スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
冬季オリンピック
せっかくの冬季オリンピック開催中なのでオリンピックネタを上げときます。
映像は1998年の日本で開催された長野オリンピックのスキージャンプ団体なわけですが、この映像、今見ても涙が出てきます。当時は、かなりの量の感激の涙を流した記憶があります。
私、結構、涙もろくて、ちょっとしたことでも涙が出てくるんですよね・・・。
こんな私は、センチメンタル過ぎでしょうか??(笑)

このジャンプでは原田さんが一世一代の大ジャンプを決めてくれました。
前回大会で失敗した汚名を見事に晴らしたわけです。
そして最終ジャンパー船木選手に「ふなき~~~!」と祈るようにつぶやいていたのが今でも記憶に残っています。そして船木選手も華麗なラストジャンプを決め、見事に金メダルを獲得しました。

彼らは「日の丸飛行隊」と呼ばれ、そして歴史に名を残しましたね。
そして私も彼らのことは一生忘れないと思います。

スポンサーサイト
【2010/02/17 22:33】 | スポーツ名場面 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<火花散る将棋 | ホーム | この時代にすでに・・・四間飛車VS右玉>>
コメント
No title
私だったら、こんなもの凄いプレッシャーには
心臓麻痺起こして、スタート台から、そのまま
天国まで跳んじゃいそう(爆)
【2010/02/19 13:12】 URL | 鬼 #SVN37ShE[ 編集] | page top↑
No title
確かにすさまじいプレッシャーでしょうねー。
私も将棋の地方予選の決勝ではぶるぶる手が震えたことがありますが、こんなこととは比べ物にならない究極のプレッシャーがあるんだと思います。
原田さんも、自分が飛んで成功した後、声が震えてましたもんね~。
【2010/02/19 21:58】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eostk.blog57.fc2.com/tb.php/289-c8d2589f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。