スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
キーボードプレイヤー列伝その14・・・マシュー・フィッシャー
プロコルハルムのオルガンプレイヤー・・・マシュー・フィッシャーです。
で、取り上げるのは最近の記事でも上げた「青い影」・・・
次のライブで、演奏予定で私も練習の半分以上がこの曲で、YouTubeの音源に合わせて演奏しているのですが、この映像を見てマシュー・フィッシャーって多分、幼少期にクラシック・ピアノを習っていない自己流の弾き方のプレイヤーだと思いました。



理由は「指くぐり」がまったく無いんですよ。
どういうことかと言うと、例えばイントロの一番初め・・・
「ミ~~~ミレドシドレミドラ~~~」のところ、普通は中指で始めて「ミレドシ」が「中指・人指し指(以下、人指)・親指・人指」で「ドシ」のところで親指と人指が交差するように弾くのがクラシック的なのですが、マシューは最初の「ミ」を薬指から始めて指くぐりをしない弾き方をしています。
また逆の上昇メロディーでも「ドレミ~ファソ~」とかあると普通は「親指、人指、中指~親指、人指」と中指の下に親指をくぐらせる奏法が一般的なのですが、マシューは「親指、人指、中指→親指、人指、中指」いわゆる指の置き換え・・・つまり中指で弾いた「ミ」を中指が離す前に親指で置き換えた後、中指を離すという、超めんどくさいことをやっているのをみてびっくりしました。

こういう運指と言うのは、後々苦労するので、私もクラシックピアノの運指の練習は必ず毎日やるのですが、マシューのように自己流でも立派にプロとやっていける人もいるわけで、この辺は基本が応用を生むというセオリーさえ関係ない独特の「自分流」があったりして、音楽は広いなと思いましたね。
スポンサーサイト

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

【2012/06/27 23:30】 | キーボードプレイヤー列伝 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<MTでライブ告知 | ホーム | 日本のドラムメーカー>>
コメント
キーボードの事は全然解らないのですが、指くぐりがない運指の方が楽な感じがしちゃいます。(笑
 私は指を痛めているので、正しい運指が出来ないと言い訳しているのですが、プロのプロの人でも独特の運指で活躍できている人を見ると、応援したくなっちゃいます。 
【2012/06/29 17:10】 URL | ゴルッテリア #-[ 編集] | page top↑
ゴルッテリアさんへ。
指くぐりはそんなに難しい技術じゃなくて初歩の初歩なのでこれを使わないマシューはほんと変わり者だと思いますね。
指の置き換えのほうが数倍難しいし、これにこだわるのは、やはりなんかあるんでしょうね~・・・なんかは謎ですが^^;
【2012/06/29 22:32】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eostk.blog57.fc2.com/tb.php/622-83eb210a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。