スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ボーカリスト列伝その16・・・グラハム・ボネット
久しぶりのボーカリスト列伝です。
お題はグラハム・ボネットですが、いいのツベで見つけました。
レインボー時代のボネットのライブの公式アルバムはありませんし、聞くならばブートレグしかないのですが、その中でも、かなり音質がいいです↓



グラハム・ボネットと言えばレインボー、MSG、アルカトラズなどのバンドで驚異的な声量と4オクターブとも言われる声域レンジでHR史上歴史に残るボーカリストであったと記憶しています。
ただ、活躍した時期が5年位かな~・・・実は今でも歌っているようなのですが、売れたのはこの時期だけでしょうか・・・

さて、ツベの映像ですが、ここで一番感銘したのは52分50秒後くらいのレインボーの名曲「Man On The Silver Mountain」です。
オリジナルは同バンドのファーストアルバムに入っていて、大体、同バンドのセルフカバーは、オリジナルが耳に馴染んでいて良しとしたものですが、このボネットの歌唱は、ひょっとしたらオリジナルのロニー・ジェイムス・ディオを凌駕してるかもしれないと思いました。
そう!あのロニー「を」です。
天才ボーカリスト、ロニー・ジェイムス・ディオのボーカルは豊かな声量に、演歌的で天才的な歌いまわし、絶対音感の保持者であり、ロック史上燦然と輝くボーカリストを凌駕してるかもしれない・・・
グラハム・ボネットの歌唱は、まずビブラートをやらない・・・符割りも結構適当・・・しかし圧倒的なロックボーカルと言うものを感じさせます。
いや、この人は天才ではなく、超人ですね。


余談ですが、このアルバムの中ですでに次回アルバムの売りであったベートーベン第九のロックアレンジ「difficult to cure」を演っていました。
これ、知らなかったので驚きでしたね~。
スポンサーサイト
【2014/11/12 20:37】 | ボーカリスト列伝 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<Hard Off | ホーム | ブギウギ>>
コメント
グラハム・ボネットは良いボーカリストですよね。
高校生の頃、RAINBOWのコピーもやってたので、MTVなどでやってたPVをビデオに撮って見てましたが、歌声・歌唱力の前にあのスーツ・ネクタイ・ティアドロップサングラスというスタイルの方が気になって仕方なかったです^^;
【2014/11/17 13:05】 URL | マジェ #-[ 編集] | page top↑
マジェさんへ。
そういえばマジェさんもMSGのアルバム「黙示録(ASSAULT ATACK)好きでしたよね。
そして、スーツ(しかもピンク色とか)・ネクタイ・ティアドロップサングラス・・・まさにそのイメージですね。
さらに、リーゼントヘアー・・・
この辺が、リッチーと合わなかったんでしょうね~^^。
【2014/11/17 22:06】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eostk.blog57.fc2.com/tb.php/801-1fcfd986
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。