箪笥(タンス)・・・MOOGシンセ
タンスにゴンのタンスじゃありません。

YMOで日本でも有名になった初期のアナログシンセ・・・コード差し替えるパフォーマンスは皆様も知ってると思いますが、それのデカイ版だと思っていただければ結構です。
映像で解説していただいてるのはシンセ界の第一人者、YMOの4番目のメンバーとも呼ばれた松武氏と、もう一人日本シンセ界の巨匠、富田氏です。↓



この映像の余談をいくつか書いてみますと・・・

①オシレーターについて・・・オシレーター(発振器)で発振させる波形を紹介されていますが、波形の種類により作られる音色は大体決まっています。
サイン波はオルガン、矩形波は木管楽器(サックス等)や弦楽器系(ハープ他)、三角波は木管楽器系(フルート等)、ノコギリ波はブラスやストリングスなどです。
これを知っておけば、作りたい音のイメージがあれば波形選びに迷うことはありません。

②シンセはいわゆる、オシレーター、フィルター、アンプリファイアーの3つの回路でできているのが基本ですが、これをエンベローブジェネレーター(以下EG)、ロー・フリーケンシー・オシレーター(以下LFO)の別の二つの回路で制御するやり方が一般的です。
EGは時間的変化に伴い音が変化することを制御しており、EGをオシレーターに接続すれば音程の変化・・・例えばギターのスライドのようなテクニックを一つの音符で表現できますし、またEGをアンプリファイアーに接続すれば音量の変化・・・スローアタックなストリングスや打鍵後急激に音量が下がるピアノを表現することもできます。
次にLFOですが、これは音を周期的に揺らす効果を持たす回路で、このLFOをオシレーターに接続すればビブラート効果が・・・アンプリファイアーに接続すればトレモロ効果が・・・フィルターに接続すればワウ効果が得られます。(ワウ効果と言うのは音の明るさ暗さが周期的に揺れている状態を指します)

ここで思いついたのがストラトキャスター等についてるトレモロアーム・・・
あれって、どう考えてもビブラート効果ですよね!
トレモロは音量が変化するものなので、あきらかに言葉の選び違いだと思いますね。
このトレモロアームのおかげで、トレモロとビブラートの違いが分からなくなってる人、結構いるんじゃないでしょうかね??^^;
スポンサーサイト

テーマ:YouTube Music Video - ジャンル:音楽

【2013/02/26 18:45】 | 音楽を語る | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
ドラマー列伝その18・・・そうる透さん
久しぶりのドラマー列伝・・・その18です。
今回上げるのは、日本が誇る、ドラマー「そうる透氏」です。
氏と言えば、アルフィーや高中さんのバックと言うイメージですが、数々のミュージシャンとのセッションやアルバム製作に参加されていて、いわゆる日本音楽界のドラムの屋台骨と言っても良いほどの活躍をされているドラマーです。↓



ポンタ秀一氏も同じ日本の屋台骨を支えるドラマーですが、ポンタ氏と決定的に違うのが、ドラムスタイルです。
ポンタ氏は、どちらかと言うとオールラウンドでJAZZスタイル・・・裏のアクセントを強調するような感じなのですが、そうる透氏は見てのとおり、ハードロックスタイルで、めっちゃカッコイイです。
もちろん、そうる透氏は超一流のプロなのでJAZZも問題なく演奏できるのですが、やはりこのツーバスのドカドカが氏のイメージですね。

また見た目、すごくインテリでエリート会社員みたいな感じですが、腕のタトゥー見ると、ちょっとドン引きますね^^;このギャップはほんと驚きます。
それとこのドラムソロの終わりに「ありがとうございました~」と礼儀正しいところは、かなり好感が持てました。

テーマ:YouTube Music Video - ジャンル:音楽

【2013/02/19 20:04】 | ドラマー列伝 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
最近の音楽近況
仕事がすごく忙しかったんですが、ようやく落ち着いてきました。
そしたら、今度は音楽関係が忙しくなってきました・・・

どこまで、いっても忙しいのですが、音楽で忙しいのなら、それは幸せなことです。
感謝、感謝。

まずバンドですが、3/1のライブに向け、週一で練習しています。
セットリストも決まり、新曲は「Born To be Wild」の一曲だけで、後は、昔からやってる曲ばかりなので不安はありません。唯一「青い影」が練習不足・・・いや、まったく弾いてなかったので先週の練習では弾き方忘れてしまって「やばい!」と思いました。これはライブまでにはきっちり仕上げます。

次にMusicTrackサイトでのコラボ話がたくさんあって、数曲やることになります。

まず私がピアノ弾き語りで上げた「月のあかり」をバンドバージョンでやる話がでています。
ボーカルは昨年末にお世話になった熊氏。彼の歌唱は素晴らしいので、良い物ができそうです。

そして現在進行形が2曲。
一つ目はエクストリームの「Shadow Boxing」
これの、ボーカルと、オルガンを弾いて欲しいと依頼があり承諾しました。
しかし声出るかな??それだけが不安で^^;↓



また、これは、すでにオケが出来ていて、後は私が乗せるだけの段階になっています。
オケはこちら↓

http://musictrack.jp/musics/35633

次は私からリクエストしたのがT-BOLANの「離したくはない」
MT友であるB氏のボーカルがT-BOLANに、すごく合いそうで私から声をかけました。
ギターはエクストリームでコラボするT氏とダブルコラボです。↓



今は、このピアノをコピーするべく練習しています。

ちなみにボーカルのB氏の作品はこちら↓いい声してます!

http://musictrack.jp/musics/40217

それと最後、クリスタルゲイルの「don't make my brown eyes blue」を作成しています。
オケは半分くらい出来ているんですが、MTの知り合いの女性ボーカルの方に声をかけたら「ごめんなさい」とのこと^^;
あ~誰か歌ってくれる女性ボーカルの方いないかな~??
私が!!!とか、俺の嫁が!!!と言う方募集中です^^;
ちなみに曲はこちら↓

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

【2013/02/13 22:12】 | 音楽を語る | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
月のあかり /桑名正博さん フルコーラスやりました。
前記事のこの曲、フルコーラスやってみました。
朝っぱらから大声張り上げて、歌いましたが、最後は喉がガラガラに^^;
ピアノも安定感ないですが、まあこれぐらいが私の実力と言うことで。↓

http://musictrack.jp/musics/53592

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2013/02/10
ボーカル用のディレイをピアノにもかけていたため
ヘッドホンで聴くとピアノのゴースト音が飛び交っていたので
ミックをやり直しました。

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

【2013/02/09 13:06】 | 音楽を語る | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
ピアノ弾き語り1コーラスだけ・・・月のあかり/桑名正博さん
桑名正博さんの「月のあかり」に、はまっちゃって、どうしてもピアノ弾き語りがしたくなり、1コーラスだけとりあえずやってみました。↓

http://blog-imgs-51.fc2.com/e/o/s/eostk/tukinoakari.mp3


一応全コーラスやるつもりで、完成したらMusicTrackに上げてみたいと思っています。

ま~私の歌は下手なんで、どうでもいいのですが、このYAMAHA MOXで弾いたピアノが凄すぎる!!
こ、これは、世界のYAMAHAの音ですね。
MOXの一番の売り音色「Full Concert Grand」と言う音色で、これほど弾き語りに合うとは思いませんでしたね。
これだけの音が出れば、そりゃ~もう、毎日弾きたくなりますです、ハイ!

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

【2013/02/07 22:31】 | 音楽を語る | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム |