箪笥(タンス)・・・MOOGシンセ
タンスにゴンのタンスじゃありません。

YMOで日本でも有名になった初期のアナログシンセ・・・コード差し替えるパフォーマンスは皆様も知ってると思いますが、それのデカイ版だと思っていただければ結構です。
映像で解説していただいてるのはシンセ界の第一人者、YMOの4番目のメンバーとも呼ばれた松武氏と、もう一人日本シンセ界の巨匠、富田氏です。↓



この映像の余談をいくつか書いてみますと・・・

①オシレーターについて・・・オシレーター(発振器)で発振させる波形を紹介されていますが、波形の種類により作られる音色は大体決まっています。
サイン波はオルガン、矩形波は木管楽器(サックス等)や弦楽器系(ハープ他)、三角波は木管楽器系(フルート等)、ノコギリ波はブラスやストリングスなどです。
これを知っておけば、作りたい音のイメージがあれば波形選びに迷うことはありません。

②シンセはいわゆる、オシレーター、フィルター、アンプリファイアーの3つの回路でできているのが基本ですが、これをエンベローブジェネレーター(以下EG)、ロー・フリーケンシー・オシレーター(以下LFO)の別の二つの回路で制御するやり方が一般的です。
EGは時間的変化に伴い音が変化することを制御しており、EGをオシレーターに接続すれば音程の変化・・・例えばギターのスライドのようなテクニックを一つの音符で表現できますし、またEGをアンプリファイアーに接続すれば音量の変化・・・スローアタックなストリングスや打鍵後急激に音量が下がるピアノを表現することもできます。
次にLFOですが、これは音を周期的に揺らす効果を持たす回路で、このLFOをオシレーターに接続すればビブラート効果が・・・アンプリファイアーに接続すればトレモロ効果が・・・フィルターに接続すればワウ効果が得られます。(ワウ効果と言うのは音の明るさ暗さが周期的に揺れている状態を指します)

ここで思いついたのがストラトキャスター等についてるトレモロアーム・・・
あれって、どう考えてもビブラート効果ですよね!
トレモロは音量が変化するものなので、あきらかに言葉の選び違いだと思いますね。
このトレモロアームのおかげで、トレモロとビブラートの違いが分からなくなってる人、結構いるんじゃないでしょうかね??^^;
スポンサーサイト

テーマ:YouTube Music Video - ジャンル:音楽

【2013/02/26 18:45】 | 音楽を語る | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
<<成せば成る | ホーム | ドラマー列伝その18・・・そうる透さん>>
コメント
これ、面白いっすね!
笑いながらアナログシンセのイロハが学べるとは思いませんでした。(^.^)

この壁のようなシンセにはメカ好きの男子は憧れましたね。弾けもしないの
に欲しかった記憶があります。(笑)
【2013/02/26 23:30】 URL | テイルピース #PyFckM9o[ 編集] | page top↑
端から聴いてたら、トレもビブも同じようなものですがプレイヤーからすると全然違います。

元々はカントリーを意識した道具なんですけどね。
自分はシンクロ仕様のギター(アコギは除く)しか使いませんがアームが付いてるのは二本だけです。
そう、無くても何ら困らないものですが逆に考えたらアーミングがちゃんとできるプレイヤーは少ないと思いますよ。
【2013/02/27 13:11】 URL | トイナナ #-[ 編集] | page top↑
恥ずかしながら知りませんでした・・・

というより、ぼくも大抵アームを付けずにプレイするので関心がなかったというのが正しいのですが、人に聞かれたら間違った答えしてたなあ^^;
【2013/02/27 17:31】 URL | よしろ #zwmGAl4I[ 編集] | page top↑
もっと早く知りたかった
オシレーターの波形で音が決まるんですか?
シンセがあるうちに聞きたかった内容です。

トレモロは音量変化とは知りませんでした。
反復と言う意味らしく、動きからトレモロと言ったのかな?と思ってました。
効果はビブラートですけど。
勉強になります。
【2013/02/27 18:59】 URL | rimix #-[ 編集] | page top↑
奥深い・・・
シンセの方もですが、タモリ倶楽部も・・・
昔はちょいちょい夜更かしして見てたんですけどね~。最近全然見てませんわ^^;
空耳アワーってまだやってるんだろうか。久々に見てみるかな?
【2013/02/28 11:34】 URL | マジェ #-[ 編集] | page top↑
未知の世界の箪笥
この箪笥は複雑過ぎてついていけません(´ρ`)
見てるだけで疲れそうですが、さすがはひょい。さん、
いろいろよく知ってますね。

冨田勲さんと言えば、僕は「 リボンの騎士」の
オープニングテーマが好きでしたね(^-^)
【2013/02/28 18:18】 URL | maru #HfMzn2gY[ 編集] | page top↑
テイルピースさんへ。
当時は私も何をやっているのか、まったく意味不明だったのですが、この年になりようやく、やっていることの意味が分かりかけてきました。
何もわからない状態から、偉人たちは一つ一つ技術を作り上げてきたのだと考えると、鳥肌がたつぐらい感動します。

トイナナさんへ。
トレとかビブとか、お友達になってますが!^^;アーミングプレイは確かにあまり見ませんね・・・昔、山本恭司さんがやっていたのが記憶にある程度ですが、マジェさんもアーミング得意で、うまいんですよね~。

よしろさんへ。
こういう音楽用語って、知ってるようで実は知らないことってたくさんあると思います。
例えば・・・調記号でも意味を知らない人たくさんいると思いますね。
この辺は、音楽と言うカテゴリーがざっくばらんで知らなくてもできると言う不思議ですね。

rimixさんへ。
そうなんです。オシレーターの波形で大体できる音が決まります。
rimixさんもシンセを持っておられたんでしょうか?
またトレモロについては音楽的意味では音量の周期的な変化と言うことらしいですが、非常に曖昧な使われ方をしているようで、ピアノでもトレモロ記号とトリル記号の差が良く分からない場合が多々合ったりします^^;

マジェさんへ。
空耳アワーありましたね~。
昔はラジオのオールナイトニッポンでもおなじような企画やってました。(鶴光さんの・・・よく聞いていたことを思い出しました)

maruさんへ。
このシンセの仕組みは意外と簡単なんですよ。タンスの見た目が複雑なので惑わされそうですが、回路同士の組み合わせをコードの接続でやってるだけなので。
また冨田さんはすごいお方ですね。
日本のシンセの礎を築いたお方ですもんね。
【2013/02/28 20:45】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
トレモロとビブラートの意味初めて知りました。 てっきり日本人の得意な和製英語なのかな? と思ったら、レオフェンダーが起因しているようで、ちょっと安心しました。 ギターの世界ではこの2つの意味が逆になっているそうです。 (・・;)
【2013/03/02 09:14】 URL | ゴルッテリア #-[ 編集] | page top↑
ゴルッテリアさんへ。
音楽用語と言うのは難しいです。
いろんな勘違いで覚えてることもありますしね・・・それに未だに知らない言葉もたくさんありますし奥深い世界です。
【2013/03/05 21:12】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
ひょいさん、こんばんは!
タンスって言ったんですか? 初めて知りました。
シンセの存在はYMOがテレビに登場するまで全く知りませんでした。
あまりに高額で、当時驚いた記憶があります。
数年前、任天堂DSのKORG DS-10を手に入れましたが、
誰も教えてくれないので、シンセの喜びを得るまで到達しませんでした^^;
【2013/03/05 22:51】 URL | リッチーエリックボーン・ペイジリックス #-[ 編集] | page top↑
リッチーエリックボーンさんへ。
シンセはソフトウエアでもありますし、任天堂DSやスマホアプリでもあるようなんですが、使い方は、やはり普通の人には分からないですよね^^;私も専門的な本や、サイトなどで調べてようやく分かってきた程度です。
とにかく面白そうではあるけれども、難しい世界です。
【2013/03/09 15:55】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eostk.blog57.fc2.com/tb.php/686-edbafe7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |