将棋の手筋・・・その2、早囲いをすばやく寄せる。
今回は攻めです。攻めと言うより寄せでしょうか・・・。
下図の後手は早囲いと陣型で、最近はあまり見かけませんが、それでも中飛車党などで、攻め重視の棋風の方には採用されていることがあるようで、私もたまに見かけます。

さて、この早囲いをすばやく寄せてみようと言うのが問題なんですが、下図で先手がどう指すか??
一目、▲5二金打なんて指しいる方、多いんじゃないでしょうか??
でもそれは△7一金打と受けられて、千日手コースですね。
また、少し筋がいい人は、▲8二金、△同玉、▲6一飛車成りと指しそうですが、これも△7一金打と受けられて二の矢がありません。




じゃーどうすんの??と言う事ですが、一撃必殺の寄せがありました。
それは、上図から、▲6一飛車成り!!、△同玉、▲8二金がすばらしい寄せ方で、これで後手玉は必至になっています。↓下図参照

hayakakoi2.gif

これで、次の▲7二金打と▲5二金打の両方の詰めろが同時に受からず、後手受けなしとなります。
こんな筋で、勝ったらほんと気持ちいいですよね~。ぜひ、ご記憶あれー!

ちなみに、飛車を後手に渡すと先手玉が詰まされるような場合には使えません。念のために。
将棋の実戦は、いつも応用なんです。こういう筋をたくさん覚えて、その場で使えるか使えないかの判断をすることが必要です。
スポンサーサイト
【2010/01/21 23:17】 | 将棋の手筋 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<将棋の手筋・・・その3、香車の王手には。 | ホーム | 将棋の手筋・・・その1、歩の位置を変えて受ける。>>
コメント
No title
これはトノ・シノわかったようです。
僕は...不正解でした(笑)
【2010/01/23 09:28】 URL | ??? #-[ 編集] | page top↑
No title
おお!この早囲い攻略を知っているとは!!将来有望です!!
ポカポカさんには残念賞を差し上げます。^^;
【2010/01/23 12:24】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
ぐあ。
相手には持ち駒がないからまだ詰まないと確信して、すぱっと飛車を切って即死したのは私です(泣)

仕上げの金打ちが初級者にはなかなか思いつかないんですよね。
ヒモがつかない場所に拠点の金打ち。
息子との差を痛感するテーマのひとつです。
胸にぐさっとくる痛みが心地いいです(泣)。ありがとうございます。
【2010/01/23 14:50】 URL | よしはる #-[ 編集] | page top↑
No title
よしはるさんへ。
胸にぐさっときましたか(笑)
でもね。こういう筋は思いつかなくていいんです。
普通の人は、思いつかないです。
こういうのは覚えるだけでいいんですよー。
たくさん筋を覚えて、その場その場で使えるなら使う。
そういう感じでOKでだと思います。
【2010/01/23 22:21】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eostk.blog57.fc2.com/tb.php/270-afcce720
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |