ジミヘンコード


マジェさんバンドでジミヘンのパープルヘイズをやっていて、私もオルガンぐらいでなんか入れようと練習してたんですが、譜面がなくてNETで色々コード譜を探していたら、この曲はジミヘンコードと言われる少々変わったコードが使われていると言うことがわかりました。
ジミヘンコード=E7#9…
#9?????…私もコード詳しいと自負していたんですがなんじゃこりゃ??と思いましたね…
調べてみるとE7#9=E、G#、B、D、Gの和音のようで、なんでGとG#が一緒に鳴ってんの???と理解不能でした^^;まーいわゆるE7とEm7が同時に鳴ってるような感じで非常に曖昧な響きがするコードだと思いましたね。これギターで弾くとそれなりの感じがするんですがオルガンで弾くとものすごく気持ち悪い響きがします…
これはいかん!!と思い、このコードだけはとりあえずパワーコード(E、B)でごまかすことにしました。^^;

またこの曲、ギターソロでF#のキーが鳴ってるんですがこのF#は、この曲の印象を決定づける非常に重要な音程であると認識しました。
このF#はEキーのペンタトニックにもブルーススケールにもない音で、クロマチック的ないわゆるジプシーキー(あるいわ、アラビアンキー…またはアラベスクキー)であり、非常にアジア(特に中東)を思わせるオリエンタルな香りがする音階だと思いました…ショパンのマズルカOP7をちょっと感じさせましたね。


で…YouTubeのパープルヘイズ聴きながら練習して、ようやくオルガンでそれなりに弾けるようになったのですが…「そうだ、この前録音したマジェさんバンドの音源に合わせて弾いてみようと!」と思い弾いてみたんですが、これが合わない!!!
いや、一部合わないところがあるんです…
Bメロのヘルプミー!と言うところ…
原曲ではA(ヘルプミー)B(ヘルプミー)D、E7#9(ギターソロ〜)なんですが、マジェさんバンドはギターソロに入るまで一小節多い!!!!
しかも録音が曖昧な感じでなんのコードが判別できない…
こういうのがバンドの醍醐味であり、一番苦労するところなんですよね~…
最悪、マジェさんにどうやってるのか聞いてみます(笑)
スポンサーサイト
【2011/07/05 21:58】 | バンド活動 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<ルパン三世のテーマ’79 | ホーム | 松本復興相>>
コメント
あ…なるほど。
ギターのラフさは鍵盤界ではかなり不可解なものになるんですね。
故にディープ・パープルの心地よい違和感が出せるわけですよね。

今さらですがこれはいい勉強になりました。

マジェさんもおそらくは自分に似たタイプのプレイヤーですからね。
たぶん「んっ?( ゜д゜ )…テキトーですよ!」と答えるんじゃないでしょうか。
【2011/07/06 00:25】 URL | トイナナ #-[ 編集] | page top↑
E7#9
ジミヘンコードという名称は、初耳ですが、
このコードは、当たり前のように思って、
昔から、弾いたり、聴いたりしてました。

ギターの場合、鍵盤と違い、近接した和音が、
出せないため、オクターブずらした展開で、
4声を鳴らすので、独特のテンションコードが、
存在するのかもしれません。

1小節多いのは、?マークですが、12小節、
16小節にならず、インタールード的に挟むのが、
ロックの曲をコピーしていると、けっこうあります。

バンド活動、すごく楽しそうですし、何よりも、
気合が感じられて、次の音源、期待してます。
【2011/07/06 03:28】 URL | ギターマジシャン #-[ 編集] | page top↑
パープルヘイズ
ジミヘンにキーボードで参入はすごいですね!
色んなアプローチができて自由度が高いぶん
たいへんそうですね!
でもとても楽しそうです♪
【2011/07/06 19:52】 URL | リッチーエリックボーン・ペイジリックス #-[ 編集] | page top↑
No title
どうも
SNAKEです
ジミヘンセッションおもしろそうですね
機会があったら音源UP期待しちゃいます
【2011/07/06 20:12】 URL | SNAKE #-[ 編集] | page top↑
No title
トイナナさんへ。
ギタープレイヤーって、そのへんは適当にって言うのが多いです(笑)
いやいや、私も昔からバンドやってますが、ギタリストはそういうタイプが多いと思いますね。
多分、プレイするやり方が決定的に鍵盤と違うと思います。
ギターってコードから入る人が多いと思うのですが、このコードはこう言う指のポジションで…って感じで、手の形とそのポジションの変化で音鳴らしている人が多いんじゃないでしょうか??キーが変わっても手の形は同じでフレットひとつずらすだけで済みますし、多分最も経験則で演奏できる楽器だと思います。
(極端に言うと、例えばEのコードを弾いたときに6弦は何音、2弦は何音を弾いていると意識している人は少ないんじゃないでしょうか??)
逆に鍵盤は音階から入ることが多いので、自分が何の音を弾いているのかにすごく敏感になります。同じEコードでもE音をルートにするのか、3度なのか5度なのか…このへん、私はすごく考えてしまいます~…^^;

ギターマジシャンさんへ。
このE7#9は、鍵盤で言うとEをルート音にした場合、E、G#、B、D、Gの配列になり、これ片手で弾けないんですよ。要はルートE音と一番高いG#が離れすぎていて指が届かないんです。なので両手で弾けば今度はモジュレーションホイールが使えないということで、オルガンらしいロータリースピーカーシュミレーションが再現できない…結局最後のG#音をオクターブ下げてE、G、G#、B、Dと弾けば和音が気持ち悪いということで、鍵盤ではどうにもこうにもならない困ったコードちゃんで、ほんと困りました^^;
またこの曲はいろんな方がいろんなアレンジをされているようで、コピーするにも何を手本にしていいのかわからない、ほんと困ったちゃん曲です^^;

リッチーエリックボーンさんへ。
この曲はYouTubeでも色んな人が色んなアレンジで演奏してるんですが、キーボード入れていて参考にならないのがほとんどですが、唯一、高中さんとつのだ☆ひろさんが演奏されている同曲にオルガンが入っていて、今のところこれを参考にしようと思っています↓

http://www.youtube.com/watch?v=jnXS2M60n00
【2011/07/06 20:27】 URL | ひょい。 #-[ 編集] | page top↑
No title
SNAKEさんへ。
コメントありがとうございます~。
とりあえず毎回練習時はMTRで録音しようと思っているので、可能な限り公開できたらな~と思っています。(もちろんマジェさん同意の下で)
こう!ご期待ください!^^。
【2011/07/06 20:31】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/07/06 23:51】 | #[ 編集] | page top↑
No title
ぼくもギター担当なので今までなんの引っ掛かりもなく弾いてました。ピアノ視点からだとずいぶんと変わり種なのですね。

というか、ぼくレベルだと楽譜はちゃんと見ずにタブ譜で済ませちゃうのでコードの成り立ちを気にすることがなかったのです。なのでとても興味深い記事でした。

そんなザマなので時折ピアノを弾く時に、ヘ音記号なんかだととても苦労します「あれ、ここはミかなファかな?」なんて。
【2011/07/07 13:42】 URL | よしろ #zwmGAl4I[ 編集] | page top↑
No title
え~と・・・うちのPurple Hazeに合わせるには・・・原曲を参考にしちゃダメっす( ゚д゚ )
何故なら・・・メンバーそれぞれが、あやふやな記憶で演奏してできちゃったものなんで・・・曲構成とか、ギターソロのコード進行、もちろんギターソロのメロディ・・・どれを取ってもうちらのオリジナルなんで^^;
トイナナさんの言う通り「テキトー」なんす( ゚д゚ )
ちなみにエンディングはCharがカバーしたやつのパクリです( ・∀・)
【2011/07/08 00:29】 URL | マジェ #-[ 編集] | page top↑
No title
よしろさんへ。
ギターと言えばやはりタブ譜は便利ですよね。
ギターって、同じ音程が出る弦が複数ありますから、同じ音程出しても弦によって微妙にニュアンスが違ったり、また後の運指に影響するんでしょうね~。
ギターって、鍵盤弾きからみたら、ほんと変な楽器ですわ…^^;

マジェさんへ。
さすがはマジェさんバンドらしい!^^;(誉め言葉ですよ)
とにかく根性で音を拾ったので、次回なんとか合わせて見ますね。
またYouTubeで色んな人の演奏聴きましたが、どれもこれも好き勝手にアレンジしてますね~…もー、ほんと「どいつも、こいつも~っ!」って思いました(笑)
【2011/07/08 22:45】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eostk.blog57.fc2.com/tb.php/477-71d01692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |