目線・・・その時どこを見ていますか?と言う話、2題
私、ピアノと将棋を少々かじってるわけですが、それをやっているときどこを見てるんだろ??と言う話です。

まずピアノから。
全盲のピアニストの話題が鬼さんのブログであって、それに感化されこのネタを思いついたわけなんですが、私がピアノを弾いている時、どこを見てるんだろ??って考えてみたんです。
人間の目は二つあるんですが、なぜかひとつのことしか注視することができませんね。
カメレオンは両眼で別々のものを見ることができるらしいですが、残念ながら人間はひとつのことしか集中して見ることができません。
ピアノは大抵、両手で弾くんですが、上記のことから、右手か左手、どちらかの動きしか見てられないんです。
私の場合は、大抵右手のほうを見ています。右手で弾くフレーズは、複雑であり、また早い動きが必要なこともあることと、逆に左手は、大体決まった一定のリズムで、同じようなフレーズの繰り返しで弾くことが多いためです。
よって、左手はほぼ手に動きを覚えさせると言う訓練が必要になってきます。
条件反射的に手が勝手に動くと言う風に鍛えていくわけですね。
このことを考えてみると、いまさらながら、人間はすばらしい能力を持っているんだな~と感心しました。
鍵盤は、人間の指の間隔にあわせて設計されていて、左手の小指を「ド」に当てると、そのまま他の指を、小指、薬指、中指・・・と言う風に下ろしていけば自然に「ドレミファソ」が弾けるようにできているわけですが、それでも小指で「ド」を弾いた後、親指で「シ#」なんかを弾く場合は手のひらの開き加減を手のひらが覚えている、またもっと上の鍵盤を押さえる場合なんかは腕を移動させて弾くんですが、腕がその鍵盤までの距離感を覚えていると言うことになりますね。ほんとすごいことだと思います。
逆に目で見てる右手のほうは、目でその距離感を測る訓練をしたため、右手を見ないで左手を見て弾けと言われても、右手自身は距離感を覚えていないので、弾くことができないし、反対に左手は目で見る情報と、手が覚えている距離感との情報が交錯し、迷いが出て間違えることが多いです。このように人間のシステムは素晴らしいこともあれば、不器用なこともあるようです。^^;

次に将棋の話。
これは、ピアノの話とまったく違う話です。
将棋を指しているとき、どこを見ていますかと言うことなんですが、私の場合、大体序盤は、王様を囲い合えば、自玉と相手玉をみてます。囲いが終わって、戦いが始まれば、その戦いの場所周辺に釘付けになっているでしょうか・・・。
戦況が悪くなれば、ますます盤面に頭が近くなり、周りの状況が良く見えなくなります。こういう時に、遠く離れた敵の角なんかに、駒をただ取りされるポカが出るんですよね~(笑)
逆に、戦況が良い場合は、頭はなぜか上がって、視線が高くなり、ラッキーパンチを食らわないように、盤面全体を見渡して、敵ゴマの配置を確認することが多いようです。
そういえば、プロ棋士の田中寅彦さんなんかは、テレビ対局で何回か見たことありますが、考えどころの局面では、口を真一文字に結んで、盤面全体を、見渡すように目が動いていますよね~。(目どころか、あごも一緒に動いてます。これ、ちょっとパフォーマンス的な匂いもするわけですが・・・^^;)
こういう風に、指さないといけませんね~。反省。
スポンサーサイト
【2010/01/11 23:02】 | 音楽を語る | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<ゴスペラッツって?? | ホーム | 絶対に知ってるクラッシックの名曲・・・「シューベルト」-ピアノ五重奏「ます」>>
コメント
No title
これは興味深いエントリーですね。

特に将棋、NHK杯でこないだ藤井九段が終盤入り口あたりであさっての方角を見てたんです!(ネットで話題になった大逆転負けでしたが)

その感覚について、ぼくの場合詰将棋でわからないときに目を閉じたらとたんにできたことが何度かありまして、不思議だなあと思ってました。

さすがに対局では時間制限もあり怖くて試しませんが、目を閉じて頭の中に浮かび上がる盤が確かにあるようです。これを育てればもっと強くなれるのかなあとぼんやり思ったまま育ててないのですが(笑)。
【2010/01/12 01:56】 URL | よしろ #zwmGAl4I[ 編集] | page top↑
よく見るよろし^^
ピアノの話題にはついていけそうにないのですが
私は何に寄らず、”ブラインド”でワードをたたき
ピアノをたたく人なんて、スーパーマンに見えます(笑)

将棋はきわめて近視眼的で、相変わらず局地戦しか
見えてません。
24で王手放置(&素抜かれ回数^^;)の回数の統計を出したら、少なくとも
金銀銅のいずれかのメダルは取れるんじゃないでしょうか(笑)

橋本崇徳七段がNHKの講座で”四隅の香車を見よ”という
格言を教えてくれました。これを習慣付けると見落としがうんと
減るそうです。心がけるようにはしていますが
見落としの何と多いことよ(T_T)
【2010/01/12 10:19】 URL | 鬼 #SVN37ShE[ 編集] | page top↑
No title
よしろさんへ。
プロ棋士は頭の中に盤面があるそうで、目をつむっていても全然苦にならないみたいです。幼い頃から訓練された頭脳を持っているんですね~。
われわれアマチュアは、目をつむることで、盤面はわからなくなりますが、ある種の雑念が払え、筋が急に思い浮かぶこともあるんでしょうな~。

鬼さんへ。
私は王手放置は、あんまりないんですが、王手飛車は、金銀銅メダルもらえるくらい食らいましたよ^^;
ひどいときには一局で2回、王手飛車食らったことありますから。
【2010/01/13 21:25】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eostk.blog57.fc2.com/tb.php/266-a74c0020
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |