。

前回は左手のベースラインを弾き、左手を鍛えました。
今回は同じ曲、同じベースラインに右手でのカウンターリズムの導入にチャレンジしてみました。
ただし、初歩的なカウンターリズムなので劇的に曲が変わったわけじゃないですが、まずはカウンター道の第一歩という位置づけとご理解ください。^^;

カウンターリズムと言うのはいわゆる裏拍にアクセントを持ってくる技術でブルースの基本となっています。
一般に音楽はリズム・メロディー・ハーモニーの3要素がありますが、ブルースで言えば「メロディー=ブルーススケール」「ハーモニー=セブンスコード」そして「リズム=カウンターリズム」と言うことになります。

で、今回はカウンターリズムの初歩と言うことで、小節の一拍目と二拍目三連の最後にコードを打ってアクセントをつけました。
左手は前回と同様に1・3・5・3度を二回づつ三連の中抜きリズム(シャッフルリズム)で打ち鳴らしています。

A-Blues2.jpg


この譜面を演奏してみた結果・・・
右手のアクセントの位置が左手のベースラインと相性が悪く、二拍目の三連の裏にアクセントを入れようと思うと左手のベースラインがぐちゃぐちゃになってしまう!!
かと言って左手に神経を尖らしてベースラインをキープしようすると右手のカウンターを入れるタイミングに反応できない!!

これ、私が昔、ドラムを始めた頃とまったく同じ事象でしたね。
右手と左手のコンビネーションの伝達が脳にうまく伝わっていない典型的な事象です。
(ドラム経験してても、勝手が違ってすごく難しいです。ピアノ持ってる方はぜひ一度お試しください・・・本当に手が言うことを効きませんから^^;)

こういうときの対策はひとつ・・・テンポを超スローにして、体が覚えるまでやるしかありません。
当然最初はうまく行かないので「あ~っ!」とか「も~!」とか奇声を発したり、言うことを効かない両手をピシピシ叩いたりするんですが、そのうちできるようになるんですよね~・・・これが!

悪戦苦闘した結果が↓です。カウンターリズム恐るべし!だと思いましたね。
次回はもう少し高度なカウンターリズムについて書いてみます。

http://blog-imgs-71.fc2.com/e/o/s/eostk/voon_A-Blues2_20110930181604.mp3
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2011/09/30 19:08】 | ブルースピアノへの道 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
Stevie Ray Vaughan
Stevie Ray Vaughanですけどね・・・人生初のCDを買いました。
「Texas Flood」と言うアルバムです。
アマゾンで991円でした。安っ!!(ただし輸入盤)
こんなことなら、もっと早くいっぱい買っとけば良かった^^;

SRV TF

この「Stevie Ray Vaughan」はマジェさんとバンドやるまでは名前すら知りませんでした^^;
またひとつ新しい音楽を知ることが出来て感激してます^^。

さて、このアルバム車に積んで出勤途中に聴いてるんですが、かなり聴きこんだ結果、ギターの音色がマジェさんの音とダブルことがあって、マジェさんはよく研究してるな~と思いましたね。

特に「ジャカジャ~ン」とかカッティングの音がすごく似てると思いました。
ただソロの時の音は違う音色ですね。
マジェさんのソロの音はかなり80年代が入ってる太目の単音なんですが、このStevie Ray Vaughanは、ギターの音色が2種類聴こえるような気がするんですよ。
シンセで言えば2種類の音をMIXしたレイヤーサウンドと言われるような性格の違う音が同時に聴こえます。
ひとつはマイルドトーンのほんと甘目のひずみ音色と、もうひとつは「チュイーン」と言うような、まるで刃物でピッキングしてるようなエッジの効いた鋭い音・・・この二つが同時に弾かれているような印象を受けましたね。
シンセなら私もどんな音でも大体、どの辺をどう触ればどういう音になると言うのは自信あるんですが、ギターの音色だけは特定の音に近づけるのは難しそうです。

この辺、ギタリストの皆さんは大変ですな~(笑)



テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

【2011/09/29 21:26】 | 音楽を語る | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
原発トラブルについて・・・その14
久しぶりに原発トラブルについて書いて見ます。

現在の注目は原発の再起動か停止なのかと言う問題が結構マスコミでも上がってますね。
原発が定検に入り停止した後、なかなか再起動できない状況になっています。
浜岡原発なんかは菅元首相の提案(命令??)で3基全て止まっていて、さらに牧之原市議会が「安全が担保されない限り永久停止すべきだ」と決議したということなんですが・・・(浜岡は5基あるんですが1・2号機はもう廃炉が決定済み)

この記事見て「あれっ!」って思いましたね。
現在、浜岡原発は

全て停止しているので「安全・安心」なんだと勘違いしてる

んじゃないかと、ふと思いました。(他の停止している発電所もまったく同じ)

原発は停止していれば「安全・安心」と思うのは・・・

大きな間違いです!

どういうことかと言うと、原発は運転(発電)を止めてもウラン燃料は相変わらず発電所内にあり、相変わらず崩壊熱を出してるんですよ。

運転を停止した原発の燃料は原子炉容器から取り出されて使用済み燃料プールに移動されるんですが、使用済み燃料プールの冷却装置だけは原発は止まってるのに動いてるんです。(使用済み燃料プールの冷却装置を止めるとプール内で燃料がメルトダウンしてしまうため)

福島の事故を思い出してください。1~3号機は運転中でしたが4号機は停止中でした。
にもかかわらず4号機も大惨事を引き起こしています。

すなわち浜岡で福島とまったく同じ地震が起きて、津波が起きて、全電源を喪失して、非常用電源の立ち上げにも失敗したならば・・・
福島と同じことが起きますね・・・運転を止めてるのに・・・

なので「安全・安心」を確保したいならば、

速やかに燃料を他の場所に移すべきですね。

ここまでやらないと原発を止めてる意味がないです。

燃料を移さないのなら、速やかに再稼動したほうがましですね^^;そのほうがよっぽど日本に貢献してます。

でもね・・・

燃料を移動する場所が日本にはないんですよね。

これが・・・
青森県六ヶ所村の再処理工場が、その目的である施設なんですが未だに運転していません。
使用済み燃料は各発電所に、とりあえず冷却を続けながら保管するしかありません。今のところ。

今回は少しブラックな話でした。

テーマ:原発事故 - ジャンル:ニュース

【2011/09/27 16:26】 | 凡庸な日々 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
出羽桜のうまさに唖然!
ゴルッテリアさんからバーボンネタのコメントを頂き、そういえば最近音楽ネタしか書いてなかったな~と思い、酒ネタを書きます。
で、テーマは日本酒・・・私、好きなんですよ。日本酒が・・・
好きになったきっかけは私が26歳前後の頃、約2年ほど新潟に長期出張に行った時、そこで日本酒が好きになりました。新潟といえば日本屈指の銘酒の産地で「八海山」「〆張鶴」「久保田」などの、ものすごくうまい日本酒の産地であり、この時期に日本酒の本当の「うまさ」を覚えました。
(「越の寒梅」なんかもあるんですが、これは値段が高すぎて手が出なかった^^;)

で、話は変わってその後、新潟の出張が終わった後、一転、福岡の黒崎に出張に行った時に会社の先輩と晩飯を食いに、とある焼き鳥屋に入ったんですが、そこには日本各地の銘酒がおいてある店で新潟の酒もたくさん置いてありました。「八海山」「久保田」なんかを次々に注文して、先輩にも「これうまいでしょ!」なんて新潟の酒の解説を先輩にぶって悦に浸っていたんですが、二人とも酔い始めたときに先輩が「山形の出羽桜って酒、知ってるか??」と突然振ってきて、「知りません」と答えると、「じゃー呑んでみ!」と一言。
そして呑んでみたんですが・・・
今まで呑んでいた酒とまったくカテゴリーが違う酒で、そのあまりのうまさに絶句しました。↓
(山形県天童市の銘酒)



新潟の酒は「辛口」でドライな口当たりでサラッとしていて、後味が残らないのが特徴なんですが、この「出羽桜」は「甘口」で甘みがあって後味を引くんですが、その爽やかさが半端じゃない!!
あまりのうまさにその後4杯ほどお替りして、呑みすぎでダウンしました^^;
(なんだかんだで一人一升近く呑んだだろうと思います)

日本酒ファンでこの「出羽桜」を呑んだことがない方は一度、試してみることを推奨しますね。
本当にうまい酒です。ハイ!

テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

【2011/09/26 18:23】 | 酒に呑まれるもよし | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
ブルースピアノへの道その1・・・左手を鍛える!
ブルースピアノについて・・・ちょっとシリーズでやってみたいと思っています。

私は今までブルースなんて聴かなかったし、聴かないから当然ブルースピアノなんて弾く気もなかったんですが、今やっているバンドではブルースをたくさん取り上げており、さすがに弾けないとまずくなってきました^^;
とりあえずは右手でブルースらしいコードとペンタトニックでごまかしている感じなんですが、これを機会に本格的にブルースピアノを練習してみることにしました。

本格的なブルースピアノの構造の基本は右手でコードや合いの手、メロディーを弾き、左手でベースラインを弾いていくんですが、私の場合左手がおろそかで、ベースラインが弾けないんですよ・・・ここがごまかしている所なんですが、とりあえずここを徹底的に鍛えていこうと思っています。

で、なんか良い教材ないかな~とYouTubeで探してみたらありました!
BBKingの「Rock Me Baby」と言う曲で、テンポも速すぎず遅すぎず、それほど難しくもなく、さらに練習しがいのありそうなシャッフルリズム・・・
シャッフルはエイトビートのように惰性で弾いてしまうことができない、一音一音に神経を使わないと弾けない私にぴったりの練習曲でした。↓



これに典型的なベースラインの下のような譜面のピアノを合わせていきます。↓



キーはA(実際の出音はB♭・・・トランスポーズでAにしています)でA/D/Eの典型的なスリーコードブルースでベースラインがシャッフルリズムで1・3・5・3度と弾き、右手は4和音のコード一発だけを小節の頭に入れます。(とりあえず左手を鍛える練習なのでこれで十分です)

で、とりあえず今日の朝から、飽きもせず延々と何コーラス弾いただろう??気が遠くなるほど弾いた結果が↓
です。左手のリズムが若干甘いですが、もう左手の筋肉がパンパンで今日はギブアップです^^;

http://blog-imgs-71.fc2.com/e/o/s/eostk/voon_A-Blues_20110924151353.mp3

次回は同じ曲に同じ左手のベースラインを弾きながら右手でカウンターリズム入れたり色々やってみたいと思います。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2011/09/24 15:51】 | ブルースピアノへの道 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
イントロクイズ答え
前回記事、イントロクイズの答えです。
その前に、よしろさん、たむ~さん、killerfさん、リッチーエリックボーンさん、ヘタリカさん、コメント&回答ありがとうございました。

でわ、早速答えです。

1.LED ZEPPELIN「Good Times Bad Times」
2.OZZY OSBOURNE「Bark at the Moon」
3.ALCATRAZZ「Jet To Jet」
4.UFO「Only You Can Rock Me」
5.RAINBOW「Deth Alley Driver」
6.NIGHT RANGER「Don't Tell Me You Love Me」
7.IRON MAIDEN「Running Free」
8.KISS「Detroit Rock City」
9.MSG「Are You Ready To Rock」
10.BLACK SABBATH「Paranoid」

でした~。皆様結構苦戦されたようですが、全問正解者が一人・・・

それは「たむ~さん」でした!たむ~さんには洋楽ロックイントロ王の称号を差し上げたいと思います^^。

しかし、この問題は私好みで作ったものであり、当然皆様方とは趣味が違うわけでして、私の好みの音楽を全て看破されて少し驚いています。たむ~さんの知識と耳のよさに驚かされました。
本当に素晴らしいです。

最後に正解率が低かった問題7,8,9,10のYouTube動画を上げておきます↓
またそのうち、イントロクイズをやってみたいと思いますので、お楽しみに~^^。







テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

【2011/09/22 21:09】 | 音楽を語る | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
イントロクイズ
現在夏休み取得中で自由を謳歌しているんですが、ヒマなんでこんなん作ってみました。

洋楽ロックイントロクイズ!!

全10曲、1960年代後半~1980年代の有名どころばかりで作ってみました。
皆さんはどれくらい答えられますでしょうか??
お暇な方は、一度お試しを。
また回答も受け付けています。コメントで回答を記入いただければ幸いです。


ただし回答のコメントは・・・

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れてコメントしてください。

自分の答えを書く前にすでに答えが書いてあったら興冷めなので・・・よろしくお願いします。

では問題です。

第1問・・・サービス問題です。さすがにこれは誰でも知ってることでしょう。
1970年代に活躍したスーパーグループのデビューアルバムのオープニング曲です。↓

http://blog-imgs-34.fc2.com/e/o/s/eostk/int01.mp3

第2問・・・これも簡単です。ギタリストは日系人でした。↓

http://blog-imgs-34.fc2.com/e/o/s/eostk/int02.mp3

第3問・・・リーゼント頭のハードロックボーカリストと言えば、この人↓

http://blog-imgs-34.fc2.com/e/o/s/eostk/int03.mp3

第4問・・・フライングVがトレードマークのギタリストと言えば↓

http://blog-imgs-34.fc2.com/e/o/s/eostk/int04.mp3

第5問・・・超有名なバンドなんですが、この曲は意外と盲点かも・・・↓

http://blog-imgs-34.fc2.com/e/o/s/eostk/int05.mp3

第6問・・・この辺から曲の再生時間が短くなってきますが、これは大丈夫ですよね^^。↓

http://blog-imgs-34.fc2.com/e/o/s/eostk/int06.mp3

第7問・・・この特徴的なドラム・・・大好きでした。↓

http://blog-imgs-34.fc2.com/e/o/s/eostk/int07.mp3

第8問・・・ここから3つは超難問です。大体これは曲に入ってないし^^;すんごく有名な曲なんですが、この曲のイントロにこんな音が入ってるんですよね・・・わかった方は素晴らしいです。↓

http://blog-imgs-34.fc2.com/e/o/s/eostk/int08.mp3

第9問・・・超イントロです。ギターのスライド一発だけ!わかりますでしょうか?

http://blog-imgs-34.fc2.com/e/o/s/eostk/int09.mp3

第10問・・・超難問・・・これもギターの音一発だけ・・・こうなるともう想像の世界で思いつくか、ギターの音色から推測するしかないですね。ただし曲は誰でも知っている超有名曲です↓

http://blog-imgs-34.fc2.com/e/o/s/eostk/int10.mp3

皆様はどれくらいわかりましたでしょうか??
全問正解の方にはロックイントロ王の称号を差し上げます(笑)

テーマ:音楽を楽しもう! - ジャンル:音楽

【2011/09/20 12:58】 | 音楽を語る | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
バスドラムのサイズ。
バスドラムなんですけどね。このサイズについて書いてみます。
バスドラム・・・現在では20~22インチサイズが最も普通です(1インチ=約2.5cm)
私が今やってるバンドのバンド小屋においてあるバスドラムは20インチです。
1980年台にはヘビメタが一部流行して、こういうロックバンドはこぞって24インチのツーバスをセッティングしました。
理由は大きいほうが音がでかい!まさに単純な理由なのですが、音量を求められるロックにおいては、しごく自然な成り行きでした。
その中において、ボンゾ(ジョン・ボーナム)とコージーパウエルは、その上を行く26インチのバスドラムを採用していました。
バスドラムは口径が大きいほど音が大きくなるのですが、その反面、ヘッド(皮)のテンションを高めにしないと出音が遅れてしまうという事象が起きます。かといってテンションを高めに張ると踏んだ反動が強くなり、ものすごく踏みずらくなるんですよね。
なので26インチを採用していたボンゾもコージーも超人と言われているわけですが、1984年ごろアンヴィルと言うバンドのドラマーが、さらにその上を行く28インチバスドラムを採用して有名になりました。↓



その後、一時期モトリークルーのトミー・リーも28インチを採用していましたが、すぐに26インチに戻しました。
よっぽど踏みずらかったんだと思いますね。^^;

もうひとつ、1980年代前半当時、確かカナダ?のロックバンド「ロマンチックス」と言うバンドも大口径バスドラムを使っていたのを思い出します。↓



ハードロックでもなくヘビメタでもないシンプルなロックンロール&ビートバンドだった言う印象なんですが、やたらバスドラがでかくて(サイズは不明)タムをバスドラムの上から外してセットしてるんですよね~。
これだけ大きければバスドラの上にタムを乗せると手が届かなくて立って叩かないといけません^^;(あるいわ極端に地面に対して角度をつけないとだめですね)
それと奏法も左手でハイハット叩いてるし、ドラムだけで私の印象に残ってしまった不思議なバンドでした。

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

【2011/09/18 19:29】 | 音楽を語る | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
HIDEKI感激!
西城秀樹さんですけどね・・・ハードロック好きなんですね~。
しかもレインボー取り上げてる人はあまり知らないです。
また西城さんはローリングストーンズの曲もよくカバーしてますね。
本人はきっとイギリスに生まれたかったでしょうな~^^。

レインボーの「ロスト・イン・ハリウッド」と「アイ・サレンダー」です↓






さらにグラハムボネットのソロ「ナイトゲーム」も歌っています。
びっくりしたな~!^^。

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽

【2011/09/16 14:42】 | 音楽を語る | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
80年代のシンセの音。
シンセサイザー・・・私も色々と関係してるんですが、シンセサイザーが大きく飛躍したのは私的には1980年代だと思っています。この時代はきらびやかな音色が好まれて、ある種シンセ音色の定跡が誕生しました。

現在ではシンセサイザーはPCM音源(サンプリング音源)が主になっていて、リアルなピアノやストリングスなどが非常にレベルの高いリアルな音色になっていて、簡単にアマでもプロクラスの音を作れる時代になったんですが、昔は波形を色々合成して作っていたのでその苦労は想像を絶する作業だったと推測できます。

その苦労の集大成として本文初めに書いたとおり1980年代にある程度、音作りの統一性が生まれました。
シンセの基本的な波形は3つあってサイン波(オルガンなどの元音)スクエア波(矩形波・・木管楽器系の原音)ノコギリ波(ブラスやストリングの元音)この3つを組み合わせたり、同じ波形を重ねたりして音色を作っていくんですが1980年代はこのうちノコギリ波について飛躍した年代でした。

1980年代を代表するノコギリ波系の曲を色々考えてみたんですが、やはりこの2曲でしょうね~

一つ目は1983年発表の「What A Feeling」だれもが知っている名曲ですが、これを聴けば百聞は一見にしかず・・・1980年代の代表的なシンセブラスの音です。
フィルターはかなり開けていて明るめな音なんですがアタックが遅いのと波形をあまり重ねていないので、かなりかすれた感じの音です。この音色・・・他にもいろんな音楽で使われていてミスター80年代ブラス音色と言ってもいいですね。↓



もうひとつは1984年発表のヴァンヘイレンの「JAMP」ですが、ノコギリ波を何重にも重ね合わせた非常に「分厚い音」の代名詞であり、このブラス音色が以降の音楽に与えた影響は計り知りませんね。
ほんと今聴いても素晴らしいブラスだと思います。



そしてやがて、この音色も時代とともに飽きられていき、1990年代はスクエア波が流行していくこととなります。例を示せば宇多田さんの「オートマチック」で使われているスクエア波などが有名です。

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

【2011/09/11 20:39】 | 音楽を語る | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
テクノポリス(Technopolis) / YMO
みさゴンさんとの初めての競作、YMOのテクノポリスです。 ↓

http://musictrack.jp/musics/40419

私もコラボをいくつかやらせていただいたんですが、同業者?^^;のシンセ使い
の方とコラボするのは初めてでしたので、結構わくわくしました。

そして作っていく過程の中で色々とお互いの個性が見えて非常に面白く興味
深かったですね。私は原曲に忠実にそしてオール打ち込みで作ったんですが、
ぎゃくにみさゴンさんは手弾きで原曲と全然違う音色をはめてきて、みさゴンさん
の個性がわかりましたね~^^。

そしてこの二人・・・まったく正反対な感じのシンセ使い二人の音をMIXしてみると!
原曲とはかなり違うんですが、世界観がある素晴らしい作品に仕上がったんじゃ
ないかな~と思います。

私の理由でかなり時間がかかってしまいましたが、辛抱強く付き合っていただき
ましたみさゴンさんに感謝いたします。

最後に担当パートですが・・・

みさゴンさん : ボーカル、メロディー、ハモリパート、オブリパート
ひょい。    : ベース、ドラム、コード、シーケンスパターン、効果音
そしてMIXは、ひょい。でした。

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

【2011/09/01 18:10】 | DTM日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。