オーバダビング
1990年代の終わり頃、「JOURNEY」のコピーバンドをやっていた時期があるんですが
その時に一曲だけシカゴの「Hard To Say I'm Sorry(邦題・・・素直になれなくて)」をやっていて
その音源が残っていたのでMusic Truckに上げようと思ったわけですが、どう聴いても音が薄い・・・
シカゴって、シンセの音が厚くて、とてもシカゴやりましたと言う雰囲気じゃないので、この音源に
シンセをかぶせて(オーバーダビング)録音することにしました。
ところが、どこを探しても当時の譜面がない!・・・うう、しょうがなく耳コピーすることにしました。
昨日からもう何十回聴いただろう・・・いい加減に飽きてきたわけですが、この曲は最後までやります。

しかし譜面がないことと、当時の音とダビングする音の雰囲気(臨場感とか)をあわせる事が難しくて
四苦八苦していますが、なんとか来週中には完成させたいと思っています。
さらに可能であれば、私の自声コーラスも入れてみたいと思ってるんですがね・・・どうなることやら・・・

ちなみに「Hard To Say I'm Sorry(邦題・・・素直になれなくて)」は↓の曲です。
かなり有名なので、ほとんどの人が知ってると思います。

スポンサーサイト
【2010/12/18 23:44】 | 音楽を語る | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<オーバーダビング続き | ホーム | JOURNEY>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eostk.blog57.fc2.com/tb.php/390-10bc37b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |