将棋上達法について。
将棋が強くなる方法ですが、一番の近道は将棋本を読むことだと思っています。(私もそうでした。)
本は色んな手筋、定跡を知るのに最も良いと思っています。
ところが私の息子は小学校1年で、プロが書いている専門書は漢字だらけで読めない!また平仮名ONLYの本は駒の動かし方から書いてる初心者用の本ばかり・・・
つまり私の息子にとって現時点で本はなんら向上の足しにならないんです・・・
そこで考えたのが将棋クラブ24で高段者の将棋を観戦させて、私と一緒に「次の一手」を当てっこする方法でした。
この方法は当りで、以下のような利点がありました。

1.高段者はだいたい30秒将棋なので、当てっこするにしてもスピードが大事で考える暇もなくスリリングであり面白い。
すなわち将棋の根底である「第一感」が養われる。
(こういう「第一感」はすごく大事だと私は思っています。習うより慣れろの感覚でしょうか・・・特に幼い子には有効そう)

2.所詮人の将棋なので、本人が怒られることもないので嫌気がささない。
(息子と将棋を指した後、感想戦をするのですが、自分の失敗をとがめられると、もー「将棋なんかやめた!」と言います^^;)

3.色んな戦型が見られて興味をそそる。

4.すばらし手筋の数々を見ることができ。それが理屈なしに脳裏に焼きつく。(そこで私が少しだけ理屈を解説できればより良い^^;)

とにかく、活字が読めるようになるまでは、理屈抜きの「第一感」を鍛えていく方針でやっていきたいと思っています。
スポンサーサイト
【2007/02/13 22:50】 | わが息子の将棋日記 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
<<大熱戦の譜 | ホーム | ゴルフ。>>
コメント
確かにそうですよねぇ。
(トノもそうですが)漢字を読めない子供たちがステップアップするための書籍があまりないですものねぇ。

一時期は囲碁・将棋チャンネルを見ていたトノも、大人向けの解説や、勝負であれば一手の長さからかすぐ飽きてしまってました。
「将棋クラブ24の次の一手」はいいかもしれませんんねぇ!
【2007/02/13 23:16】 URL | ポカポカ #-[ 編集] | page top↑
おっ!!いいんじゃないですか。
幼い頃からそういうことをやっていれば自然に手筋などが身につきそうですね^^
【2007/02/14 16:17】 URL | odakazumasa #-[ 編集] | page top↑
ポカポカさんへ。
なんせ子供は飽きやすいのが悩みの種です。
所詮、何事も高い集中力でできるだけ長い時間を費やすのが上達の秘訣ですが。
子供は高い集中力は持っていますが、それを長い時間続けることが難しいため、なるべく飽きのこないようにひとつのことを忍耐強くやるのではなく、パッパッと切り替えてやっています。
詰め将棋も息子には「少し考えても答えがわからなかったら、答えを見ろ」と言っています。
詰め将棋なんて一目で詰み筋がわからなくちゃ話しにならないので、忍耐強く考えても時間の無駄と思っています^^;

odakazumasaさんへ。
24高段者将棋観戦は、子供だけじゃなく、大人にも有効なんですよー!私もそれで随分棋力が上がった気がします。
odakazumasaさんも、どうです?^^;
【2007/02/14 21:06】 URL | ひょい #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
スゴイ、そういう勉強方法もあったんですね!!うちはとにかく、棋譜入力が勉強でしたし、後は実戦のみでした。

PS・”お気に入り”登録ありがとうございました。ママがすごくこのブログ気に入っています。これからも宜しくお願いします。
【2007/02/14 21:12】 URL | カー君パパ #-[ 編集] | page top↑
棋譜入力も大変有効な方法ですね。
これも息子にやらしたいですが、パソコン操作を先に教えないと^^;
ママさんに気にっていただけてるようで大変うれしいです^^。
ママさんによろしくお伝えくださいー。
【2007/02/14 21:23】 URL | ひょい #-[ 編集] | page top↑
はじめまして
ポカポカさんのブログからお邪魔しました。

息子も7歳で将棋を始めたばかりです。
24の観戦ですか。

面白い方法をご教示いただきました。
早速試してみようと思います。

ありがとうございます。
【2008/12/11 00:34】 URL | よしはる #-[ 編集] | page top↑
よしはるさん初めまして。
よろしくお願いいたします。
古い記事にコメントいただきありがとうございました。
またそちらへもご挨拶に参ります。
さて7歳のお子さんが将棋を始められたということですが、子供が一つのことに興味を継続するということは
至難の業でして、私の息子は、現在将棋クラブには
通っていますが、ゲームのほうに夢中で、将棋は全然
です。^^;
末永く将棋を愛してくれるような長~い目でお子さん
を見守ってあげてください。
【2008/12/12 18:32】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eostk.blog57.fc2.com/tb.php/12-ecc1685e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |