スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
MY ROOTS OF MUSIC その3 Simon & Garfunkel 「Mrs. Robinson」


私が生まれて最初に好きになった洋楽がこれです。
中学生時代に仲が良かったH松君に教えてもらったわけですが、彼の家に行けばビートルズやらサイモン・アンド・ガーファンクルやら今思えば、ツェッペリン、パープル、UFOなんかもあった気がする・・・
とにかく、当時まったく洋楽と言うものに興味がなかった私に、H松君が、わざわざレコードからテープにダビングしてくれて、私に聞いてくれともらてきた、サイモン・アンド・ガーファンクルのこの「セントラルパークコンサート」のテープが私の音楽人生の始まりだった気がしますね。
このテープはすっかり私のお気に入りとなり、何百回聴いたか覚えてないです。

またこのコンサートでドラムを叩いているのがドラムの神様と呼ばれるスティーブ・ガッド氏であることも後で知り、驚いたことを付け加えておきます。
スポンサーサイト
【2008/06/01 22:52】 | MY ROOTS | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<強行スケジュールによる出張 | ホーム | しのぎ!相振り飛車。>>
コメント
S&G
僕も好きでした。高校のとき美術の授業でS&Gを描いたことがあります。
いい曲はたくさんありますが「明日に架ける橋」「スカボロ・フェア」「マイ・リトル・タウン」 なんかが特に好きです。
ドラムはスティーブ・ガッドだったんですね。
確かポール・サイモンの「彼女と別れる50の方法」のドラムが好きでしたが、あれもガッドだったのかも知れません。
さすがにタイトですね。
【2008/06/05 23:24】 URL | maru #HfMzn2gY[ 編集] | page top↑
>美術の授業でS&Gを描いたことがあります。
>>これまた、いかに!?似顔を書いたんでしょうか??

さて、実は私もこの曲「彼女と別れる50の方法」でガッド氏のことを初めて知ったんですよ。高校時代の違うバンドのドラムをやっていたO本さんから、教えてもらいました。彼が熱心にこの曲の練習をしていたもんで、何でまた??と聴いてみたら、「ドラムの神様だから!」と単純明快な答えをいただき、私も興味をもった次第です。ちなみの、この「セントラルパークコンサート」での演奏動画もありました。↓
http://jp.youtube.com/watch?v=1CC7OYf5MII
見るからにうまく見えるように叩いてますです。ハイ(笑)、また曲の最後に紹介が入るのですが、スティーブ・ガッドではなくて「スティーィ~ブ・ギャ~ッド!」が正しいようです^^;

おまけですが、ガッド氏がこのドラムの叩き方?教則本的な演奏の動画もあったのであげときます↓
http://jp.youtube.com/watch?v=sZZLLYEzKE8&feature=related
簡単そうに見えて結構複雑なことやってますね~。
さすが、ルーディメントの鬼ですな~。
【2008/06/06 23:50】 URL | ひょい。 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eostk.blog57.fc2.com/tb.php/101-e51d3399
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。