スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
バンド演奏で失敗したときにどうするのか?と言う問題
「フットルース」の演奏ですが、有名ミュージシャンが、一流舞台でミスってる珍しい映像です↓



歌の入りが、一小節遅くて、Bメロに入った瞬間、このボーカルさんはとてつもなくあせったことだろうと思います。
しかし注目すべきは、バンドの演奏・・・歌の入りが遅いのは分かっているはずなのに、それに合わせる事もなく、淡々と、通常の演奏をしていることが凄い!!曲自体のAメロは、同じフレーズの繰り返しなので、ボーカルが間違っていると感じれば、それに合わす事もできたはずなんですが、それをしないのが統制取れてる感じで感心しました。
(もちろん、プログラミングとかある場合は、どうしようもないですが)

これ、人事じゃないんですよ・・・
マジェさんバンドでも、時々、歌が入ってこないことがあったりとか、私を含めメンバーが曲の演奏を見失ったりとか・・・(ほとんどの理由はモニター環境が悪くて聴こえないとか)・・・した時に、どう解決するのか・・・
こういう時に他のメンバーの顔色を見て合わそうとすると、大体グダグダになります・・・
去年の綾部市のライブでは、とある曲がひどいことになりました・・・

何がどうあろうと、予定通りに弾き倒す・・・これが一番被害が少ないかもしれませんね。
スポンサーサイト

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

【2014/04/10 22:31】 | バンド活動 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<「Get Along Together 愛を贈りたいから」山根康広さん カバー公開 | ホーム | 「世界が終わるまでは」WANDSカバー公開>>
コメント
ライブでのミス
僕達もライブでは思わぬミスがしょっちゅう出てます。
でもドラムは割と気づかれにくいと思うので、その点は気が楽です。
それと、他のメンバーがミスって、あーやっちゃったなーと思っても、僕にはどうしようも出来ないので、淡々と叩いてます。
反対に、僕がミスって予定外のブレークを入れて止まったりしても、他のメンバーは何事もなかったかのように演奏してますね。
だから案外観てる人には気づかれにくいかもです(^―^)
まぁライブにミスはつきものということで(´∀`;A
【2014/04/12 00:47】 URL | maru #HfMzn2gY[ 編集] | page top↑
鋭い指摘の動画ですね。
この曲は、聞いたことある程度でしたので、最初聞いたときは何事も
無かったかの様な感じでした。
しかし、ご指摘の事を踏まえて再度見てみたら、「ホントだ!」入りが遅い。
最初の打ち合わせで、ボーカルに合わせる!とかないと、演奏は
そのまま続けるしかないですよね。(^^ゞ
こんなハプニングをどう切り抜けるか!がバンドの力量なんでしょうね。
【2014/04/12 20:56】 URL | rimix #-[ 編集] | page top↑
maruさんへ。
maruさんバンドは何度も生で拝見させていただきましたが、まったく失敗してる感じありませんでした・・・これ、きっと外部の人には分からないんでしょうね・・・やってる人間にしか分からないんじゃないかと最近思い始めました。
そういう意味では、あまり気にしないほうがいいのかもしれませんね。

rimixさんへ。
失敗を最小限に食い止めるには、失敗に失敗を重ねないことが大事ですね~。
そのためには、初志貫徹を貫く・・・
これ分かりやすいのですが、実際に演奏で失敗すると、頭が真っ白になることがあって、さらに失敗を重ねることがあるので、初志貫徹と、動揺しない心・・・鋼鉄のハートが要るんですよね~・・・ここが自信ないです^^;
【2014/04/12 21:40】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eostk.blog57.fc2.com/tb.php/739-7b84e233
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。