スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
将棋の手筋・・・その3、香車の王手には。
再び、将棋の手筋です。昼間、仕事してても、いろんな将棋の筋が頭に浮かんできて、今のうち書いとかないと忘れちゃう!!そんなわけで、ネタを覚えているうちに連載します。^^;

1図は、先手が後手玉に詰めろを掛けた手に対して、△8一香車と王手を掛けてきたところです。
これ、一見8八に何を合駒しても、同香成りで無効だし、また▲9八玉と逃げても、△8七香成りで詰み・・・
なんて早合点して投了してしまった人、いませんか~??



ところがこれ、詰んでないんですよね~。超ファインプレーな受けがあるんです↓

nakaai02.gif

▲8七歩!!!!と、何もない空中にポンと合駒してみます。後手は自玉が詰めろなので王手で迫るしかなく、△8七同香成らずと指すしかないですが、以下、▲9八玉、△8八香成り、▲9七玉、△8七金、▲9六玉で見事に逃れています。↓

nakaai03.gif

香車の王手には、中合い(何もない空中にポンと合駒する)の筋、考えてみる価値はありますよー。
ご記憶あれー。

ちなみに、この中合いは、大道詰将棋(今は見なくなりましたが、縁日の露店で、一局いくらかのゲーム代を取って、詰ませられれば景品をもらえる出し物)で「香歩問題」と言う種類に頻繁に出てくる筋で有名です。
興味ある方は、「大道詰将棋」「香歩問題」でNET検索してみてください。
恐るべき難解な「客からゲーム代をせしめる詰め将棋屋さん」の詰め将棋をたくさん見ることができ、その難解さを堪能できますよー^^;(ちなみに、その詰め将棋は一見、簡単に詰むように見えるところが一番恐ろしいんですけどね。この記事の1図と同じで、人間の錯覚を利用してるんですね~。)
スポンサーサイト
【2010/01/22 22:52】 | 将棋の手筋 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<将棋の手筋・・・その4、香車の打ち場所。 | ホーム | 将棋の手筋・・・その2、早囲いをすばやく寄せる。>>
コメント
No title
大道詰将棋か伊藤看寿の詰将棋かのどちらかだったと思いますが、8七銀!という中合いを見た覚えがあります。将棋は恐ろしい、と感じました。こういう手筋は、はじめて見たときにじーんと来ますね。
それでいて実戦の時にはころっと忘れるのですから、人間もまた恐ろしい.........。
【2010/01/23 17:06】 URL | 桂×桂 #xeShSiNs[ 編集] | page top↑
No title
大道詰め将棋の香歩問題は、大体、角か銀の中合いです。
お決まりのパターンってやつです。
でも、こういうのって、なかなか実戦で、思いつかないっていうのは同感です。
歩なら、少しは中合い考えるかもしれませんが、角銀捨てるのはなかなか考え付きませんね。^^;
【2010/01/23 22:26】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eostk.blog57.fc2.com/tb.php/271-79c5fef5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。