スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Windows ムービーメーカーを使ってみた。
Windowsムービーメーカと言うソフトがあるんですけどね・・・
Windowsと付くぐらいだから皆様のパソコンにも入ってるんじゃないでしょうか??
(Macの方には失礼します^^;)

このソフト、今まで使ったことがなかったんですが、なんとなく興味が沸いて立ち上げてみると超簡単に写真と音源とをMIXして映像が作れることにびっくり!!

なんで今まで知らなかったんだ~!!!と思いましたね。

そういえばギターマジシャンさんなんかも写真と音源とをMIXしてYouTubeに映像を上げられていますが、このソフト使ってるんでしょうかね~??

また色々いじっている内に複数の写真をスライド風に再現したり、写真を動かしたり、写真と写真の切り替え時に特殊効果で切り替えたりと色んなことが出来ることを発見して歓喜しました!
しかも説明書読まなくても勘だけで、できちゃいます!

とりあえず昨日録音した「Hayfever Blues」にNETから探してきたブルースから連想されるピアノ・レコード・タバコ・バーボンの写真をMIXしてみました。
ま~かなりベタな感じの仕上がりで才能ないな~と思うのですが、とりあえず完成して満足しています。

皆様もこのソフトを使ってYouTubeに自慢の演奏などをUPされてみてはいかがでしょうか??

スポンサーサイト

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

【2011/10/30 15:28】 | My YouTube | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
ブルースピアノへの道その3・・・ブルースピアノ教則本紹介
前回に続き右手のカウンターリズムについて書こうと思ったんですが、今回は一旦休憩でブルース教則本について書いてみます。
下の画像の「エリック・クリスによるブルース・ピアノ入門」と言う本ですが、これ買ったのいつ頃だろう??
多分十年ほど前に買ったんだと思いますが、当時ブルースにあまり興味がなくて、まったく見てもいなかったんですが、最近ご存知の通りブルースに目覚め、久しぶりに中身を見たんですが、非常にわかりやすい説明でブルースの生い立ちから奏法、例題まで載っていて今更ながら「なんて親切な本なんだろ!」と感心しました。

erickriss.jpg


ただ内容については「ブルースピアノのバイエル」と言われるとおりピアニストがバイエル程度の知識しかなくても弾けるんですが、逆に高度で濃厚なブルースフレーバーを再現できるほどの楽譜は載っていません。
あくまでブルースピアノを目指す初心者のための教則本であり、ブルースの基礎知識を習得するための内容になっています。
なのでブルースピアノ弾きたいけど腕も知識のない私にはぴったりだと思いました。
同じ思いの方は一度入手してみてはいかがでしょうか??

ただしこの本は絶版になっているようで中古本でしか現在は入手できないようです。
調べたところアマゾンで2500円ぐらいで買えるようです。
(ちなみに定価は1800円でプレミアついてます・・・ムフフ!高く値がついたら売ってやる~!^^。)

おまけで、この本に載っている例題を弾いてみたので紹介しときます。
この本のフラットーフォービートの章に載っている例題「hayfever Blues」と言う曲でベースラインが均等に4分音符を刻む(フラットフォーベース)単調な曲でノリを出すのが難しいです・・・
この曲を1950年代ぽくAMラジオから流れてきたようなLo-Fiサウンドで再現してみました。
(さらにスクラッチノイズが入れば感じ出るんですがそれは無理でした。)
ところどころリズムが甘いんですが練習中と言うことでご勘弁下さい^^;

http://blog-imgs-71.fc2.com/e/o/s/eostk/201504232243192c6.mp3

テーマ:ゴスペル/ブルース/R&B/ソウル/ファンク - ジャンル:音楽

【2011/10/29 11:19】 | ブルースピアノへの道 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
CD買いました。
最近はあまり書くネタもないので、今日アマゾンから届いたCDでも書いときます。
20歳前後は毎月のようにCDを買っていたんですが30過ぎた頃からあまり買わなくなりました。
さらに30後半頃からYouTubeで好きなだけ音楽を聴けるようになったことで、ここ10年で数えるほどしかCDを買っていなかったんですが今月は急に欲しくなって久しぶりに3枚も一辺に買っちゃいました。

ひとつめ・・・スティービーレイボーン「Could't Stand The Weathe」↓

srv tex

レイボーンのセカンドアルバムなんですが、オリジナルCDは8曲入りなんですが買ったバージョンは紙ジャケ仕様の「レガシーエディションバージョン」でなんと32曲入り!!
これで1485円でした。安すぎる!!!
このセカンドアルバム他にも13曲入りで1700円台とか色々あるんですが、絶対これがお得ですね。

ふたつめはこれ・・・フレディーキング「Getting Ready」↓

srv tex

ついにフレディーキングのCDを買ってしまいました。
とりあえず一番知ってる「Same Old Blues」が入ってるCDを買ったんですが、これいいわ~!!
予想よりも音質が良くてギターも熱い演奏でノリノリで聴けました!これで892円とは!ナイス!アマゾン!!!

3枚目はホワイトスネイクの「Ready and Willing」です↓

srv tex

このCDは持ってたはずなのになぜか無い!!・・・いや結構CDを友達と貸し借りしていて、DPの「Hush」やEL&Pのベスト、TOTOなんかも行方不明なんですよね~しかも誰に貸したかも覚えてない・・・

しかし代わりにアルカトラズの「ディスタービング・ザ・ピース」やドッケンの「キス・オブ・デス」、矢沢永吉のCD数枚など買った覚えのないものも結構CD棚に収まってるんで差し引き得しているかも^^。

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

【2011/10/27 18:54】 | 音楽を語る | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
秋の夜長はフルコンサートで
新潟から帰ってきました。
帰る途中北陸道で2回も覆面パト追い越しそうになりました^^;
2回とも抜く寸前に抜く車の中を見たら制服の機動隊が!!
急ブレーキで覆面の後ろに後退して難を逃れました。

1回目は富山近辺で4,5台が連なったノロノロ走る集団を抜きにかかったら先頭が覆面で、あわてて最後方へ逆戻り・・・やがて覆面が高速を降りていくと、それまでノロノロ走ってた集団が急激に猛ダッシュ!!
みんな、よく分かってること^^。感心しました。

2回目は福井に入ってしばらくしたころ、シルバーの覆面らしくない車を追い抜きにかかったら、抜く瞬間に制服が見えたような気がして、念のためスピードを落としこの車についていき様子を見ることに・・・
その数秒後、猛烈なスピードでワゴン車が私たちをサーッと抜いていったんですが、抜かれた瞬間、覆面らしき前の車が猛ダッシュ・・・すばらしい加速で抜いた車に追いつくとサイレンが回っていました!!
あぶね~あぶね~^^。
私たちを抜いていった車にはご愁傷様でした^^;

余談はさておき、秋も深まって参りました。
秋の夜長はクロスワードパズルもいいですがロックコンサートも良いです。

YouTubeで1時間超のフルコンサート映像を発掘してきましたので楽しんでください~。
どれもこれもよだれもんです。
色々あったんですが私の趣味でどれもドラム=コージー・パウエルです。↓

①マイケルシェンカーグループ(1981年)…みんな若い!



②ホワイトスネイク(1983年)…途中のキーボードソロ、ドラムソロ最高!



③ブラックサバス(1989年)…コージーとマーティン加入時の映像は始めて見ました。

【2011/10/24 18:04】 | YouTube | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
ディープパープルカバーバンド
ディープパープルのカバーバンドなんですが、めちゃくちゃうまいです。
元々YouTubeでDPのリンクをサーフィンして、この映像見たとき「あれ??イアンギラン髪切った??」と思い、しばらくして「イアンギラン髪切ったにしては若すぎる・・・ボーカル変わった??」・・・
もう少ししてからドラムもキーボードもメンバーじゃない!
あ!!!これカバーバンドなんだとものすごく驚きました。

いやね・・・音がそっくりなのでほんと気がつかず騙された感じです^^;
お間抜けな私でした^^;

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

【2011/10/21 21:27】 | YouTube | トラックバック(1) | コメント(4) | page top↑
バディーガイその2
前日記事で気に入ったバディーガイ氏・・・色々YouTubeで調べていたらこんなの見つけました。
「メリーさんの羊」なんですがSRVの曲かと思ってたら、あんたが最初だったんかい~!!!と超驚きました^^;

バディー氏の若い頃・・・1969年の演奏らしいですがパワーありますね~。
ボーカルもこんな高いキーで歌っていたとはね・・・
映像も60年代の怪しげな感じでとてもよかったです。

それとベースになぜかクリームのジャックブルース氏の姿が・・・
ジャックブルース氏めっちゃうまいやん!
ノリがいいし、音の途切れ方がウッドベースのような感じで今時のベース奏法等は少し変わった感じで非常に面白いと思いました。

今日もまたひとつブルースのお勉強ができて感激です!^^。

テーマ:ゴスペル/ブルース/R&B/ソウル/ファンク - ジャンル:音楽

【2011/10/19 20:22】 | 音楽を語る | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
バディー・ガイ
実は現在新潟に出張で来ています。
新潟と言えば日本酒なんですが、今回はブルースネタです。
出張に出ると暇で暇で、夜はYouTubeばかり見てるんですが、そこで見つけた素晴らしい映像を紹介します。
「バディー・ガイ氏」・・・なんか名前は聞いたことあるな~と思い、どんなミュージシャンなんだろう??と思い見てみてびっくり!
まさにエンターテナー的なステージであり、見て聴いて楽しくて最後まで見てしまいました。
イントロではフレーズひとつで客と駆け引きし、歌は風格あるし、ギターソロでは老人が弾いてると思えないほどの熱い演奏、そして一番驚いたのが後半のサポートギタリストのテクニックと8分09秒頃のギター回し!どうなってんですか??
すごい仕掛けでびっくりしました^^。

テーマ:ゴスペル/ブルース/R&B/ソウル/ファンク - ジャンル:音楽

【2011/10/18 18:54】 | YouTube | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
柳ジョージ氏急逝。
今日、ニュースで柳ジョージ氏が亡くなったとニュースを聞き驚きました。
去年のロニージェイムスディオ氏、今年に入ってはゲイリームーア氏、田中好子さん、ジョー山中氏、そして柳ジョージ氏も逝ってしまわれましたか・・・
なんかこう悲しいニュースが多くて気がめげますね。

私は柳ジョージ氏については、CDも持っていませんし大ファンと言うわけではないのですが、昔日産のCMでクラプトンの曲のカバーが流れていて、その声の雰囲気がクラプトンにそっくりで驚いた記憶があります↓



この曲「Forever Man」は昔、クラプトンのコピーバンドをやっているときに演奏した曲であり、また現在10年以上の時を隔てて再びマジェさんバンドで演奏するなど私のとっては深い因縁のある曲です。
この曲を聴くたびクラプトンと柳ジョージ氏のことをこれからも思い出すことだろうと思います。
安らかにお眠りください。

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

【2011/10/14 21:47】 | 音楽を語る | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
Get Along Together


私の古くからの友人であるyoshiikuzoさんとのコラボです。
この曲は昔からyoshiikuzoさんとやっていた曲で、10年ほど前に録音したこともあるんですが、この映像は2回目の録音&録画と言うことになります。

yoshiikuzoさんとは20年ほど前、四国のとある発電所の建設で知り合い、お互い音楽好きと言う趣味が合い、当時二人でスタジオに入って演奏したりして遊んでいました。
yoshiikuzoさんは、ボーカル、ギター、ベース、ドラム、キーボードを全てこなすマルチプレイヤーでありその才能に私はいつも驚かされています。
私がキーボードを始めたのもyoshiikuzoさんの影響であり、その20年前当時に遊びでスタジオに入ったときにそこにおいてあったキーボードでVANHALENのJUMPをyoshiikuzoさんが弾いてくれて、その演奏が・・・そしてシンセの音があまりにも鮮烈でかっこいいと思い、私もキーボードを始めました。

その後、yoshiikuzoさんとは矢沢永吉のコピーバンドやイエモンのコピーバンドも一緒にやったり、MTでコラボしたり(MTの浜田省吾の「マネー」、VANHALENの「LOVE WALKS IN」など)、お互いの家に遊びに行っては音楽について語ったり遊んだりと今も懇意にしていただいてます。

それと今やっているマジェさんバンドをやる経緯もyoshiikuzoさんに関係があるんです。
ややこしい話ですが、マジェさんバンドの前身バンドに私は一時期在籍していたんですが、元々はそのバンドのリーダー兼ギタリストであったT氏のバンド募集のNET記事に答えたのがyoshiikuzo氏であり、そのyoshiikuzo氏の紹介で私がバンドに入った経緯があるんです。
なのでこの事がなかったらマジェさんバンドには入ってなかったと思いますね。
これも運命でしょうか?

テーマ:YouTube Music Video - ジャンル:音楽

【2011/10/10 18:58】 | My YouTube | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
モテ光君
久しぶりの将棋ネタですが、これが本来のこのブログの正しいネタです。ハイ^^;

モテ光君こと佐藤康光さんなんですけどね。将棋界のスター棋士であり、女性にもてすぎることからモテ光君と言うあだ名をいただいています。

将棋については若い頃は正統派の将棋だったのですが30才過ぎた頃から異端な将棋を指すようになり、その独創的な指し方はアマチュアファンにとっては非常に面白くて佐藤さんの将棋はつい盤に並べたくなります。

さてこの映像を見てみると、普段の生活では「まったく出来ない子供のような大人」であり、奥様との生活は夫婦と言うより母と息子みたいな感じで、「なんじゃこりゃ!いい大人が!」と思うのですが奥様がものすごく出来た方であり、佐藤さん「良い嫁さんもらってよかったね」と思いましたね^^。

でもね・・・この佐藤さん・・・子供みたいな何にも自分で出来なそうな人ですが、ひとつ普通の大人と比べて違うことがあるんですよ・・・

それは、この佐藤さん・・・本物の「勝負師」なんです。
将棋について天才的な閃きと勝負勘、ここ一番で絶対に間違えない冷静さ・・・
これが年間、億を稼ぐ才能です。



【2011/10/07 21:28】 | 将棋論考 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
Don't it make my brown eyes blue


CrystalGayleの「Don't it make my brown eyes blue」なんですけどね。いい曲なんですよ、これが。

昔(1998年ごろ?)、バンドでシカゴの「素直になれなくて」をやることになって譜面を買おうと思ったんですが今と違ってNET販売もなかったし、田舎の楽器屋にもピアノ譜はありませんでいした。

唯一「ラブバラードベスト100」と言うコードとメロディーだけの譜面が楽器屋に置いてあって、しょうがなくしぶしぶ買いました。この適当な譜面を苦労してピアノ譜に自ら変換して演奏した当時が懐かしいんですが、NETで調べてみたら、もう廃刊のようでした。

http://books.livedoor.com/item/805242

ちなみに「素直になれなくて」当時の音源も残っています↓
多少音をいじったり追加してますが^^;

http://musictrack.jp/musics/31167

さて話が脱線しましたが、この本は「素直になれなくて」の一曲だけで終わってしまうのはもったいないと思い、半年ほど前にどんな曲が入ってるんだろ??と見てみたんですが9割がた知らない曲ばかり!!

そこで興味津々の私は得意のYouTubeで調べてみたら、あるわあるわ!ほとんどの曲がYouTubeにUPされており、曲は知ってるけど曲名と一致しない曲、曲名は知ってるけど曲がわからなかったりと色々ありましたが、ほぼ全て聴き終えてかなり勉強できました。
少しだけ音楽に詳しくなったようですごくうれしかったですね~^^;

で、本題・・・余談が長すぎました^^;
この「Don't it make my brown eyes blue」もこの本に載っていた曲なんですが、曲名も曲も知らなかったんですが聴いて「ズキッ!」ときましたね。
何と言うかシャンソンのようなブルースのような昔懐かしい曲調で一辺に虜になりました。

現在この曲をやりたくてしょうがないんですが、バンドじゃまず無理だし一人でやっても女性ボーカルじゃ無理なのでどうしようか考えています。

MTで女性ボーカル探してもいいんですがこの声に似た人探すのが困難だし・・・
結局ボツになりますね^^;

テーマ:ゴスペル/ブルース/R&B/ソウル/ファンク - ジャンル:音楽

【2011/10/06 22:46】 | YouTube | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Stevie Ray Vaughan ベストヒットUSA


最近、どっぷりレイボーンに、はまってる私です・・・
これだけ、はまったのは高校生以来ですね。あの頃は、パープルだのレインボーだのリッチーに、はまってました。

あ!レイボーンとレインボー!なんか言葉が似てる!こんなに、はまってるのは、ひょっとして言霊のせいなのかも・・・。(んな訳ないですね^^;)

余談はさておき映像は小林克也さんの番組「ベストヒットUSA」なんですが、この番組音楽情報が少なかった80年代にはほんと貴重な番組でした。現在はインターネットでいくらでも好きな音楽を聴けて見られる時代になり便利な世の中になりましたが、当時はそういうメディアもなかったのでこの番組はかじりついて見てましたね~。

しかしこの映像のレイボーンが出た回はまったく記憶にないですね。
この番組は9割以上は見てるはずなんですが、この回だけは見落としたのか、忘れたのかはわかりませんが、とにかく全然記憶にありませんでした。

それがこうやって20数年を超えてまた私の脳裏に番組の懐かしい思いと、今レイボーンに心を奪われていることが合体して、涙が出るくらい感動した映像でした。

YouTubeよ、ありがとう~!という感じです^^。

テーマ:ゴスペル/ブルース/R&B/ソウル/ファンク - ジャンル:音楽

【2011/10/05 17:36】 | YouTube | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
ブラームス・・・ワルツOP39-15


ブラームスの有名なワルツなんですが、これ聴くと涙が出るんですよね。
なぜだかわからないんですが私の涙腺を刺激するんです・・・
「絶対に知ってるクラシックの名曲」というカテゴリーに入れたんですが知らない人の方が多いですよね^^;
でも一応なんかのCM曲でテレビでも流れていたんで知ってる人もいるかも・・・

この曲は同じモチーフの変奏と少しばかりセンチメンタルなサビだけの単調な曲なんですが、サビのクライマックスで打たれるB♭音・・・この音を聴きたいがためだけに時々聴いてます。(曲は変イ長調・・・すなわちA♭メジャー)
このB♭音・・・なぜだか私の心に響く音程です。
他にはアメリカ国歌もB♭音・・・涙が出る音です。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2011/10/03 23:15】 | 絶対に知っているクラッシックの名曲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。