スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
津軽三味線
この前のライブで三味線の音を生で聴いて、かなり新鮮な気がして、今日はYouTubedeで
色々三味線の曲を聴いていたのですが、凄いのを見つけました↓
津軽三味線の名人と言われる「高橋竹山」氏の演奏です。(高橋竹山氏は北島三郎さんの演歌「風雪流れ旅」の
モチーフになっていると言われている方だそうです・・・すいません、私、三味線はド素人なので、突っ込まれても
お答えできません^^;)



私、アメリカのブルースが大好きなのですが、これはまさに日本のブルースでした。
聴いた瞬間、「ビビッ!」と来ましたね・・・

それから色々調べてみたんですが、この津軽三味線の音程(スケール)はどうやら「陽旋法」と言われる
雅楽のスケールでこの曲はピアノでも合わしてみたんですが「C E♭ F G B♭」と言うスケールでこれ・・・
ほとんどブルーススケールと同じなんですよね・・・
ブルーススケールは「C E♭ F G♭ G B♭」で「G♭」が入っているか入っていないかだけの差に気がつきました。

こりゃブルース好きな私が気に入るはずだと一人納得していました(笑)

さらに色々調べた結果、雅楽には他に「陰旋法」と呼ばれるスケールもあるらしくてその音階は
「C D♭ F G B♭」であり「陽旋法」との違いはE♭がD♭に変わっただけなんですが、これ弾いてみると
下降したときに、琴のイメージそのまんまなのが驚きました・・・(優雅な感じに変わります。楽器もってる方は
ぜひ弾いてみてください!絶対なるほどと思います)

三味線からまたひとつ音楽の勉強をしてしまいました~。
三味線に感謝~!!^^。
スポンサーサイト

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2012/03/20 00:26】 | 音楽を語る | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
<<ブロードバンド・・・光 | ホーム | おにぎりの海苔>>
コメント
竹山のLPは三枚持ってました。

今持ってるCDは竹山のお弟子さんがカバーしたものですが響きが違いますね。
【2012/03/20 20:44】 URL | トイナナ #-[ 編集] | page top↑
こんばんは
コメントありがとうございます!
(*^o^*)

先日の『Musicバル』では本当に良い経験をさせていただきました。

三味線で面白いことができないか模索しているところですので

これから交流を持っていただけると嬉しいです。
(*^ー^*)
【2012/03/20 23:27】 URL | 三味線の照です♪ #-[ 編集] | page top↑
三味線たしかに、ブルースっぽいですね。 私が今練習している、マイナーペンタトニックその物でした。 (笑   陰旋法も弾いてみました、まさしく箏でした。 面白いですね、音楽って、色々と理解してくると。。 
【2012/03/21 13:47】 URL | ゴルッテリア #-[ 編集] | page top↑
おお?もしやAさんご本人からのコメが入ってるんじゃ?
俺の同僚(Y氏)が和太鼓をやってて、お知り合いだと聞いてました。当日、声を掛けようかとも思いましたが、シャイな俺には無理でした(゚Д゚)
三味線って、ギター弾けたら苦労せずに弾けるようになるんですかね?
いつぞや、Y氏と「三味線とブルースの共通点」みたいな話をしたことがありましたが・・・。今度Y氏の三味線借りて弾いてみるかな?^^;

【2012/03/21 19:06】 URL | マジェ #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
トイナナさんへ。
ええっ!LP3枚も!
トイナナさんの趣味が分からなくなってきたな~^^;
確かに現在は二代目ということらしいですね。
音はまだ聴いてないので一度聴いてみます~。

三味線の照さんへ。
コメントありがとうございます~^^。
三味線でブルースと言うことですが、面白そうですね~。
音階自体は似ているので五度のマイナスワンの音を取り入れれば三味線でもブルースが弾けると思うのですが、いかんせん三味線のことが分かっていないのでコメントできないんですよね~^^;
三味線のチューニングは三種類あるそうですが(本調子、二上がり、三下り)どう使い分けているのか?・・・だとか、三味線で和音(コード)は弾けるのだろうか??
この辺がちんぷんかんぷんなもので^^;

ゴルッテリアさんへ。
三味線の陽旋法はよく考えてみると、ペンタトニックスケールで、ギターでよく弾くスケールでした^^;(おっしゃるとおり)
陰旋法も弾いて頂いたと言う事で、そうなんですよ筝を思わせるんですよね~。
ご理解いただき光栄です。
それにしても「こと」って琴かと思ったら筝もあるんですね・・・不思議だ!^^;

マジェさんへ。
そうなんですよ。ご本人さんだと思います。
またメールを送りますね。
それと同僚さんが太鼓でお知り合いですと!
マジェさんもいろいろ縁がありそうですな~^^。
それと三味線ぜひ挑戦してみてください!
吉田兄弟みたいなロックと三味線の融合!
結構受けそうな気がします^^。
【2012/03/21 19:46】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
ぎゃはは、

琴、箏、 は違うのですね。  
はは、 ロックンローラーなので、ってことで、勘弁してくだしゃれ。 (笑
【2012/03/21 20:51】 URL | ゴルッテリア #-[ 編集] | page top↑
和太鼓のYさん
和太鼓のYさんとは
演劇サークル『谺』さんのお芝居で共演して
コラボもさせていただきました。

たいへんお世話になっています♪
ヽ(*^▽^*)ノ

お知り合いの方たちだったんですね☆
【2012/03/22 00:23】 URL | A田照ですヽ(*^▽^*)ノ #-[ 編集] | page top↑
確かにブルースと通じるものがありますね。
シャッフルだし…(^^)

以前,ブルースの教本でスケールが民謡の音階と一緒というのを見てなるほどと思いました。日本人がブルースをやると民謡になりがちなんだそうです。

ちなみに高橋竹山さん,晩年に生で聴いたことがあります。
スゴイ迫力でした…。
【2012/03/22 21:47】 URL | Lalena #-[ 編集] | page top↑
ゴルッテリアさんへ。
筝と琴の違いを調べてみたんですが、筝はギターで言う可動式のフレットがあるようでそれで音階を調整しているようです、対して琴はフレットがなくて弦を押さえる場所で音階を調整する三味線、バイオリン、フレットレスベースのようなものらしいです・・・
いや~なんか勉強になります^^。

A田照さんへ。
かなりローカルな話題になってきましたね~。
また色々濃い目の話ができそうですね^^;

ラレーニャさんへ。
高橋竹山さん、生で聴かれましたか!
ものすごく、うらやましいです^^;
ブルースと民謡が似ていると言うことで、日本人はブルースを受け入れる下地ができていたと言うことですね。異国の文化と同調できると言うことは楽しいことだと思いますね。
【2012/03/22 23:47】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eostk.blog57.fc2.com/tb.php/574-f8135e35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。