奇跡の歌手「福原美穂」


今日出張から帰って、ぼ~っとテレビの「ミュージック・ステーション」(タモリさんの番組)を見ていたら新人歌手?の福原美穂さんが出演されており、その彼女を紹介する前置きVTRで教会でゴスペルを歌ったイベントが全米で大絶賛されたとあったもんで、YouTubeで探したところ、発見したので紹介しときます。この映像たしかに、すんばらしいですね~。
この状況は映画「天使にラブソングを」そのままですが、昔からあるイベントを映画が題材にしたのか?、あるいわ、映画がヒットしたことでこういうイベントが始まったのかは私にはわかりませんです。ハイ。^^;

とにかく!!この映像での彼女の歌唱は素晴らしいです。
何が素晴らしいかと言うと、それは彼女の音程感です。
普通、日本人はハーモニック・マイナースケールを好み、その音程感が身にしみています。
(ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・ソ#・ラ・・・演歌でよく使われる音階・・・)
が!彼女はアメリカ人がその身にしみついているブルース・スケールを完璧に自分のものとしています。(ド・ミ♭・ファ・ファ#・ソ・シ♭・ド)
どういうことかと言うと、このブルース・スケールの音程を活かし、自由にその場にあわせアドリブでメロディーを変えながら歌っているのです。(日本人はミ♭とかシ♭・・・いわゆるブルーノートはその感性になく、音程を正確にとらえることは難しいとされています)
また歌うソウル(魂)、シンコペーションのリズム、曲の展開に合わせた音量のコントロールと歌手が必要とされる要素全てが素晴らしく、これは日本人じゃなくてアメリカ人ですね^^;
心配すべきは果たして日本人がその感性で作る曲が彼女に合うのかどうか??
番組で歌った彼女の日本の曲は・・・少なからず疑問を感じました・・・(彼女の特性を活かしきれていないような・・・)
いっそのこと、アメリカで売ったほうが成功するような気もしましたが・・・^^;
スポンサーサイト
【2008/04/26 00:34】 | YouTube | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<UFO「Lights Out」'1977 | ホーム | MY ROOTS OF MUSIC その1 The Ox >>
コメント
すごいなぁ・・・
こんな感じでアドリブで自由にメロディを変えられたらすごく楽しいんでしょうね~^^
あと、この動画を見てると自分なんてまだまだ下手だということを思い知らされますね。もっと練習しなきゃ(^-^A;)
【2008/05/01 21:19】 URL | odakazumasa #T/dAbuLk[ 編集] | page top↑
確かにこれだけ歌えれば、自分で自分に酔えるでしょうね^^。そういえばodakazuさんの歌をすき焼きHPにUPするとかしないとか、聞きましたよ~・・・楽しみ楽しみ^^。
【2008/05/02 18:09】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
私も見ましたよMステ、鳥肌もんでした
彼女が歌った曲は彼女自身が作詞作曲した物ですよ。
【2008/06/08 18:21】 URL | ヨコ #-[ 編集] | page top↑
ヨコさん、はじめまして~。
なるほど、シンガーソングライターでしたか!
今後彼女の活躍に注目ですね!!
【2008/06/08 21:03】 URL | ひょい。 #fsi09bqQ[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://eostk.blog57.fc2.com/tb.php/90-03536354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |