スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
アラベスク・・・ブルグミュラー
ブルグミュラーのアラベスクを十数年ぶりに弾いてみました。



最近は長期出張でしばらく弾いてなかったり、またバンド曲の練習でシンセの軽い鍵盤ばかり弾いていたので指の力が衰えてきているのを自覚していました。
こういう時、昔はよくハノンの練習曲を弾いて指を鍛えていたのですが、このハノン・・・ほんと面白くないんですよ。
で、このアラベスク・・・指を鍛えるにはもってこいの曲です。
指を速く動かさなければならないし、さらに5本指全部を均等な力で弾かなければならないし、鍵盤の押し込み加減、素早いポジションチェンジとピアノ練習にピッタリでいて、さらに弾いていて気持ちいい!

このテイクは、客観的に見てリズムは甘いし、微妙に右手左手のタイミングがずれているんですが、現状の私の実力ではこれが精一杯です。
スポンサーサイト
【2014/08/31 15:58】 | My YouTube | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
2014 Hit Like A Girl Contest
私が前から注目していた超人キッズドラマーの佐藤奏さんが、今年のアマチュア女性ドラマーコンテストの世界大会「2014 Hit Like A Girl Contestの18歳以下の部」でグランプリを受賞されたようです。
(実際に会場に集まって演奏するのではなく、NET上でのビデオによる審査です。また規定ではアマチュアだけではなくプロドラマーでも年間3000ドル以下の収入のプロも参加できるらしいです)

前にも書きましたが、日本のキッズ達がすごいことになってますね。
その大会のエントリー者たちの映像がこちら↓(43か国から350人以上のエントリーだそうです。)



2分22秒ぐらいから佐藤奏さんの演奏が見れますが、はっきり言って演奏レベルが段違いです。
ちょっと他のエントリー者たちが可哀想でしたね。
奏さんも当然今後、川口千里さんのようなプロになると思いますが、今後の活躍が、ほんと楽しみです。
おまけで、佐藤奏さんが6歳の頃に向谷実氏が、サプライズゲストとして競演した伝説の「朝焼け」上げときます↓
これ、ほんとすごいですよ。



この映像、演奏後の向谷さんのトークがめっちゃ面白いです。
神保彰氏に「君の時代は終わった」(爆)
【2014/08/27 21:44】 | YouTube | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
BADBAD WHISKEY 公開
BADBAD WHISKEYの吉田類氏バージョンをMTへ公開しました↓

http://musictrack.jp/musics/62268

この曲は今年の2月頃に、コラボレーターの方からお話を頂いていたんですが、とにかくドタバタした春先だったので、のびのびになっていて、手つかずだったのですが、ようやく仕上がり公開となりました。

この曲は、お酒がテーマと言うことで、歌詞の最初のほうに「酒など呑まずに・・・」っていうのがあるのですが、「それは、ありえね~~!」とか思って歌いました。
あ、そうそう、最近買ったマイク、シュアのSM58のデビュー戦になりました・・・この曲。
音の抜けがいいですね!やっぱ買って良かったこのマイク!
【2014/08/24 17:50】 | DTM日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
娘のドラム練習・・・七ヶ月目
前にも紹介したRAINBOWの「Since You Been Gone」が仕上がりました。
今回はかなり苦しんだようです・・・(娘が)
いくつもの難しい山があったんですが、それらを乗り越えて公開となりました。
やったね!娘!!





また今回は手書きで譜面を書いたことで結構私自身も勉強になりました。
最終譜面はこちら ↓




ダルセーニョとかセーニョマーク、コーダマーク・・・
譜面見たら分かる私でも、「じゃ、書いてみて」と言われれば、書けない・・・
おもわずNETで書き方調べましたよ(笑)

次回のお題はハイハットオープンを予定しています。
ちょうど娘のレベルに合いそうな、お題を満足させるプリンセスプリンセスの曲を見つけました。
乞うご期待!
【2014/08/20 17:16】 | 娘のドラム日記 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
昨日今日
昨日は日帰りバスツアーでUSJに行ってきました。
朝8時半出発の、帰りが現地22時出発・・・家に着いたら夜中の1時でした。
USJでは、一日中雨が降ったり止んだりで、しかも時々、大雨・・・
どちらかと言うと最悪でしたね^^;↓

IMG_0229.jpg

アトラクションも色々乗りましたが、とにかく待ち時間が長い!平均1~2時間待ちで、滞在時間中のほとんどが待ち時間だったかも・・・
乗れたのは「ジュラシックパーク」「ジョーズ」「バック・トゥー・ザ・フューチャー」「スパイダーマン」でした。
一番面白かったのはスパイダーマンかな~??↓

IMG_0230.jpg

3Dメガネを掛けながら、乗り物に乗るのですが、迫力ある3Dの仕掛けが素晴らしかったです。
もちろん他の乗り物もとても良かったですよ~。
「ジュラシックパーク」と「ジョーズ」はどちらもボート系で、デインジャーな仕掛けが一杯・・・
どちらも、跳ねる水しぶきに服がビショビショになります。要注意!

また食べ物がめちゃくちゃ高いです。
昼食はハンバーガーセットだったんですが、マックでいうところのビックマックセット級が1400円でした・・・
約2倍ですね・・・恐るべしUSJ!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

話が変わって今日は昼から地元中学校の吹奏楽部の定期演奏会を見に行きました。
普通は地元のコンサートホールで演奏するのですが、そのコンサートホールが改修工事中でして、公民館のような場所で、畳に座布団での観覧でした↓(それでも観客は100人ぐらいいました)

IMG_0233.jpg

今回、私は初めて見たのですが、かなり楽しめました。
演奏は、やはり中学生なので、私みたいな音楽やってる人間には、いくつか「あら」がわかってしまうのですが、お客さんに楽しんでもらおうというエンターテナー魂が素晴らしかったです。
一番感銘したのが「津軽海峡冬景色」(爆)・・・この曲の最初の紹介で「当部の歌姫が歌います!」とナレーションがあった後、出てきたのが男の子!!
「アレッ」って思っていたら、素晴らしいボーイソプラノで驚きました。
まだ声変わり前だったんでしょうね~。

ちなみにプログラムを上げておきますが・・・↓

IMG_0236.jpg

すべてのプログラムが終了して大きな拍手の後、・・・段々その拍手が一つにまとまって、アンコール要求!
「ええ?これはお約束なの??」と思って見てたら、指揮者の先生が出てきてお辞儀をすると、タクトを振り出しました。
プログラムにないアンコールはSMAPの「SHAKE」でした。

全体を通してすごく良いコンサートでしたね。
また次回も見に行きたいと思います。
また私の娘も生ドラム演奏を前にして、興奮していました。
電子ドラムと生ドラムはまったく音が違いますからね。
一度本物のドラムを叩く練習をせねばな~と思っています。・・・


【2014/08/17 22:15】 | 凡庸な日々 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
CD購入 6,7月分
今年に入ってから、毎月何枚かCDを買うようになったわけですが、6月分、7月分を上げていませんでした。
6月に買ったCDはこちら↓



DURANDURANの「Seven and the Ragged Tiger」です。

・・・これ、まさに、80年代にあった音楽番組「MTV」(SONY Present's)の遺産ですね。
大体、私こういうビジュアル系のPOPな曲は聴かないんですが、「MTV」の影響で好きになっちゃったんですよね~^^;
急に思い出したように聴きたくなったんですが、あいにく家にはレコードも、CDもカセットテープもなかったので、思わず買っちゃいました。
このCDは、DURANDURANの最大ヒットアルバムであり、まず買うならコレでしたね。
このアルバムにはたくさんのHIT曲が入ってますが最大のHIT曲はこれでしょう!
MTVを80年代中期に聴いていた方なら知っているはず↓



また7月分はこちら↓

magic.jpg

日本のフュージョンバンド「THE SQUARE」の「マジック」です。
このアルバムはTHE SQUAREの名盤と言われる物ではなくて、オープニング曲の「IT'S MAGIC」のみ現在でもライブで演奏されているだけなんですが、この「IT'S MAGIC」が稀代の名曲なんですよ。
ちょうど私が大学時代ロック系の音楽サークルに入った頃(ドラム担当で)、横で練習していた軽音楽部がこの曲をやっていてうらやましかった思い出があります。
「おい!俺にやらせてくれ~」みたいな・・・^^;
私のこの思いは、娘に引き継いでもらいましょうかね(笑)


【2014/08/14 21:43】 | 音楽を語る | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
採譜。
娘(小4)のドラム練習で、今やってる曲を採譜しながら練習を進めています。
手書きでドラム譜書きながら、そこまで出来るようになったら、また採譜して譜面に書く。
こんな感じで進めています。
(五線譜の一番上の×がハイハット、上から2段目がスネアドラム、一番下がバスドラムです・・・タムもあるんですが割愛します)↓

IMG_0226.jpg

今回のお題は「ハイハット4分打ち」・・・ダブルビートと言う方もおられますが、通常のエイトビートで刻むハイハットの8分打ちを半分の4分にしたパターンです。
これ、エイトビートに慣れちゃうと、ハイハット打つ手が間をもてあまして意外と難しいです。
またバスドラムとハイハットの関係がエイトビートなら必ずどこかで同期するんですが、このダブルビートでは同期しないことがあるため、足が手につられる、または手が足につられるという、非常にもどかしい状況が初心者には起りがちです。

今日も娘は練習やるぞ~!と私を誘ってきたんですが、今日初めてやるパターンが出来なくて、10分で撃沈・・・↓

IMG_0227.jpg

下から1段目(下から2段目も同じ)・・・「ドン・タン・ツ・ド・タ・ド・ツ・ド・タン・ツ・ド・タン」が、手足が同期してないのでつられて出来ない・・・
段々、憂鬱そうになってきて、練習姿勢が、オチャラケになってきたので、すぐに中止。
まあ、子供って、こんな感じです・・・
私は、楽しくない練習は時間の無駄だと思ってるので、すぐにやる気がなければ止めます。
つらさに耐えて涙流しながら練習!なんて、私はナンセンスだと思っています。
精神を鍛えるためなら良いのですが、これは楽しむためにやってますからね。

でも、きっと、また明日、気分をリフレッシュして練習する娘であることは間違いありません。
今まで、そうやって山を乗り越えてきた娘ですから。

ちなみに練習している曲はこちら↓



ドラマーなら避けて通れない、名ドラマー「COZY POWELL」の代表曲です。
【2014/08/12 20:55】 | 娘のドラム日記 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
昔のライブ映像入手しました。
3日間ほど千葉県へ出張してました。
そこで、昔、一緒にやってたドラマーさんと再会し、当時のバンドのライブ映像のDVDをもらいました。
当時、矢沢永吉さんのコピーバンドをやっていたときのものです。
年代も正確には覚えていなかったのですが1999年だったことが判明しました。

まず最初の映像は「FLESH AND BLOOD」で、このブログでも音源だけ上げたことがあるのですが、ようやく映像付きで上げることができました。
音源だけのブログ記事はこちら↓

http://eostk.blog57.fc2.com/blog-entry-692.html

この映像では、バンド全体が映っていなくて、もうちょっとズームアウトしておいて欲しかったですね~。
映像中盤から、画面が右に振っていて私も映っているのですが、当時の私を見てびっくり!
まず「やせてる!」そして「頭に毛がある!」さらに「服のセンス悪!」(爆)
また立って演奏してるのが若いですね。
今では腰痛もちなので座って演奏してます。



もう一つの映像も紹介・・・
曲は「TAKE IT TIME」と言うことで派手なシンセが目立ちます。
このバンドでは、ほとんどこういうシンセ音色ばっかり弾いていました。
ピアノ、オルガンを弾くようになったのはマジェさんバンドに入ってからですね。
またこの映像の見せ場は2分40秒頃のマイクスタンド回しです。
これ、すごいですよ!必見です!



またこのバンドは、私が鍵盤を始めて、最初に参加したバンドなのですが、とにかくレベルが高かったです。
リズム隊の正確無比なリズムキープ・・・こんだけ安定しているリズム隊はめったにいないですね。
またギターさんは、音大出のプロ志望だったそうです。
結局は、家の事業を継ぐということで今では、とあるハウスクリーニング会社の社長さんです。
映像でもロンゲ揺らせてますが、これ実はカツラです(笑)
(TAKE IT TIMEのエンディングで前に出てきてるのでよくわかります。演奏スタイルもスティーブ・ヴァイみたいな感じでした)
アンプはマーシャルのスピーカーにメサブギーのヘッドだったと記憶しています。
【2014/08/09 20:25】 | My YouTube | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
演奏で息が合わないときの対処。
8/2の舞鶴クロスロードミーティングライブのライブ映像の一部を、マジェさん(バンドのギターさん)が上げてくれてるようです↓



前記事の通りこのライブでは色々トラブルもあり、大変だったのですがこの映像でも結構大変なことが!

映像の1分9秒くらいからブレイクがあるのですが、ブレイクから復帰したドラムのリズムが裏表逆転してるんですよ・・・(ブレイク直後にマジェさんもウメさんもアレッって思ったんでしょう・・・振り返ってドラムを見ていると思います・・・笑。・・・ここちょっとリズム的にややこしいところで、1拍半(付点四分)のフレーズを繋いで行き最後の拍が次ぎの小節の頭になってるんです。)

こういう時、どうやってまとめるのかが至難の業です。
ドラムさんは、もちろん気が付いてないので、ドラムに合わせるしかないのですが、コレを他のメンバーがどう捉えているのかと言うことです・・・
裏表逆のリズムを、前倒しのリズムと捉えてるのか、後ろにずらして考えているいるのか・・・
この時は、しばらく分かりませんでした・・・
こういう時、私はアドリブ演奏で、どこをやってるのかハッキリするまで演奏を逃げることにしてます。
(映像で言うと、1分29秒くらいにキーボードがコードチェンジしてるのですが、この時、合ってないかもしれないと思い、以後、どこをやってるかハッキリした1分50秒くらいまでアドリブで逃げてました・・・今聴くと、合ってなかったです。)

まあ、間違えないでできれば良いのですが、所詮、こういうことは結構起るんで、いろいろ対策を事前に考えておいたほうが良いですね(爆)!
【2014/08/04 19:56】 | My YouTube | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
舞鶴 クロスロードミーティングライブ参加してきました。
京都府舞鶴クロスロードミーティングライブに参加してきました。
このイベント元々は車ノリ、バイクノリが終結するイベントで、全国?からライダー、ドライバーが自慢の愛車を持ち寄り、品評会をしたり、車バイクネタで盛り上がろうというイベントです。
集結した車はこんな感じ↓

IMG_0217.jpg

このイベントの中でバンドライブもあって、その一つとして参加しました。
それに加え、イベント全体の音響の機材の貸し出しとセッテイングまで全てボランティアでやっちゃうという地域思いの当バンドでありました^^。
(イベントではバンド演奏だけではなく、司会者のMC、ビンゴゲームや、ライダーたちのインタビュー、ベリーダンスなど音響が必要なので)

と言うわけで、前日バンド練習後に、メンバーの車4台に、PA機器を積み込んだ後、当日は朝8時集合で、PA機材のセッテイングを行いました。↓

IMG_0213.jpg

9時半ごろにはセッティングが終了・・・
キーボードのセット状態は、こんな感じです↓

IMG_0215.jpg

今回初めて譜面台を使いました。
目的はキーボードミキサーです。
イコライザーやボリュームの調整をやりやすいので便利です。
また画像のコーラス用マイクも自前のシュアのSM58・・・デビュー戦でした^^。

またライブ・・・いや、イベントのプログラムはこんな感じ↓

IMG_0218.jpg

当バンド、「ハーモニアスノイズの」出番はなんと2回!(10時からと12時から)
一日に出番2回は、初めての体験だったので結構疲れました。
しかも1回目と2回目は、まったく違うセットリスト・・・
あんまり練習する時間もなかったので不安でしたが、非情にも10時に演奏がスタートしました・・・

そして今回のライブも色々ありました・・・
(画像はありません・・・演奏中なので写真取れなかったので・・・
いずれ、マジェさんがYouTubeに演奏映像を上げてくれることと思います。
その時はまた紹介しますが。。。)
メンバーの息が合わないこと数回、私が曲を見失うこと数回・・・
しかし、結構経験値が上がってきたんでしょうか??演奏ミスで、大きく崩れることはありませんでした。
私の場合、曲を見失っても、とっさにアドリブ演奏に切り替え難を逃れることができました。

また他にも予期せぬトラブルが・・・
ベースのチューニングが大きく狂って、演奏中チューニングしなおす・・・突如ベースの音が鳴らなくなり、演奏中断・・・多分どこかのケーブルの接触が悪かったためと思われます。
そして極めつけは、私・・・
曲と曲の合間、主催者側から、車の駐車場所を移動してくださいとアナウンスが・・・
これ、私だったんです(爆)
バンド演奏を中断して、車を移動する羽目に・・・生きてて一番恥ずかしかったかも・・・(笑)

また、他に出演したバンドも紹介しておきます。
まず私たちの後に演奏した「ブラックライン」さん・・・↓

IMG_0223.jpg

曲はスピッツやホワイトベリーの「夏祭り」などを演奏されていました。
このバンドはドラマーさんが上手かったですね。
正確なリズムキープと、スティックコントロールの早さが際立ちました。
また、このドラマーさんが使っていたPAISTEのスプラッシュシンバル・・・わずか8または10インチぐらいの可愛いシンバルなのですがアクセントの音が素晴らしくて感動しました。

そしてトリを務めたのが「スティール・エコーズ」さん↓

IMG_0225.jpg

このバンドはインスト系なのですが、結構ラテン系で、もうノリノリでしたね。
特にドラマーのMさん(女性ドラマーで実は当方バンドとかかわりの深い方でです)
私が彼女を見たのはもう一年ぐらい前でしたが、相当上手くなってました・・・
まあ、ラテンのリズムなんて上手くなければ叩けないわけで、ちょっと感動物のドラムでした。
まずキック(バスドラム)が正確で音がタイトなのと、スネアを叩くバリエーションが豊富でした。
スネアドラムの真ん中を叩く(音量は大きいが音程が低い)、主に裏拍子でスネアドラムの端のほうを叩く(カンカンした高めの音程)、それに加え、ゴーストノートが数え切れないぐらい入ってるは、オープンリムショットに、クローズドリムショット・・・ここまでスネアの音色を操ってる人はアマチュアで見たこと無いですね。
本当に素晴らしいです。
また裸足でやってるのが、キュートですね。
これ、私の娘に見せたかったな~・・・コレ見たらほんとドラムに惚れると思いますね。

(ドラマーばかり注目して見ていました・・・娘のこともあったので・・・それに3バンド出て、キーボードやってるのは私だけ・・・キーボードってどんだけマイナーな楽器なんでしょ?笑)






【2014/08/02 21:03】 | 音楽を語る | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
バンド演奏曲「Come On・・・stevie ray vaughan」のオルガンパートを弾いてみた。
いよいよ明日がライブ本番であり、もう少ししたら全体練習に出かけます。
その前に、最近やってる演奏の記録ラストを上げておきます。
スティービーレイボーンの「Come On」です。
前記事のジミヘンとはまったく違って、スリーコードによるロックンロールです。
コードがE7,A7、B7・・・これだけで、これだけノリノリの曲ができちゃうんですからブルースと言うのは偉大です。



この映像のオルガン伴奏・・・一部ソロ演奏もすべて私のアレンジです。
一番気に入ってるのが最終コーラスのⅠ→Ⅳ→Ⅰ7の循環コード・・・
これブルースの黄金循環コードなんですよ。
スローブルースから、ノリノリのロックンロールまで幅広く使えます。
ぜひ鍵盤で、ブルースやロックやってみたい方は試してみてくださいね。
【2014/08/01 18:11】 | My YouTube | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。