スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
バスドラムのサイズ。
バスドラムなんですけどね。このサイズについて書いてみます。
バスドラム・・・現在では20~22インチサイズが最も普通です(1インチ=約2.5cm)
私が今やってるバンドのバンド小屋においてあるバスドラムは20インチです。
1980年台にはヘビメタが一部流行して、こういうロックバンドはこぞって24インチのツーバスをセッティングしました。
理由は大きいほうが音がでかい!まさに単純な理由なのですが、音量を求められるロックにおいては、しごく自然な成り行きでした。
その中において、ボンゾ(ジョン・ボーナム)とコージーパウエルは、その上を行く26インチのバスドラムを採用していました。
バスドラムは口径が大きいほど音が大きくなるのですが、その反面、ヘッド(皮)のテンションを高めにしないと出音が遅れてしまうという事象が起きます。かといってテンションを高めに張ると踏んだ反動が強くなり、ものすごく踏みずらくなるんですよね。
なので26インチを採用していたボンゾもコージーも超人と言われているわけですが、1984年ごろアンヴィルと言うバンドのドラマーが、さらにその上を行く28インチバスドラムを採用して有名になりました。↓



その後、一時期モトリークルーのトミー・リーも28インチを採用していましたが、すぐに26インチに戻しました。
よっぽど踏みずらかったんだと思いますね。^^;

もうひとつ、1980年代前半当時、確かカナダ?のロックバンド「ロマンチックス」と言うバンドも大口径バスドラムを使っていたのを思い出します。↓



ハードロックでもなくヘビメタでもないシンプルなロックンロール&ビートバンドだった言う印象なんですが、やたらバスドラがでかくて(サイズは不明)タムをバスドラムの上から外してセットしてるんですよね~。
これだけ大きければバスドラの上にタムを乗せると手が届かなくて立って叩かないといけません^^;(あるいわ極端に地面に対して角度をつけないとだめですね)
それと奏法も左手でハイハット叩いてるし、ドラムだけで私の印象に残ってしまった不思議なバンドでした。
スポンサーサイト

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

【2011/09/18 19:29】 | 音楽を語る | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<イントロクイズ | ホーム | HIDEKI感激!>>
コメント
アンヴィルは・・・名前しか知りません^^;しかし、映像の最初のコメント・・・すげ~頭悪そうにしか見えないんですけど・・・(--;
もうひとつのバンド・・・こちらは名前すら知らない・・・リーゼント?風な頭に目が行ってしまいますね~( ゚д゚ )
複雑なことは考えない、単純明快なヤツはデカいバスドラを使うと言う方程式が成り立つかもしんない( ゚д゚ )
【2011/09/19 01:28】 URL | マジェ #-[ 編集] | page top↑
Anvil
アンヴィル懐かしすぎます~♪
当時ギターの私は
大きいバスドラ=頼もしい
と思っていました。
【2011/09/20 01:07】 URL | リッチーエリックボーン・ペイジリックス #-[ 編集] | page top↑
マジェさんへ。
頭悪そう!(笑)でもまー20代そこそこの人はこんな感じじゃないですかね。
私たちはもう中年になり社会の厳しさもわかってきましたが、この年代の若者は恐いもの知らずでイケイケですから。
私も若い頃はイケイケでしたから^^;
それと後の映像の「ロマンチックス」はMTVでかなりオンエアされていていました。そのおかげでレコードも買っちゃいました^^;

リッチーエリックボーンさんへ。
アンヴィルご存知でしたか。
この映像はスーパーロック84と題して日本で行われたコンサートの映像であり、アンヴィルはオープニングアクトでした(ちなみにトリはMSG)
またでかいバスドラは確かに迫力あって頼もしい感じがします。外見だけですごいドラマーのような気がしますもんね^^。
【2011/09/20 12:07】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eostk.blog57.fc2.com/tb.php/498-ffe05a22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。