スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Music Studio ProducerによるMIDIコントロールチェンジ活用 「パンポット」
Music Studio Producerを使ったMIDIコントロールチェンジパラメーターの活用方法を数回に渡って書いてみたいと思います。
ただ内容が難しいのでMusic Studio Producer(以下MSP)をすでに十分活用されている上級者向けの内容となります。
なので初歩的な打ち込み方法などは、NETでMSPの講座が多数公開されていますので、そちらを参照ください。

で、まず「コントロールチェンジ」というのは、いったい何なのかと言うことですが、「コントロールチェンジ」とは打ち込んだ音符の音量、音色、発音タイミング等々を曲の再生中にリアルタイムに変化させることができるプログラムです。
これを使うことにより音楽表現が豊かになります。

とりあえず、実際にやってみますね。
今回は「パンポット」(音の定位)について変化させて見ます。

まずMSPを起動して、ピアノで数小節コード伴奏を打ち込んでみました↓

MSP001.jpg

このピアノ伴奏の音の定位(要はスピーカーの右から聴こえるのか左から聴こえるのか)を左や右に振ってみます。まずイベント画面を開き鉛筆ボタンをクリックしイベントを選択します。
イベントを選択するとイベントエディットダイヤログが出現するので「種類」に「コントロールチェンジ」を選択しさらに「パンポット(10)」を選択します。
次に「値」を入力するのですが、この値で音の定位が変化します。「値」が「0」で左にいっぱい、「値」が127」で右にいっぱいに振れます。
とりあえずここでは「64(中央)」と打ち込みます。
次に挿入場所ですが2小節目から音が鳴りますので、ここでは1小節目の1拍目の10タイムに挿入してみました。(1小節目だったらどこでもかまいません)↓

MSP002.jpg

次に「値」を2小節目頭に「127」、3小節目頭に「0」、4小節目頭に「127」・・・と小節頭ごとにパンポットの「値」を入力してパンポットを左右に振ります。
このままイベント画面で「小節数」と「値」を打ち込んで行ってもかまわないのですが、MSPでは他にもやり方があるので紹介します。

イベント画面を閉じて、ピアノロール画面を開きます。
ピアノロール画面の「VELCTRL」ボタンをクリックして画面下部にべロシティーコントロールを表示させます。
次にコントロールを「ベロシティー」から「パンポットに」変更し、「鉛筆ボタン」をクリックします。
これでベロシテーコントロール表示領域にマウスで値を入力できるようになります。
ベロシティーコントロール領域の2小節の頭の値が127辺りにマウスのポインターを持っていくと画面上部にマウスが小節、値のどこを指しているか表示されるので2小節目頭(0002:01:00)で値(127)のところにマウスを合わせクリックします。
これでパンポットが2小節目頭に右いっぱいに振れます。
同様に3小節目頭に「0」、4小節目頭に「127」・・・と交互にマウスで入力します。

MSP003.jpg

これで出来上がった曲を聴いてみるとこんな感じです↓


[VOON] MSP001

小節ごとに音の定位が左右に振れていることが分かると思います。
このようにコントロールチェンジのパンポットを活用することにより、曲の演奏中に音の定位を変化させることができる他、もっと極端に速くパンポットを左右に変化させることでパニングエレピなど、ビブラートがかかったような特殊なピアノ伴奏を作ることも可能です。

皆様も一度お試しあれ!
スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

【2012/11/24 15:09】 | Music Studio Producer | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<早弾きができない!・・・DeepPurple「Burn」 | ホーム | ジミヘン・・・バンドマン時代>>
コメント
ちょっと前ならチンプンカンプンだった内容も今では楽勝に理解できますよ。 私の場合MSPでのオーデェオインターフェースが上手くいかずにSonarに移行しましたがピアノロールでの編集の仕方などは基本的には変わらないようです。 次回も楽しみににしてます。
【2012/11/25 08:11】 URL | ゴルッテリア #-[ 編集] | page top↑
ゴルッテリアさんへ。
もうこの内容が分かるということは、上級者ですね。私が教えてもらうことのほうが多いかも^^;
とにかく、こんな感じでコントロールチェンジを全解説したいと思っています。
【2012/11/26 22:41】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
コントロールチェンジ…
この言葉聞くと引いてしまいます。
と言うのも、勝手に入っちゃう事がありました。
俗に言う「バグ」です。
実際入れるとなると、少し手間が掛かりました。
やっぱり今どきのソフトは簡単に出来そうですね。
【2012/11/27 09:58】 URL | rimix #-[ 編集] | page top↑
rimixさんへ。
リアルタイムMIDI録音している人はアフタータッチとか勝手にMIDIに入る場合ありますね。(ま~設定の問題だと後日分かったのですが)
また昔のシーケンサーなら結構バグもあったでしょうがさすがに今のシーケンサーはしっかりしてます。
【2012/11/27 22:08】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eostk.blog57.fc2.com/tb.php/659-56f111c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。