スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Extreme 「More than words」


この曲を知ったのはいつだろう??多分私がキーボードをやりだして、すぐにバンドの誘いがあった1998年ぐらいだろうか・・・その時は、とある焼肉屋さんのクリスマスパーティーで演奏を頼まれて、エリック・クラプトンを数曲(「ワンダフル・トゥナイト」「ビフォー・ユー・キューズ・ミー」「チェンジ・ザ・ワールド」「フォーエバー・マン」などなど)やったんですが、たった一曲だけクラプトンじゃない曲をやり、その曲がこの「モア・ザン・ワーズ」でした。当時私はエクストリームのことをまったくしらなくて、ボーカルだったA坂さんにこのバンドのことを教えてもらいました。私はすぐにこの曲を好きになり、CDも買った記憶があります。私はキーボードだったのでこの曲は私の出番がなく、ただ聴いていただけなんですが、すごくハーモーニーが美しくて相当ほれ込んだ記憶があります。今でもこの曲を聴くと当時のことを思い出して懐かしい気持ちになりますね。
スポンサーサイト
【2009/06/17 00:00】 | MY ROOTS | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<対陽動振り飛車 | ホーム | あー!もう!(怒)>>
コメント
No title
ぼくにとってEXTREMEのNuno Bettencourt(ヌーノ)は今でもGt.の先生です。

実はこの曲を自分の結婚式で弟と演ったんです。もう16年前ですが。その後も何度かオヤジバンドのレパートリーにして、やりすぎて飽きちゃった^^;

数年前復活したextremeのライブ行ったら小さい会場なので客の声がバンドに聞こえるのでリクエストが飛ぶんですが、
「please、『More than words』!」の声にヌーノ(Gt.)が
「I don't like it」って答えて笑いを誘ってました。

結局やったのですが、きっと本人たちにとっては代表曲とされたくない曲調かも。“狙ってるな”感がありますからね。もうんざりするくらい演奏したこともあるのでしょうけどね。
【2009/06/19 11:25】 URL | よしろ #-[ 編集] | page top↑
No title
学生時代、雇われギタリストとしてEXTREMEの曲を2・3曲ほど弾きましたが、例外なく難しかったです(汗)
More than wordsも友達が練習してなぁ~。
最後のライトハンド・ネックベンドも苦労してましたよ。

ヌーノはYOUNG GUITAR やギター・マガジン等でよく特集されてましたけど、今はどうしてるんでしょうねぇ。

いや~懐かしい。
【2009/06/19 12:29】 URL | ポカポカ #-[ 編集] | page top↑
No title
よしろさんへ。
よしろさんから必ずコメントがつくと確信していましたよ^^;
よしろさんのブログURLにベッテンコートって入ってますもんね~。
たしかにこの曲は、エクストリームらしくない曲であり、売れ線狙いは明らかですが、それでもこの曲がHITしたことにより、エクストリームの知名度が格段に上がって、本来のエクストリームがやりたい曲も万人に知られることとなったんじゃないですかね~。
そういえば「Mr.Big」も「Be with You」が、まったく同じことになってましたね~・・・

ポカポカさんへ。
ポカポカさんも、エクストリームやりましたか~!
すごいですね!なんでもこなしてますな~^^。
それとヌーノはまたエクストリームを再結成して元気でやっているようですよ~。
【2009/06/19 21:21】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eostk.blog57.fc2.com/tb.php/213-bdcf3141
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。