スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
福井県王将戦本戦に。
福井県王将戦の本戦に行ってきました。(25人が総当りの息の長いリーグ戦で)
結果は1勝6敗ということで、これは、まー予想通りの結果で残念ではありますが真意に受け止めますです。ハイ。(同じ若狭地区代表のI瀬5段からは1勝できてよかったですねーと言われました^^なんでも若狭地区代表は初出場全敗が当たり前だったようです^^;。)
今日の結果をダイジェストで・・・。

1戦目、若~いお兄ちゃんと・・・(局後T田福井県名人と知り驚きました!笑)
後手番ながら筋違い角に、その後、駒損ながら、うまくさばけて優勢の局面になったものの私のポカがあり最後はひっくり返されました。この将棋、詳細を覚えてないので図面は省略しますが、私の必殺技が決まって絶対に勝ったと思ったがな~・・・これも実力と思いあきらめます。(まじで普通なら勝ってた局面を・・・うーん残念無念)

2戦目、ようやく実現した勝手新四郎さんとの対局。まじで手が震えました^^;
この将棋は私の筋違い角に勝手さんの居飛車でしたが、中盤飛車先の逆襲の筋で私が有利になり、その後も手の震えを抑えつつ、なんとか勝たせていただきました。
勝手さんと感想戦もやりーので、勉強になりました。ありがとうございました~。

3戦目、N西6段(全国優勝の経験もあるお方)との対局。私の先手で筋違い角でしたが、このお方まじで強すぎる!駒組み段階から細心の注意をはらわれていて、まったく付け入る隙がなかったです。(74歩と早々に先手の75歩を拒否するは、右桂馬跳ねるタイミングといい【専門的ですが右桂馬を跳ねると56角から75歩で桂馬を狙う筋がある】、手の渡し方、相手には争点を与えないで自分だけ争点を持っていつでも開戦OK) もー将棋のレベルが違いすぎる!2枚落ちぐらいが妥当かと^^;
多分1000回指しても一回も勝てないと思います^^;

4戦目、N藤4段?(段位がわかりません・・・勝手さんのブログに4段とあったような・・・^^;)
私の後手番でいきなり78飛車と「猫だまし戦法」よっぽど「これは猫だまし戦法ですね!」と非定跡党を宣伝しようかと思いましたが、N藤さんは隣の将棋の口出しに夢中で言うタイミング逃しました。笑、その後N藤さんの向飛車に私の居飛車の将棋となりましたが、終盤わたしの一手パスのような手があり一気に寄せられました。

5戦目、Mさんだったと思う・・・^^;
先手で私の筋違い角、序盤相手の方のポカがあり、私の必勝のはずが、36歩の合わせから、王手龍取りの筋を永遠と狙われて、気がつくとZ。筋違い角美濃囲いは34角と歩を取っちゃってるので、36歩と合わされて食いつかれるのが難点・・・これは初戦のT田名人さん、勝手さん、この将棋、最後の将棋でもこの筋を狙われており、ひょっとしたら筋違い角は美濃囲いはダメかもと思いました・・・(穴熊か、早囲いのほうがいいかも・・・少し研究します。)

6戦目、相手の方の名前忘れました・・・ごめんなさい・・・帽子かぶっててよくしゃべる人でした^^;
私の後手番筋違い角で、66角の飛車取りの将棋でした。以下32金~33桂~21飛車~51飛車と中飛車に転じ、中央から戦いを起こしたものの、筋悪そうなゴリゴリ攻めに結局屈してしまいました。こういう受けの将棋・・・受け方を覚えないといつまでたってもやられそうです。

7戦目、中学生?高校生?のT尾君との将棋(なんでもT尾君は奨励会の試験も受験したとか・・・!)
私の後手番でしたが、76歩、34歩に16歩の様子見が入ったので、すかさず筋違い角に・・・その後相筋違い角になるも作戦負け濃厚に。下図↓
ousyousen1.gif

図は35歩はあるは55銀はあるわで、もー行くしかない局面ですが、読みの本線は45桂馬でしたが、25桂馬の跳ね違いがあり33桂成りの筋が厳しくて、これは!ダメにしたのではと、相当な長考をした結果、とある筋が脳裏に浮かび、さらに長考の結果これはいける!と踏み決行したところ、技が決まってしまいました!自分で自分をほめてあげたいです^^;
皆様私が指した手、わかるでしょうか??


ousyousen2.gif


そしてこの将棋最終番、67銀打と龍を弾いたところですが、私は詰みあり!と延々10分ぐらい考えて、△79銀、▲同玉、△68金、▲同金、△88銀、▲78玉、△77歩、▲同桂馬、△69角と詰ましに行きましたが、駒が一枚足らず結局不詰め。私の負けとなりました。
局後すぐ、N西6段が、詰んでたよ!!と驚愕なる詰み手順を私に説明されました。家に帰ってから柿ノ木で調べてみると、まさにその通りの19手詰めでした。
恐るべしN西6段!読んでる深さが全然段違いである意味将棋の恐ろしさを実感した今日でした。
(ここまで深く読めないと勝てないのか!と)ちなみに皆様わかるでしょうか??その詰み手順。

スポンサーサイト
【2008/04/06 22:54】 | 将棋論考 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<X-JAPAN「天才たけしの元気が出るテレビ」 | ホーム | 出張から帰還>>
コメント
あ!すいません、図面その1の先手の飛車は28じゃなくて29が正解です。今思い出しました^^;
正解手順にはあまり影響しないと思いますが、ものが将棋だけに何があるかわからないので^^;
【2008/04/06 23:05】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
完敗でした^^;
いやー、初手合い(とは言うものの筋違い角は予想通り)でしたが、角覗かれて飛車先を破られる筋を見せられ、完全に作戦負けでした・・・OTL。
N藤君は昨年竜王戦の代表で全国大会2連勝予選抜けのため5段です。よくしゃべるのはN村5段。
この2人とS水5段が対局中はよくしゃべりますが、
黙らせればほとんど勝ちです!^^。
(まず、この3人とやるときは黙らせることを
主眼におきます)
T尾君は春から超進学校のF高1年生です。
でも、最後は惜しかったですね~。
普通T尾君にあそこまで迫れませんから・・・。
(彼は昨年全国中学ベスト4で、県の王位戦挑戦者です!)
【2008/04/06 23:14】 URL | 勝手新四朗 #m1zLIDMs[ 編集] | page top↑
>まず、この3人とやるときは黙らせることを
主眼におきます

よーくわかります^^;あれだけ好調子でしゃべられれば、こっちの調子が狂いますよね^^;(それも実力ですが^^;)
またN村さんは駒音も高くて、気合がビシビシ伝わりました。あれぐらい気合入れて指さないと勝てないのかもしれませんね^^;

さて、スレッドの問題の正解ですが、言っておきます。
図1の正解ですが・・・!とその前に余談を・・・この局面で私が長考していたとき、T尾君も考えにふけっており、しきりに28の地点を指で指していました。(図1は前コメント通り飛車は28じゃなくて29でした。)
これで私もピンと来たわけですが、すなわち、△28歩、▲同飛車、△45桂、▲25桂、△37桂馬成、▲同銀、△49飛車成りの筋を考えていたんだと思います。・・・ちがうかな~??
さて正解ですが、上記の筋はT尾君のヒントでわかったものの、その後の展開に自信がなかったことと、ヒントもらってそのまま指すのも悔しいので、ひねり出した手を指しました。
つまり、図1から△45桂馬、▲25桂、△同銀!、▲同飛車、△75桂!!、▲76角、△同角、▲同銀、△43角!!!と見事に飛車銀両取りが掛かり私の優勢となりました。以下▲75銀(飛車のほうを逃げると、△76角が58角成りと87桂成りが見合いでひどい)△25角と飛車を取り優勢になりました。

次に図2の正解ですが、、△79銀、▲同玉、△69金!▲88玉、△79角、▲77玉、△78龍、▲同玉、△68金、▲77玉、△76歩、▲同玉、△75歩以下見事に詰んでます。
△69金は1秒も考えなかったです・・・残念無念^^;
【2008/04/07 21:39】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eostk.blog57.fc2.com/tb.php/85-2ab4f28e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。