生まれて初めての手術。
アキレス腱が切れてしまい、生まれて初めて手術を受けたんですが、せっかくなんで
その記念に、手術当日の出来事を綴ってみたいと思います。

手術当日8月17日(火)

AM:700~
前日から入院していたんですが、結構ぐっすり眠ることができました。
AM7:00に看護士さんに起こされ、頭もぼけた状態でしたが、点滴を打たれました。
点滴は約2時間ほどかかったんですが、ベッドから離れられないのがつらかったです。

AM:9:15~
いよいよ手術前の準備。手術着(浴衣みたいな感じ)と紙パンツを渡され着替えるように言われました。
また手術前に医師の指示により浣腸される場合があるらしいですが、これは何とか免れました^^;
まずはひとつ山場をクリアーしました。(笑)

AM:9:30~
車椅子に乗って手術室へ移動。松葉杖と違って車椅子は楽ちんでした。
手術室の前で嫁さんとお別れ・・・この辺から心臓がバクバク言い出しました・・・
手術室に入ったと思ったら玄関のような場所でアレッ?って一瞬思いました。
その玄関のような場所で手術帽をかぶせられ、車つきベッドへ乗せられさらに奥へ進むと
廊下があって、その廊下を挟んで手術室が左右にいくつもありました。
その一番奥の突き当たりの手術室へ運び込まれました。

AM:9:45ぐらい~
車つきベッドから手術台へ乗せられ仰向けに寝かされました。
寝かされるとすぐに、看護士さん数名が、私の体に次々と計測器具を取り付けていきました。
血圧計、心拍数はかる装置・・・
周りを見ると、もうテレビドラマでしかみたことないような医療器具がたくさん並んでいて
ビビリました。私の顔が引きつるのが自分でわかりましたから^^;
私があまりに緊張していたのがわかったようで、看護士さんが私の緊張を解くように色々
世間話をしてくれました。

AM10:00ぐらい~
麻酔医さんが到着・・・ついにこの時が来てしまった!こうなるともうまな板の上の鯉と同じで
どうしようもありません。麻酔医さんがポツリと「じゃ、麻酔しますね!」
(下半身麻酔・・・腰から下だけが麻酔状態になるらしい)
看護士さんに横向けに寝るように言われ、さらに両ひざを両手でかかえ(体育座りの格好で横向けに
寝た状態)背中を丸めて、おへそを見るように支持されました。
背中を丸めると腰の背骨と背骨の間に隙間ができるので、その隙間に注射するらしい・・・
看護士さんが「まずは消毒します!」と腰の辺を広範囲に消毒しました。
それから「針を刺すときは言いますからね。体を楽にして、針が刺さっても背中を引っ込めないように!」
「引っ込めると注射できませんからね」と・・・うう!果たして私に耐えられるのだろうか??とても心配に
なってきました。
そしてついに麻酔医さんが「じゃ~注射します」と言うと同時に数名の看護士さんが私の手足体を押さえつけて
動けないようにしました・・・うげー!これは聞いてないぞ!!
そして腰に注射針が「ブスッ!!」と最初はうわ~痛いっ~!と叫びそうになりましたが、でも思ったほどは痛くなく「これは耐えれそうだ!」と少し安心しました。
注射時間は10秒足らずだったと思いますが、その10秒がこれほど長く感じたことは無かったですね・・・
うう。

麻酔注射が終わった頃、執刀医さんが到着されました。
執刀医さんが到着されると、突然手術室にBGMが流れ出し(J-POPでした)私に「リラックスしてください
ね~」と言うと看護士さんたち「じゃ~あと10分ほどしたら開始します」と指示されました。
そして10分後、私の足をあっちこっち触られて麻酔が効いてることを確認すると、私をうつ伏せにして
頭に毛布をかけ手術が開始されました。

麻酔が良く効いていて、痛みどころか触られている感覚すらなかったです。
手術中は、執刀医さんと看護士さんが終始、雑談されていて、時には執刀医さんの冗談で看護士さんから笑いが
もれるなど、とても手術中という雰囲気は感じられませんでした。
J-POPのBGMと言い、まったく緊張感の無いまま手術は終わりました。

AM12:00~
手術室から、車つきベッドへ病室まで運ばれました。時計を見るとちょうど12時でした。
病室に着くと看護士さんから「麻酔が覚めるまでひたすら安静にしておいてください」と言われました。
もっともこっちは麻酔のため下半身がまったく動かないので安静しかないんですけどね^^;
しかしこの下半身がまったく自分の意思で動かせないということには驚きましたね。
まるで自分の足じゃなかったみたいでした。
また麻酔が効いてる間はおしっこができないので、尿管をつけるか否かの話を看護士さんと執刀医さんで
話をされていましたが、多分大丈夫だろうと、これも免れることができました。ラッキー^^。

PM3:00
ようやく足が麻酔からさめる感覚が・・・長時間正座した後のような、びりびりした感じに変わってきました。
途中では長時間正座直後の「私の足に触らないで!!」的な痺れ感で、憔悴しました。

PM6:00
ようやく麻酔からほぼさめました。
それにしてもタバコが吸いたくて吸いたくてしょうがなかったんですが、ず~っと点滴されていたので結局
その日は吸うことができませんでした。またその日は絶食と言うことで、もー腹が減って腹が減って・・・
水も一滴も飲んでないし・・・
その夜は、ヤニ切れのイライラと絶食の腹ペコでなかなか寝付けませんでした。

ま、大体こんな感じの一日でした。しかしこういう一日は、もう二度と過ごしたくないもんです。
ほんとにほんとに・・・。
スポンサーサイト
【2010/08/21 22:19】 | 凡庸な日々 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<マッハ・ゴー・ゴー・ゴー | ホーム | アキレス腱>>
コメント
No title
無事手術が終わって安心しました。

腰の麻酔痛くなかったんですか?
良かったですね~。
僕は小2の時に盲腸で麻酔したんですが痛くて痛くて...

しかしヤニ切れのほうがきついかも。
僕も結構ヘビーなほうなので(笑)
【2010/08/21 23:23】 URL | ポカポカ #-[ 編集] | page top↑
No title
無事手術が終わってほっとしています。

レポートを読んで、帝王切開の手術を思い出しました。
私の手術もこんな感じでした。
手術室はBGMのおかげで緊張がほぐれますよねw
手術が終わって初めて口にした重湯が凄くおいしかったのを覚えています。

ゆっくり休んでくださいね。



【2010/08/22 22:04】 URL | をかし #-[ 編集] | page top↑
No title
ごぶさたしてます~。

手術成功なによりです。
アキレス腱断絶って、結構な手術が必要なんですね。
自分も気をつけなければ・・・。
【2010/08/23 22:06】 URL | mo-take #ngKuQirA[ 編集] | page top↑
No title
ポカポカさんへ。
麻酔注射は大人なら耐えられますが小さい子供さんなら大泣きしそうな
感じです。
ポカポカさんは盲腸の手術をされたということで、あれは全身麻酔なんですか?

をかしさんへ。
出産の痛みと比べれば、こんな手術はたいしたことないですね^^;
私も嫁の出産に立ち会いましたが嫁が「痛い~~!」って絶叫してたのを
思い出しました!
あれ見るとあの痛みに耐えられる女性は強いな~って思いますね。

mo-takeさんへ。
ほんにお久しぶりです。
アキレス腱断裂は手術しない方法もあって、どちらかと言えば、手術しない
方が現在の主流らしいんですが、手術したほうが回復が早いらしくて、
仕事に早く復帰するためにも、手術のほうを選びました。
【2010/08/24 17:44】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
No title
1.いよいよ手術室という照明看板が点いた部屋の前に
キャスターベッドで運ばれる。ワイフが「がんばってね」と
大きな声で励ましてくれている。「まだ、死なんわい」と
空元気を出す。

2.手術室の中、まるで天国に来たような静けさ・・・
丸い部屋で八方にドアがある。数えただけでも8つくらい
あった。そのうちのひとつに入れられるんだ。薄青いスポットライトが部屋を
別世界のように照らしている。
凄い美人の看護士(そう見えたんだから仕方がない(^^♪)が
私の顔を覗き込み「あなたは何の手術を受けるんですか?」
「主治医はどなたですか?」分かりきったことを・・・と思いながらも
誤診事件の予防だろうな、と思いながら一つ一つに答えた。
「はい!ありがとうございます。今から○○先生が待っておられる手術室
に、入ります」

3.手術室では麻酔医が待っていた。局部麻酔~全身麻酔~硬膜麻酔
と丁寧にその意味を説明してくれた。向こうでは執刀医にして主治医の
W先生が私に大きくうなずきながらウィンクしている。これほどウィンクを
力強いと思ったのは初めてだった。

4.○○さ~ん!という看護士の声で気がついたら、すでに手術予後室、
何と外は真っ暗!手術時間6時間!相当な難手術だったことはさすがに
想像できた。執刀医のW先生が入ってきた。「どうかね、調子は?
思った以上に手こずったよ。」
そして以後退院するまで45日間の苦闘が始まるのであった^^;。

まぁ私の手術の思い出はこんなとこです(笑)
【2010/08/25 10:02】 URL | 鬼 #SVN37ShE[ 編集] | page top↑
No title
アキレス腱をやっちゃいましたか。。。。
お大事になさいませ
手術は緊張しますよね。。
私、大昔に喉の手術をやりましたが、手術の前にされた脊髄注射が
猛烈に痛かったことを覚えております。
人間健康が一番ですね(苦笑
【2010/08/27 11:20】 URL | こまち #-[ 編集] | page top↑
No title
もしかして禁煙の大チャンスでは!?
もうすぐ大幅値上げのこのタイミングにこの状況、プラスに捉えるためには禁煙達成では?
王手飛車をくらったほうが実は優勢だったみたいな1局にしましょうよ^^
【2010/08/27 18:24】 URL | よしろ #zwmGAl4I[ 編集] | page top↑
No title
鬼さんへ。
そういえば、鬼さんも手術と入院されてましたね~。
それにしても手術時間6時間、入院45日とは凄すぎる!
アキレス腱断裂手術ぐらい屁みたいな感じでしょうな~^^;

こまちさんへ。
そうなんです、やっちゃいました^^;
人間健康が一番なんて、言葉では知っていても、こういうことにならないと
身にしみないんですよね~。
現在、身にしみています^^;

よしろさんへ。
我が家では家の中は禁煙なので、タバコ吸うために外へ出るのが億劫で
通常の半分ぐらいの本数になってます。
このまま禁煙できれば確かにいいとは思うんですが、全然自信がないん
ですよね~^^;
【2010/08/27 20:05】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
良かった(^-^)
ごぶさたです。
大変なことになってたんですね。
お辛かったことでしょう。同情します。
僕も手術の経験(と言っても人差し指の複雑骨折した関節部にプラスティックで
補強するものでしたが)あるので、その緊張感よくわかります。

いろいろと怖いというか避けたいようなパターン(尿管をつけるとか)があるみた
いですね。それもクリアーで良かったです(^-^)
そして手術成功おめでとうです!

実は僕もこの夏は体中に発疹が出来るアレルギーになってしまって、その痒さ
と見た目の気持ち悪さにずいぶんと凹んでいました。
1ヶ月が経ち、病院の処方も効いたのか、ようやく治ってきました。
疲れで免疫機能が落ちていたのが原因のようです。

お互い、なにかと気をつけましょう(^-^)
【2010/08/29 22:50】 URL | maru #HfMzn2gY[ 編集] | page top↑
No title
maruさんも苦労なさってたんですね~。
アレルギーとは相当かゆかったでしょうな~。
私もギプスしてるところが、かゆいときは、そりゃもー大変ですが
それ以上に大変だったことが想像できます。
ようやく回復に向かっているということでよかったですね。
私も後、数週間でギプスが外れますので、なんとか耐えます^^;
【2010/08/31 22:13】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eostk.blog57.fc2.com/tb.php/348-a644a66f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |