スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ピアニストの超人的なリズム感
クラシックピアノって、言うのは、ロックのように均等なリズムを叩いているわけじゃありません。
いや、ロックもグルーブと言うのがあり、ある程度リズムに揺れがあるのですが、あくまで均等なテンポの上に音符間の長さを不均等することによりノリを生み出しているのですが、クラシックピアニスト達は、テンポさえも自由に扱える特殊能力があって、その時のフレーズによってテンポが微妙に速くなったり遅くなったり・・・聴き手に自分の感情を伝える技術を持ってるんですよね~。

私が好きなピアニスト、2人を紹介してみます。

一人目は、「マルタ・アルゲリッチ」・・・アルゼンチンの生んだ天才ピアニストです。
この人のリズム感は、一言で言うと突っ込みタイプです。
打鍵が速くて正確で、なおかつわずかに前ノリです。
ただフレーズ全体を一つのリズムと考えてる節があり、フレーズ自体が極度に滑らかなので、突っ込んだリズムには聴こえません。
フレーズで聴かせるピアニストですね。↓
(余談ですが、この映像では、ず~っと憂鬱そうな顔して弾いてますが、唯一5分30秒後ぐらいに天真爛漫な笑顔を見せる瞬間があり、これ私は、惚れちゃいました^^;)



もう一人は、ユンディ・リと言うピアニスト・・・
ピアノ界のキムタクとか言われてます^^;
まあ、容姿は悔しいので、放っときますが、リズム感・・・
この人はジャストなリズム感が土台にあり、そこから展開によって自由にリズムを速くしたり遅くしたりとリズムを操る天才ですね。
結構ノリの良い曲なんかだと、突っ込みたくなるのですが、じっと自制して心を律しています。
一音一音をわざとらしく正確なリズムで弾いて、なんかわざとじらしてない??なんて思うぐらい律した後、お待ちかねのクライマックスで「ドリャー!!!!」とタガを外す・・・見せ方・聴かせ方うまいですね~。
ま、これでどれだけの女性がだまされたことか・・・まさに男の敵ですね(笑)↓

スポンサーサイト
【2014/07/28 20:13】 | 音楽を語る | トラックバック(0) | コメント(19) | page top↑
<<文部科学大臣杯 第10回 小・中学校将棋団体戦 西日本大会 | ホーム | ライブ近し。same old bluesを練習。>>
コメント
アルゲリッチさんは、突っ込みタイプですか~。おもしろいですね。
ユンディ・リは、細くて長い指に指輪してピアノ弾くんですよね~。これ、結構女性のツボです。
【2014/07/28 23:16】 URL | g-clef #-[ 編集] | page top↑
クラシックのすごさ
こういうのが、クラシックの底力、すごさだと思うし、
クラシックギターと比べても、ピアノ、バイオリンの、
テクニックのレベルの違いを、ものすごく痛感します。

ギターで、早弾きがどうのと、必死で弾いてみても、
ピアノでは、中級の練習曲に出てくるレベルですし、
ギターでは、単なる曲芸になってしまうところが、
ピアノ、バイオリンは、鑑賞する曲として成立してます。
【2014/07/28 23:53】 URL | ギターマジシャン #-[ 編集] | page top↑
はじめまして、ひょい。さんと同じく、将棋とピアノと酒が好きなギャンPと申します。

ずっと以前からひょい。さんのブログのファンです。

ピアノは48歳ではじめて、まだ1年半ですが、一番苦労するのはリズム感のなさです。
そもそも「リズム感とは何か?」さえ、たぶんわかっていません。

そこで今回のひょい。さんの記事について質問させて頂きたいのです。

アルゲリッチのリズム感は「突っ込みタイプ」ということですが、これはどういう意味なのでしょうか?
なんとなく言葉の感じから、リズムが早い(速いではなく)ということかと思ったのですが、
ピアノのソロの場合、全部の音が早ければ結局普通ということじゃないか、なんて馬鹿なことを考える始末です。

お手数をおかけしてすいませんが、ご教授頂ければ幸いです。


【2014/07/29 18:32】 URL | ギャンP #-[ 編集] | page top↑
g-clefさんへ。
ハイ!アルゲリッチは突っ込みタイプです!^^;
まあ、ピアノの先生に断言する私は、大胆ですね^^;
それと、ユンディ・リ・・・なるほど指輪ですか・・・
女性ならではの視点ですね・・・
普通の男はそこには目がいきません^^;

ギターマジシャンさんへ。
ピアノは、やはり十本指で弾いていることがギターと最大の相違点ですね。
ギターはピックで弾けばアップダウンと倍速で弾けますが、ピアノは最大10倍速で弾けますから・・・ディープパープルでも昔の映像見てると、やはりリッチーブラックモアとジョンロードの演奏スピードは断然ジョンロードの方が上ですね。

ギャンPさんへ。
初めまして~。ようこそお越しいただきました!
コメントを頂き、ありがとうございます!
さて「突っ込み」とはなんぞや??と言うことですが、例えばメトロノームが同じテンポで4分音符で均等に鳴ってるとします・・・
メトロノームと完全に同期するピアノコードをを4分音符で鳴らせば、それはジャストリズムと言えます。
逆に、メトロノームのクリック音より、わずかに遅く弾けば、それは「タメ」が効いてるなんていいますよね。
演歌なんか歌うときは、拍の頭に歌を合わせないでわざと後ろにずらして歌う人もいっぱいいます。
本人は「タメ」を効かせてるつもりなんでしょうね。
「突っ込み」は「タメ」の逆です。
均等なメトロノームのクリック音よりわずかに早く(手前で)弾くことで、曲にスピード感を与える効果があります。(特に1小節の拍の頭で突っ込むことが多いです)
肝心なのは1小節全体として、テンポをまとめることです。拍の頭を「突っ込めば」どこかで「タメ」を作らないと、テンポが合わなくなってきます。
【2014/07/29 21:25】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
ひょい。さん♪

早速のご回答ありがとうございます!


クリック音などの「基準」があるのなら、わかるのです。

ですが、ピアノ(に限らず)ソロ曲の場合、基準となるリズムはないわけですよね。
(演奏する側も聴く側もメトロノームは持っていないわけですから。)

基準がないなら、突っ込みもタメもないのではないか、というのが僕の疑問なんです。

ひょっとしてこの場合の「突っ込み」とは1泊めが他の拍に比べて長いということでしょうか?

【2014/07/29 22:01】 URL | ギャンP #-[ 編集] | page top↑
ギャンPさんへ。
追加コメントありがとうございます。
ピアノ上級者クラスになると、体内メトロノームが存在すると思います。
私自身、学生時代にドラムをやっていたのでメトロノームは、いやと言うほど聴きましたが、ある程度クリック音聞けば、これはテンポ120だなとかわかります。
ピアニストは、そういうテンポを曲調に合わせ自在に変えながら、さらに拍間の長さも変えてるんだと思いますね。

参考としてツベ動画も上げておきます。
ジャストリズムと後ノリ(タメ)の比較映像です。

https://www.youtube.com/watch?v=6AtTuyLrgIA

この差は、ほんとわずかなんですよ。

例えば、ピアノと言うのは、鍵盤に重さがあるため、自分がジャストだと思って鍵盤叩いても、鍵盤押さえた瞬間から押し込むのに時間的なズレがあるため、どうしても「タメ」のできやすいスローアタック楽器だと言われています。
ジャストのリズムを叩くためには意識的に突っ込み加減で弾く必要がありますね。

アルゲリッチは、打鍵スピードが極度に速い為、多分、ジャストな意識で弾いてもジャストなリズムで叩ける人なんでしょうね。
【2014/07/29 22:46】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
>ピアノ上級者クラスになると、体内メトロノームが存在すると思います。

対内メトロノームに対して、「すべていっせいに」前のりしたら、結局普通のテンポじゃないのでしょうか?
実際の時間より「進んだ」時計でも、1秒という「間隔」は「合ってる」時計と変わらないように。

屁理屈ばっかりすいません。
本当にわからないんです。
【2014/07/29 23:07】 URL | ギャンP #-[ 編集] | page top↑
ギャンPさんへ。
結構、突っ込んできますね~。
そういうの好きですよ。
リズムと言うのは究極、歌心なんです。
自分が、どう歌いたいのか・・・
突っ込んだり、タメたり、テンポを上下させてみたり・・・こうやれば気持ちよく歌える・・・
それを具現化しながら、実はどこかでリズムキープしてるんですよ。(もちろん同テンポでもなければ均等なリズムでもありません、本当に主観的なセンスです)
これが音楽表現の個性だと思います。
こういうことは科学的なデーターに基づいて説明することができません。
ごめんなさいね。
【2014/07/29 23:44】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
ギャンPさんへ。
もう少し簡潔に言いますと・・・
均等な4分音符をメトロノームで鳴らして、コードを4分で、突込み気味に均等な間隔で叩けば、確かに突っ込みも何もありません。
なので不均等に弾きます。
例えば1拍目だけを突込み気味に弾いて2,3,4拍目はジャストに弾く。
コレで小節の頭だけ突っ込んだ感じに聞こえます。
またバンドなどではドラムがジャストなリズムでビートを刻んでいても、ピアノだけ突っ込んで均等な間隔で弾いたりする場合があります。
これは、ドラムとピアノと言う対比するものがあるから突っ込んでいることがわかるんですね。

こういう説明でいかがでしょう?
【2014/07/30 12:47】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
>例えば1拍目だけを突込み気味に弾いて2,3,4拍目はジャストに弾く。
コレで小節の頭だけ突っ込んだ感じに聞こえます。

えっと、ひょい。さんは僕のコメントをところどころ読み落とされているように感じていたのですが・・・

ソロの演奏で突っ込みというのは、その可能性しかないと思っていました。
↓ は僕の質問です。

>ひょっとしてこの場合の「突っ込み」とは1泊めが他の拍に比べて長いということでしょうか?

ひょい。さんがおっしゃっているのも実際の効果としては同じですよね。

もしそうだとしたら、アルゲリッチは1拍めを長く、他の拍を短く弾いているということになると思うのですが、そう思ってよろしいでしょうか?




【2014/07/31 22:53】 URL | ギャンP #-[ 編集] | page top↑
ギャンPさんへ。
わはは。結構熱くなってコメントしてました。
実はギャンPさんも見落としてるんですよ。
一番最初の私のコメントの最後・・・

>肝心なのは1小節全体として、テンポを
>まとめることです。
>拍の頭を「突っ込めば」どこかで「タメ」を
>作らないと、テンポが合わなくなって
>きます。

ここで一応答えたつもりだったもので^^;

それと
>もしそうだとしたら、アルゲリッチは1拍め
>を長く、他の拍を短く弾いているということ
>になると思うのですが、そう思ってよろし
>いでしょうか?

これは半分正解で半分外れです。
どこかで突っ込めばどこかでタメてテンポを調整するということなので突込みが1拍目とは限りません・・・
一拍目で、逆にタメて3,4拍目ぐらいに突っ込んでテンポをあわせてることもあります。
本記事に書いている「フレーズで聴かせるピアニスト」と言うのはそういう意味でした。
またこれは、私のコメントの最後の方の「歌心」と言うことそのものです。
【2014/07/31 23:22】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
えっと・・

>肝心なのは1小節全体として、テンポを
>まとめることです。

それは当然のことだと認識しています。
それができてないとリズムもなにもあったもんじゃないことは、リズム音痴な僕でもわかってます。

それは1番めの前提で、2番目の前提は(他の楽器などの)基準となるリズムがあれば、突っ込みの意味は僕でもわかります。

はっきりさせておきたいのですが、今回の質問は

* ひとつの小節の演奏時間は一定



* 基準となるリズムがない、ソロの演奏

という条件です。

この条件のもとで、アルゲリッチはどういうふうに演奏しているのですか?

>どこかで突っ込めばどこかでタメてテンポを調整するということなので突込みが1拍目とは限りません・・・

とおっしゃいますのは、具体的にアルゲリッチ意はどこでためてどこを突っ込んでいるのでしょうか?
そして結果的に「突っ込んで」いるというは、どういうことからいえることなのでしょうか?

客観的な回答を頂けたら幸いです。

誤解のないように断っておきますが、僕は全然熱くなっていません。
リズム音痴なおっさんの冷静な素朴な疑問なんです。
【2014/07/31 23:49】 URL | ギャンP #-[ 編集] | page top↑
ギャンPさんへ。
突っ込んだ、タメた、テンポが変わった・・・
この辺は非常に主観的な話であり、私もアルゲリッチの演奏にメトロノームをあわせて聴いてるわけではないので、説明することが難しいです。

どうしてもとおっしゃるならば・・・
例えば映像の4秒ぐらい・・・
「ターンターン」とゆったり弾きながら直後の「タタタタタタタ」で「ターンターン」がタメ、「タタタタタタタタ」が突っ込んでる感じに聞こえませんか?(もう一回同じフレーズが出てそれもそう感じさせます)
また主題の最初・・・30秒くらい・・・
最初のテーマは、「ターンタッタン・タッターン」がためてます、その直後のフレーズ「タタタタタタターン」が突っ込んでます。

ま、一応書きましたがよく分からないですよね^^;
なんせ私のリズム感を元に書いてるので・・・
つまり聴き手のリズム感と対比しているのであり、これを客観的だと証明することは難しいです。
ただアルゲリッチが均等に弾いてないことだけは分かりますよね。
均等でないと言うことは、どこかで突っ込んでいてどこかでタメているということですし、あるいはテンポそのものを変えてる可能性が高いです。(この辺が歌心なんですが)

というわけでギャンPさんの、「この条件のもとで、アルゲリッチはどういうふうに演奏しているのですか? 」・・・ということが分かればみんなアルゲリッチをコピーできますね。
【2014/08/01 00:27】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
ひょい。さん♪

リズムとは何か? リズム感が良いとはどういうことなのか? --- これを是非とも理解したいギャンPです。 --- そのために粘って質問させて頂いております。

>この辺は非常に主観的な話であり、私もアルゲリッチの演奏にメトロノームをあわせて聴いてるわけではないので、説明することが難しいです。

「主観的」と言われてしまうと、音痴なギャンPはわけがわからなくなってしますのです。

>なんせ私のリズム感を元に書いてるので・・・
つまり聴き手のリズム感と対比しているのであり、これを客観的だと証明することは難しいです。

それでは、アルゲリッチのリズムが突っ込み気味だというのは、ひょい。さんだけの主観的な感覚なのでしょうか? それとも、しっかりとしたリズム感を持った方なら同じように感じる(はず)のことなのでしょうか?

この点を是非ともはっきりとお聞きしたいです。

>、「この条件のもとで、アルゲリッチはどういうふうに演奏しているのですか? 」・・・ということが分かればみんなアルゲリッチをコピーできますね。

そうでしょうか?
きちんと演奏を解析すれば「みんな」わかることではないでしょうか?

どのように演奏するか理解できることと、実際にそのように演奏することができるかは全く別のことのように思います。
【2014/08/03 23:02】 URL | ギャンP #-[ 編集] | page top↑
ギャンPさんへ。
Q&Aみたいな感じでコメントしてみます。

①>「主観的」と言われてしまうと、音痴なギャンPはわけがわからなくなってしますのです。

リズム自体には客観的な物(メトロノームなど)が存在することは確かですが、実際の演奏は主観的にならざるを得ません。
例えばピアノ発表会とか・・・ギャンPさんも経験してると思いますが・・・この場ではさすがにメトロノーム鳴らして演奏と言うわけには行きません。
自分の体内メトロノームを元に演奏していくわけですが、この時点でもう客観的じゃないですね。
長期間、訓練を重ねることにより、正確な体内メトロノームを持っておられる方もいますし、訓練が浅い方はリズムが甘いということになり、この辺は人それぞれだと思います。

②>それでは、アルゲリッチのリズムが突っ込み気味だというのは、ひょい。さんだけの主観的な感覚なのでしょうか?

その通りです。私の主観的なリズム感と対比した結果、そう思っています。

③>それとも、しっかりとしたリズム感を持った方なら同じように感じる(はず)のことなのでしょうか?

多分、訓練を重ねた方ならそう感じると思います。私自身、学生時代からメトロノームを使用して、ドラムや鍵盤練習を30年以上やってるので、ジャストなリズムは把握できていると思いますね。

④>そうでしょうか?
きちんと演奏を解析すれば「みんな」わかることではないでしょうか?
どのように演奏するか理解できることと、実際にそのように演奏することができるかは全く別のことのように思います。

これはその通りですね。
私が、おかしなことを書いてました。
今時は波形編集ソフトなどもあるので、調べれば、どういうリズムかはすぐに分かりますね。
そして、分かったとしても人間にはそれをコピーする能力は備わっていません。
例えば・・・↓

https://www.youtube.com/watch?v=VyPW12JgFCg

YMOの面々が沖縄の跳ねたリズムを、コンピューターを使って解析したところ、1番目の音符から2番目の音符の長さが14、2番目の音符の長さから1番目へ戻る音符の長さが10の比率だと解析したそうです。
ただこれ解析できても、じゃ~その通り実際に演奏してくれって言われてもできないですよね。
こういう解析は結果論であり、私たちができるのは、自分が気持ちよいリズムを奏でること・・・これは、訓練(楽器演奏の練習、それと、とにかく曲を聴き込んで自分なりの曲に対する解釈を得ること)によってのみ成しえることだと私は思っています。
【2014/08/04 19:05】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
① 主観的という説明について

>自分の体内メトロノームを元に演奏していくわけですが、この時点でもう客観的じゃないですね。


演奏自体は客観的でないとしても(そういう言い方が適切かどうかは別として)、演奏を聴く方は客観的判断は可能と思います。

今回の場合でいうと、もしきちんとしたリズム感をもった人が皆アルゲリッチの演奏が突っ込みだと判断するのであれば、
そこには必ず何らかの客観的事実はあるはずだと思うのです。
たとえば、「各小節の最後の拍が他の拍に比べて短いので、1拍めがしたがって全体として突っ込み気味のリズムに聴こえる」とかです。

反対に、アルゲリッチが突っ込みという根拠は何か? という問いに対して「主観的」という答えは、
リズム感のない僕に全く意味のない説明のです。だから混乱してしまうのです。

リズム感がある人たにちにとっては、説明なんかいらない、感覚的にわかるということなのかもしれませんが。


②それでは、アルゲリッチのリズムが突っ込み気味だというのは、ひょい。さんだけの主観的な感覚なのでしょうか?

>その通りです。私の主観的なリズム感と対比した結果、そう思っています。

お答えいただきまして、ありがとうございます。
ひょい。さんがそう判断されるのであれば、その事実自体は信じています。
【2014/08/04 21:04】 URL | ギャンP #-[ 編集] | page top↑
ギャンPさんへ。
またQ&Aみたいな感じでお答えします。

①>演奏自体は客観的でないとしても(そういう言い方が適切かどうかは別として)、演奏を聴く方は客観的判断は可能と思います。

客観的な判断と言うのはどういうことでしょう?
聴いてるほうもメトロノームを鳴らして対比して聞いてるわけではないので、どう客観的に聴くことができるのでしょう?

②>
今回の場合でいうと、もしきちんとしたリズム感をもった人が皆アルゲリッチの演奏が突っ込みだと判断するのであれば、
そこには必ず何らかの客観的事実はあるはずだと思うのです。
たとえば、「各小節の最後の拍が他の拍に比べて短いので、1拍めがしたがって全体として突っ込み気味のリズムに聴こえる」とかです。

ナンセンスです。
曲を客観的に聴く、または演奏する必要はまったくありません。
演奏すべきことは、正確にリズムを把握してジャストで鳴らす、適所で突っ込む、ためる・・・そういうことではありません。
歌うんです。自分が気持ち良いように。
まさに木を見て森を見ずだと思いますが・・・

③>リズム感のない僕に全く意味のない説明のです。だから混乱してしまうのです。

訓練を重ねて、分かるようになってくださいとしか言いようがないです。
音楽などの芸術分野は、文章で説明できません。
絵画だってそうです。
ピカソの絵が素晴らしいなんて、私にも分かりません。
しかし、絵が分かる人には分かる世界です。
【2014/08/04 21:45】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
>客観的な判断と言うのはどういうことでしょう?

もう一度僕が書いたことを読んでいただけないでしょうか?

>聴いてるほうもメトロノームを鳴らして対比して聞いてるわけではないので、どう客観的に聴くことができるのでしょう?

これもすでに申し上げたことですが、今回の話はメトロノームは全く関係ありません。

最初に戻ってしまいましたね。(笑)

>>②>
今回の場合でいうと、もしきちんとしたリズム感をもった人が皆アルゲリッチの演奏が突っ込みだと判断するのであれば、
そこには必ず何らかの客観的事実はあるはずだと思うのです。
たとえば、「各小節の最後の拍が他の拍に比べて短いので、1拍めがしたがって全体として突っ込み気味のリズムに聴こえる」とかです。

>ナンセンスです。
曲を客観的に聴く、または演奏する必要はまったくありません。

必要があるとかないとかの話ではありません。
「客観的に聴く」、「客観的に評価する」ことの可能性を申し上げているのです。
「主観的」という説明の方がよほどナンセンスだと思うのですが、いかがでしょうか?

>ピカソの絵が素晴らしいなんて、私にも分かりません。
>しかし、絵が分かる人には分かる世界です。

絵がわからないひょい。さんが、どうして絵がわかる人にはわかる世界がわかるのが理解できません。
今回の一連のひょい。さんの説明はすべてこれが象徴していますね。

自分できちんと証明できないことを断言しておられる。

聞いた方はそれだけ自身持って言われるのなら、そこには深い理由があるのだろうと思ってしまいますよ。
そこでお尋ねしてみると、「車間的な話だから説明できない。」「「わかる人にはわかる。」

【2014/08/04 23:23】 URL | ギャンP #-[ 編集] | page top↑
ギャンPさんへ。
ギャンPさんが、どういうスタンスでこの質問をしているのかがわかりません。
リズムを学問としてリズムを探求するスタンスであれば、ソフトを導入して、アルゲリッチのリズムを解析すれば良いでしょう。
結果、私が「突っ込みタイプ」であると書いたことを間違いであると証明すれば良いだけです。
逆に演奏家として、気持ちの良いリズムを鳴らしたい、聴かせたいと思うならば、小さなことにこだわらず歌えばよいだけです。

どっちですか??
あるいは、何がしたいのですか?
【2014/08/04 23:36】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eostk.blog57.fc2.com/tb.php/770-c445df09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。