スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
MY ROOTS OF MUSIC その4 Mary Hopkin 「Those were the days」(邦題・・・悲しき天使)


きたーっ!やっと見つけました!私が長らく探していた曲!
私が幼稚園に入るか入らないかと言う頃、我が家にあったレコードの中の一曲がこれです。
まぎれもなくこのメロディーだった・・・
多分親父のレコードだったと思いますが、ムードミュージックのレコードであり、「ムーンリバー」(←現在バンドでやってるがすごいですが・・・^^;)や「水色の恋」「シバの女王」などのムーディーな曲が満載なレコードでしたが、この曲だけが、誰の何と言う曲かわからず、またそのレコードも現在は行方不明で調べようがなかったんですが、今日ようやく謎が解けました。
この曲、幼少時代の私が相当気に入ったらしく、フルコーラスを今でも口ずさむことができるほど、胸に刻まれています。どこかロシア舞曲調の哀愁あるメロディーと、一番最後のコーラス部が急にメジャー調に転調されているの(LALALALA~♪のところじゃないです・・・曲のエンディング部で4分57秒過ぎに意外な転調で幕が下ろされます。)が幼心に大変、「キュン!」と来たんでしょうかね~??^^;
とにかく、私のルーツが一つ解明されました。
スポンサーサイト
【2008/09/10 21:39】 | MY ROOTS | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<いいのかー?? | ホーム | バンドの演奏>>
コメント
やっぱ外国人ボーカルの方は息が深いですね!僕もいつかこのくらいの深い歌声で歌いたいです^^
【2008/09/13 22:34】 URL | odakazumasa #-[ 編集] | page top↑
odakazuさんの歌声を楽しみにしてますよー。
その前に私が打ち込みを急がないといけないんですが^^;
【2008/09/15 16:20】 URL | ひょい。 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eostk.blog57.fc2.com/tb.php/113-3e477bb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。