スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
メリケン向飛車のルーツ発見?
私の親父も将棋大好きなんですが、先日「もう読まなくなったから」と将棋の棋書を送ってきました。
早速見てみると「大山の将棋読本」という本でした(全5巻)
ooyama.jpg

その本を読んでいると第1巻の向飛車の章に、なんとメリケン向飛車が解説されているじゃーあーりませんか!!(発行日を見てみるとなんと初版が昭和47年8月・・・私まだ小学生だし^^;)
メリケン向飛車と言えば横山公望さん開発と言うことになっていますが、案外こういうところにヒントを得て発展(磨きをかけられた)させられたのかもしれませんねー。まったく興味深いことです。
その本に書かれていた解説用棋譜を上げておきます。
(本では下の棋譜の解説と、その変化を色々解説してありました。)



スポンサーサイト
【2007/06/24 20:04】 | 将棋論考 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<EWIEWIの由来 | ホーム | オフ会2>>
コメント
やっぱり昔からこういう形はあったんですね。藤井システムだって構えそのものは考案前からありそれに新手をいくつか加えたものが藤井システムと呼ばれいるだけですからね。
そういえば後手の構えが妙に中央を手厚くしているのは大山名人の著だからですかね^^
【2007/06/25 18:56】 URL | odakazumasa #DL4eDHzc[ 編集] | page top↑
なかなかオリジナルを創作するというのは難しいですねー。これだけ長い歴史があって、9×9マスじゃ序盤は必ず誰かが一度はやってるような気がします。
棋譜が手厚いのは大山さんの棋風ですかねー。
もっとも、この棋譜は「攻める振り飛車」がテーマなので大体振り飛車が攻めて居飛車が受ける棋譜に誘導されてますけどね^^;
【2007/06/25 21:31】 URL | ??? #-[ 編集] | page top↑
向飛車でもいろいろあるんですねぇ...
メリケン...アメリカ...?
トノにも見てもらおっと!

ちなみに初版時、僕は生後数ヶ月です。
【2007/06/27 10:15】 URL | ポカポカ #-[ 編集] | page top↑
メリケンは、まーアメリカンの意味でしょうが、メリケン向飛車のネーミング由来は私もわかりませんです・・・ハイ^^;
多分ですが開発者の横山公望さんは横浜在住と言うことで、「メリケン波止場」から来てるのではないかと推測いたします。(本当のこと知ってる方、おられましたらぜひ、お教えください。)
【2007/06/27 20:18】 URL | ひょい。 #-[ 編集] | page top↑
ネーミングの由来はひょいさんのおっしゃる通り
だと思いますよ。
でも横浜駅西口の道場も閉鎖されていました。
でも、こういう新作戦の考案者は案外に
アマチュアに多いですねぇ
立石なんてすばらしいですよ
【2007/06/28 11:08】 URL | #-[ 編集] | page top↑
そういえば鬼さん、横浜でしたねー。横山公望さんと会ったこととかないんでしょうか??^^。

立石流はコバケンさんがプロ棋戦でも数多く指し、かなりブームになりましたねー。
私も一時期かなり真似したことがあります。
【2007/06/29 19:21】 URL | ひょい。 #-[ 編集] | page top↑
7五に突き出た歩が、拳に武具のメリケンサックを装着した形に似ている所からメリケン向かい飛車と命名された。

と記憶しておりましたが、どうなんでしょう?
個人的には全然そのようには見えないですが(笑)
アヒル戦法も決してアヒルには(以下略)
【2007/06/30 03:53】 URL | かえで #-[ 編集] | page top↑
メリケンサック説ですかー!こりゃまた面白い。
私もNETで色々調べれるんですが、わからないんですよー。こりゃー本買うしかないかな??^^;
【2007/06/30 15:05】 URL | ひょい。 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eostk.blog57.fc2.com/tb.php/35-087c5c26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。