アルカトラス「Too Young to Die Too Drunk To Live 」'1983


ヘビメタです!アルカトラスです!インギーです!!
でもアルカトラス知ってる人はあんまりいないだろうな~。
アルカトラスは「レインボー」「MSG」などで名をはせたボーカリスト「グラハム・ボネット」が作ったバンドであり、当時少しだけ流行しました。
このバンドは2人の主役がおり、それぞれプチ解説します。

「グラハム・ボネット」
レインボーやMSG(マイケル・シェンカー・グループ)でボーカルを取っており、当時ハードロックのボーカルといえば長髪に皮ジャン、手首には鋲のついたリストバンドと言うのが普通でしたが、グラハムはオールバックリーゼントにグラサン、背広と一風変わったスタイルと、4オクターブを超えるその度肝を抜く音域と声量で一世を風靡しました。
しかしその声域はガラスの喉であり、アルバムでは素晴らしい歌唱を聞かせるものの、ライブではひどい歌が多いことも有名です。まるでブルペンエースのように。
声量を売りにしたため、この後グラハムは相当苦労したんじゃないでしょうか??
現在でもグラハムは活動しているようですが、聞いてみるとずいぶんキーをさげて歌っているようです。当時からそうしとけばよかったのに^^;

「インギー」(イングベイ・マルムスティーン)
ギター界に革命を起こした革命児。当時早弾きといえば、マイケル・シェンカーやヴァン・へイレンぐらいでしたが、インギーの演奏は次元を超える早さであり、その演奏スタイルは相当な衝撃でした。
アルカトラス加入前はスティーラーというLAメタル系の無名なバンドに所属しており、このアルカトラスでメジャーデビューを飾りました。現在ではソロ活動を続けており、現在でもインギーの名前は世界中にとどろいています。インギー登場後は、雨後のたけのこのように、超絶ギタリストが数多く現れ、ギター戦国時代に入ることとなりました。
スティーブ・ヴァイ、クリス・インペリテリ、ポール・ギルバード、レブ・ビーチ・・・多数のギタリストがしのぎを削りましたね~。あー懐かしい!^^;

ちなみにアルカトラスは、インギーが脱退した後、スティーブ・ヴァイを獲得しており、インギーに続き、スティーブ・ヴァイまでも生み出したバンドとして名を残しています。(さらにオーディションでスティーブ・ヴァイと一緒に最終選考まで残ったギタリストがクリス・インペリテリというから驚きです!)
スポンサーサイト
【2008/03/03 00:10】 | ロック昔の昔 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<伊藤政則のロックトゥデイ | ホーム | アラベスク「Friday Night」'1978 >>
コメント
お~!
ALCATRAZZじゃないいすっか!
そして、でてくるギターリストの名前も...
懐かしい~!!

この時期の曲をよくコピーしましたよ~。
(高校時代です。)
でも、ほとんどの曲が「完コピ」は無理だったかな~...
中でもスティーブ・ヴァイの曲はソロに行くまでに挫折でした...

インギー以降のギタリストは「(ソロの)高速化」が凄かったっですね。「楽曲の良し悪しよりソロの速さ」を重視したバンドがたくさん出てきたんですよね...ま、生き残ってないでしょうけどね...

しかし、ひょいさんよくご存知ですな~!ビックリですわ。

う~ん...
久々に「ヤングギター」でも買ってきてもらおうかな...
(インフルエンザ中なのでちょうどいいかも...)
【2008/03/03 11:19】 URL | ポカポカ #-[ 編集] | page top↑
ポカポカさんも、アルカトラスを知っているということは相当マニアックですなー!^^;
アルカトラスは1983年デビューと言うことであり、私は高校2年生でした。当時はHR/HMに明け暮れており、この手の曲を聴きまくっていました。アルカトラスを知ったのは有名音楽評論家の伊藤政則さんの深夜ラジオ番組「伊藤政則のロックトゥデイ」と言うのが土曜日の夜中の1時(日曜日か!)にあり、そこでこの曲をレコード発売前に聴き一発で好きになりました。
(もちろんグラハムのことはレインボーのボーカリストと言うことで知ってはいましたが・・・)インギーはこの時に初めて知ったという記憶があります。
また「伊藤政則のロックトゥデイ」の聞き役は某HR/HM雑誌「Burn」の編集長、酒井康氏だったことも記憶に残っています。(当時まだBurn雑誌はなかったような・・・??よく、覚えていません)
この番組により、この手の知見が格段に増えましたね~。またやってくれんかなー^^。
【2008/03/03 18:38】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
今さらですが・・・
今、練習中のアルカトラスの曲に関して、
何か情報はないかと、ネット検索していたら、
ひょい。さんのブログがヒットして、驚きです。

レコード発売前から、注目されてたそうで、
自分のブログで、ヴァイを先に聴かれたとか、
勘違いの返答をして、大変失礼しました。

アルカトラスについて、当時のこと、曲のこと、
もっと語っていただければ、参考になります。
【2012/10/21 12:16】 URL | ギターマジシャン #-[ 編集] | page top↑
ギターマジシャンさんへ。
4年半前の記事にコメントいただき恐縮です^^;
アルカトラスは、この記事のコメント通り伊藤政則氏のラジオ番組でデビュー前に偶然にも聴くことができました。その時の曲は「Too Young To Die Too drank To Live」だったと記憶しています。ものすごく衝撃的な曲で、発売と同時に購入しましたが。すごくよかったです。
最近はこういう楽曲があまりないのですこし寂しい気がしますね。
【2012/10/21 19:47】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eostk.blog57.fc2.com/tb.php/77-cc35f8d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |