スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Stevie Ray Vaughan ベストヒットUSA


最近、どっぷりレイボーンに、はまってる私です・・・
これだけ、はまったのは高校生以来ですね。あの頃は、パープルだのレインボーだのリッチーに、はまってました。

あ!レイボーンとレインボー!なんか言葉が似てる!こんなに、はまってるのは、ひょっとして言霊のせいなのかも・・・。(んな訳ないですね^^;)

余談はさておき映像は小林克也さんの番組「ベストヒットUSA」なんですが、この番組音楽情報が少なかった80年代にはほんと貴重な番組でした。現在はインターネットでいくらでも好きな音楽を聴けて見られる時代になり便利な世の中になりましたが、当時はそういうメディアもなかったのでこの番組はかじりついて見てましたね~。

しかしこの映像のレイボーンが出た回はまったく記憶にないですね。
この番組は9割以上は見てるはずなんですが、この回だけは見落としたのか、忘れたのかはわかりませんが、とにかく全然記憶にありませんでした。

それがこうやって20数年を超えてまた私の脳裏に番組の懐かしい思いと、今レイボーンに心を奪われていることが合体して、涙が出るくらい感動した映像でした。

YouTubeよ、ありがとう~!という感じです^^。
スポンサーサイト

テーマ:ゴスペル/ブルース/R&B/ソウル/ファンク - ジャンル:音楽

【2011/10/05 17:36】 | YouTube | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
<<Don't it make my brown eyes blue | ホーム | ブラームス・・・ワルツOP39-15>>
コメント
これは凄い映像ですね。 1985年にレイボーン来ていたことすら知りませんでした。 感激しました。 何度もみちゃいました。ありがとうございます。

この間の和製英語の件、 ブルースギターの表現でよく使う、 チョーキング これ英語ではいわないみたいです。 もっともエレキギター自体が和製英語なんで 仕方ないといえば、仕方ないですが。
【2011/10/05 18:12】 URL | ゴルッテリア #-[ 編集] | page top↑
Youtubeおそるべし
ベストヒットUSAに、出ていたなんて、
こんなすごい映像まで、あるんですね。

最後に弾くソロギターも、ジャズのコードで、
レニーと同様、美しい演奏で、感動しました。

あの状況で、見事にレイヴォーンの音で、
機材やギターを、言い訳にできません…。
【2011/10/05 22:53】 URL | ギターマジシャン #-[ 編集] | page top↑
レイボーンもさながら、小林克也に涙します。

「今や英語は青春共通語」…などとECCのクサイCMなんかさせられてた彼ですが、彼の存在なくしては日本のロックは 銀蝿止まりだったかも知れないですね。
【2011/10/06 00:04】 URL | トイナナ #-[ 編集] | page top↑
デジタル時代のありがたさもありますが、このVTRを保存してYoutubeにUPしてくれた人に感謝ですね~^^
俺もひょい。さんと同年代でしたから洋楽のリアルな情報はベストヒットUSAかMTVで入手するしかありませんでした。ですが、同様にこのVTRは見た記憶がありません(--;
しかし・・・レイボーンの手がデカい( ゚д゚ )
【2011/10/06 09:36】 URL | マジェ #-[ 編集] | page top↑
ゴルッテリアさんへ。
音楽関係の和製英語の件、そういえばベースのチョッパーも外国ではスラップと言うらしくチョッパーと言う言葉は日本でしか通用しないみたいですね。
それでもナルチョこと鳴瀬さんは自分のことをを「俺はチョッパーだ!」と言ってます^^。

ギターマジシャンさんへ。
レイボーンの演奏は個性がありますよね~。
このレベルになれば機材云々じゃなくて自分の技術が確立されてるんで、それだけで飯を食っていける本物のプロですね。

トイナナさんへ。
この番組で小林克也さんが巧みな英語を使って外タレの方と話をしているのが当時はすごくうらやましかったです。
会話は勉強と違ってユーモアも冗談もギャグ(全部同じ意味か??^^;)もあるのでこの辺を理解できてるのがすごいと思いました。

マジェさんへ。
今のYouTube見ると昔の映像はやはりビデオでマニアが保存してたものなんでしょうね~。特に昔のCM集なんか見てると「よくこんなCM録画してたな~」とか思いますね。
ほんとマニア様様です。
【2011/10/06 20:33】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
貴重!
ベストヒットUSAに出てたんですか~
メンバー仲が良さそうですね♪

スティーヴィー・レイ・ヴォーンは
自身のバンド・デビュー前に幾つかのバンドで活動しています。

Blackbird(R&B1968)
Cast of Thousands(1969)
Krackerjack(BASSトミー・シャノンとハードロックバンド1972)
Marc Benno and The Nightcrawlers(1973)
Paul Ray & the Cobras(1974)
Triple Threat Revue(1974)
Lou Ann Barton(1974~)
Let's Dance/David Bowie (1982)

このあたりもさかのぼって聴いてみると、
レゲエ調とかもあって、おもしろいかもです・・・

【2011/10/06 23:44】 URL | リッチーエリックボーン・ペイジリックス #-[ 編集] | page top↑
リッチーエリックボーンさんへ。
レイボーンの履歴についてめっちゃ詳しいですね~!びっくりしました。
それにしてもいろんなバンド渡り歩いてるんですね~。これだけ渡り歩けば色々違う人に色々刺激を受けてるんでしょうね~。
音楽家人生としては飛行機事故を除けば幸せだったんじゃないでしょうか?
【2011/10/07 19:04】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
最後のソロ、キレーですね。思わず聞き入ってうっとりしてしまいました。
youtubeってほんと便利ですね。
僕などは歳もありますがロック歴が浅いので、リアルタイムで聞いてたバンドってあんまりないんですが、こうやって動いてるミュージシャンが観れますもんね~。ありがたい事です。
【2011/10/10 03:11】 URL | hiruma #-[ 編集] | page top↑
hirumaさんへ。
YouTubeは本当に革新的なメディアですね。急に聴きたいな~と思った曲が映像付きで今すぐ見られますからね~。すごいです。
ただ昔は想像するしかなかったミュージシャンの姿を見れちゃうんで、この辺のドキドキ感は薄れちゃうんですけどね。
【2011/10/10 18:33】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eostk.blog57.fc2.com/tb.php/518-8d258a29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。